出産育児一時金直接支払制度の手続き方法、申請書、差額請求などのまとめ

出産育児一時金は、健康保険に加入している人なら、入院・分娩費として42万円がもらえる制度です。

お金1

出産育児一時金は、3つの受け取り方法があり、受取方法によって申請方法や申請時期などが変わってきます。ここでは、約9割の人が利用している直接支払制度について、申請の手続きの流れなどをまとめました。

Sponsored Link

出産育児一時金 直接支払制度とは?

病院が、産む本人に代わって健康保険に出産育児一時金の申請を行ってくれる制度で、お金は病院に直接払われます。その為、産んだ本人は、出産をして病院を退院する時に、入院、分娩費の42万円を超えた差額分だけを支払います。また、入院、分娩費が42万円を下回った場合は、健康保険に申請すると、後日差額分が振り込みされます。

直接支払制度は約9割の人が利用しています。その他の受取方法は、受取代理制度と、産後申請方式です。

受取代理制度は、直接支払制度を導入していない小規模の病院で利用することが多く、自分で健康保険に申請する方法です。直接支払制度と同じで、退院する時に、42万円を超えた差額を支払います。

産後申請方式は、出産をした後に、自分で健康保険に申請してお金を振り込んでもらう方法なので、退院する際は、いったん全額支払います。直接支払制度も受取代理制度も導入していない病院で利用しますが、あえてこの方法を選択する方もいます。(クレジットカードのポイントを貯めるなどの目的)

妊婦1

出産育児一時金、受取金額は?

・子どもひとりにつき、基本42万円

※一人につき42万円なので、双子の場合は84万円となります。健康保険や自治体にとって付加給付として、プラスされる場合もあります。

※1年以上勤めていた職場を退職して、6ヵ月以内に出産する場合は、出産育児一時金を、勤めていた勤務先の健康保険か、退職した後に加入した健康保険のどちらからもらうかを選択できる場合もあります。この場合は、付加給付の有無、付加給付が多い健康保険を選ぶのがお得なので、事前に内容などをチェックする必要があります。

手続きに必要な書類など

・意思確認書類(病院によって異なります)
・申請者の振込先の口座番号
・印鑑(シャチハタなどはNG)

申請はいつ?

・妊娠中

書類1

直接支払制度の手続きの流れ

1.妊娠中に、直接支払制度を利用する意思確認の書類を産院でもらい、記入して産院へ提出
2.産院が健康保険へ出産育児一時金の申請をする
3.出産して退院する時、入院、分娩費の42万円を超えた差額分を支払う
4.入院、分娩費が42万円未満だった場合は、差額を健康保険に申請する
5.健康保険より、申請した差額分が振り込みされる

出産が休日や深夜になった場合は、割増料金が発生して、予想していた金額より高くなる可能性もあるので、差額分は余裕を持っていくと安心です。

出産してから、健康保険から、出産育児一時金等の支給決定書や差額支給のお知らせなどの通知書が郵送されてくるので、差額分の申請が必要な場合は、通知書の指示に従って申請するようにしましょう。

泣く赤ちゃん1

妊娠中に退職する場合は注意が必要

妊娠中に退職する場合、その後の健康保険は、

・扶養家族として、旦那さんの健康保険に加入
・退職した職場の健康保険を任意継続する
・国民健康保険に加入する

のいづれかを選択します。

退職して向こう1年間の年収が130万円未満なら、旦那さんの健康保険の被扶養者になることができ、保険料は不要になります。

退職した職場の健康保険を任意継続する場合、原則として2年、継続加入ができ同じ給付が受けられます。任意継続になると、今まで会社が半額負担していた保険料は全額自己負担になります。

国民保険の加入するのは、退職してから向こう1年間の年収が130万円以上の場合や、旦那さんが国民健康保険で、旦那さんの健康保険に加入できない場合です。保険料をチェックしてみて、前の職場の健康保険を任意継続するか、国民健康保険に加入するか、お得な方を選ぶようにしましょう。

病院2

直接支払制度を利用すれば、出産前の手続きは病院でやってもらえるので、自分で申請書を手に入れ、記入する必要がなく、手間が省けます。42万円を下回った場合のみ、差額を申請するだけでOKです。

一般的なケースを紹介しているので、すべてがこのケースに当てはまる訳ではありません。予め調べたり、確認するようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。