猫が下痢をする原因や病気、対処法や食事についてまとめました

猫はよく下痢をするので、半日程度絶食させてお腹を休ませるなどして経過観察するだけでOKの場合もありますが、下痢以外にも嘔吐があったり、下痢に血が混ざっているなどの症状がある場合は、すぐに病院で受診する必要があります。

子猫1

下痢になる原因や症状から判断できる病気などについて、詳しくまとめました。

Sponsored Link

猫が下痢をする原因

・ストレス
猫は環境の変化に弱く、引っ越しや留守番などの環境の変化によるストレスでも下痢になることがあります。猫のストレスになっているものに思い当たることがあれば、可能な限り、取り除いてあげることが必要です。

・異物を飲み込んだ
変なモノを食べて起こる症状は嘔吐がほとんどですが、腸まで異物が移動している場合は、下痢の症状が出ます。

・フード
腐った食べ物や消化に悪いフードを食べてしまったり、冷たいフードを食べると下痢の原因となります。今まで食べたことがないものや、身体に合わないものを食べると食物アレルギーと似たような反応を示し、その症状が下痢として発症することがあります。

・薬品
誤って飲んでしまった薬や、治療で飲んでいる薬からも、下痢が引き起こされることがあります。特に治療用の薬に含まれる抗生物質によって、腸内細菌のバランスが崩れてしまい、下痢になってしまうことがあります。ネズミや害虫駆除の為のホウ酸団子などの化学薬品を、ネズミなどを通して摂取してしまうこともあり、そういったことから下痢になることもあります。

・感染症からの下痢
細菌、ウイルス、寄生虫疾患から下痢が起こります。

・内臓疾患からの下痢
膵臓の機能異常などで下痢を起こします。また腸などの腫瘍においても下痢になることがあります。

猫2

下痢になった時の対応方法

下痢の症状の他に、下記の症状がある場合は、すぐに病院で診察を受けて下さい。

・下痢に血が混じっている
・嘔吐など、下痢以外の症状も見られる
・1日2回以上、下痢をする

下痢の症状のみの場合は、まずはお腹を休ませてあげる必要があるので、半日程度の絶食をさせます。長期に絶食すると、猫は肝臓の状態が悪くなってしまうので、嘔吐の症状がないなら、フード量を、通常の1/4~1/2ぐらいにして与えます。

下痢を起こすと、水分が下痢と一緒に出てしまい、脱水状態になるので、下痢の時は水分を多くとるように注意が必要です。

病院1

半日程度の絶食をしたり、ストレスを取り除いても良くならない場合は、早めに病院で受診するようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。