子宮内膜症の症状や治療法、検査、手術、不妊との関係性についてのまとめ

生理痛がひどい、以前より痛みが増している、という場合は、子宮内膜症かも知れません。

腹痛2
子宮内膜症の症状や検査方法、治療法や手術、不妊との関係についてまとめました。

Sponsored Link

子宮内膜症とは?

子宮体部の内側を覆う子宮内膜は、妊娠した時に受精卵のベッドとなる組織で、妊娠しなかった場合は、月経(生理)の時に体外に排出されます。

子宮内膜症とは、子宮内膜と似た組織が子宮以外の場所にできて増殖する病気です。子宮内膜症組織は、卵巣や卵管、子宮と膀胱の間、子宮と直腸の間など、主に骨盤腔内のさまざまな場所に生じます。この組織は、月経時には月経同様、出血を起こしますが、通常の月経と違い、血液が外に排出されない為、同じ場所にたまります。放置すると、炎症を起こしたり、周囲の臓器の癒着を起こします。

原因は、現在でははっきり解明されていません。色々な噂などがありますが、あくまで仮説なので、絶対的な原因ではありません。

卵巣チョコレート嚢腫とは?

子宮内膜症組織が最もできやすい場所は、卵巣です。この組織は、卵巣表面にもできますが、卵巣の深いところにできると、組織が毎月卵巣内で増殖、出血を繰り返し、袋状にたまった血液が褐色に見えます。この状態を卵巣チョコレート嚢腫と呼びます。

子宮内膜症の症状

・激しい月経痛(寝込むほどの痛み、鎮痛剤を飲んでも治まらない)
・月経時以外も痛みを感じる(性行為や排便の時など)

腹痛1

子宮内膜症の検査方法

問診、内心、超音波検査などの画像検査の他に、血液検査で腫瘍マーカーを調べることもあります。腫瘍マーカーとは、体内に腫瘍がある時に、血液中に増える物質で、子宮内膜症で腫瘍マーカーのCA125が高い値を示すことがあります。

子宮内膜症の治療法

薬物療法、手術のどちらかです。

・薬物療法
痛みを抑える為に、鎮痛薬が投与され、痛みの前兆がある時など、痛みが起こる前に飲むのが効果的です。

子宮内膜症の増殖を抑えるためにホルモン剤が投与されたり、低用量ピルで月経量を減らす方法などがあります。

・手術
チョコレート嚢腫が大きくなったり、薬が効かないほど痛みが強い場合に手術が検討されます。病巣のみを切除したり、卵巣や子宮を全摘出する場合もあります。病気の状態、年齢、妊娠の希望などによって異なります。

薬2

子宮内膜症は再発する?

薬物治療を行っている場合は、根治的なものではないので、再発を繰り返すことが多いと言われています。

手術を受けた場合でも、再び悪化してしまう可能性があり、手術後の良い状態を保つ為、薬物療法を続ける場合もあります。黄体ホルモン製剤が、子宮内膜症の治療薬として使用されていて、黄体ホルモン製剤の種類によっては、子宮内膜症病変に直接働きかける作用があり、期待されています。

子宮内膜症が不妊の原因になる?

原因不明の不妊症の3~5割には、子宮内膜症を合併しています。また不妊症の精密検査で、腹腔鏡検査を行った際に、子宮内膜症が発見されるケースもあります。

子宮内膜症によって、不妊症を来たす原因はまだはっきりとはわかっていませんが、卵巣や卵管の癒着、子宮内膜症組織で作られるプロスタグランジンによる子宮や卵管などの収縮、ホルモンの変化などが関係しているのではないかと言われています。

子宮内膜症で不妊症の方が多いのは確かですが、子宮内膜症でも妊娠する方もいます。

妊婦1

生理痛が重い、以前より痛みが強くなってきたら子宮内膜症かも知れません。放置すると、月経がある限りは慢性的に進行するので、早めに婦人科を受診するのがオススメです。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。