乳幼児の医療費助成の手続き方法、申請書類などのまとめ

乳幼児の医療費助成は、乳幼児の医療費を自治体が助成してくれる制度です。

発熱1

自治体によって助成が受けられる金額は、全額や一部など様々、さらに受取時期なども異なります。一般的な乳幼児の医療費助成について、手続き方法などをまとめました。

Sponsored Link

乳幼児の医療費助成、受けられる資格
→健康保険に加入している子ども

助成を受けられる金額
→健康保険に加入している小学校就学前までの子どもに対しては、医療費の自己負担は全国一律で2割と決められています。自治体が行う医療費助成によって、自己負担額は減りますが、助成金額は自治体によって様々です。医療費が無料になる場合でも、初診料や薬の容器代、診察書の発行などにはお金がかかるケースもあります。

手続きに必要な書類など
→子どもの名前が載っている健康保険証・印鑑
(自治体によって、その他に必要な書類がある場合もあります)

申請時期
→赤ちゃんが生まれて、なるべく早めに

助成費の受取時期
→病院で会計を済ませる時に、その場で助成が受けられる
→病院で会計した後、役所に事後申請して、後日振り込みされる

※自治体によって受取パターンが異なります。

書類1

助成内容で確認しておくべきポイント
・助成金額
・所得制限の有無
・助成が受けられる対象年齢
・助成の受取時期
・違う地域で病院にかかった場合、助成が受けられるか?
・手続きをする前に病院にかかった場合、さかのぼって助成が受けられるか?

健康保険はお父さん、お母さんのどちらの加入させる?

お父さん、お母さんで健康保険が違う場合は、どちらの健康保険に加入させるかを選ぶことができるので、福利厚生が充実しているなど条件が良い方を選びます。場合によって、加入している健康保険から、収入の多い方への加入を求められるケースもあります。

病院2
乳幼児の医療費助成の手続きの流れ

1.妊娠中に住んでいる自治体の助成内容、申請方法などを確認しておく
2.出産後、役所に出生届を提出する時、可能なら乳幼児の医療費助成の手続きもする(※1)
3.赤ちゃんを健康保険に加入させる手続きをする(※2)
4.保険証を受け取ったら、保険証を役所に持っていき、助成の手続きをする(※3)
5.申請後、乳幼児医療症が郵送されてくる(※4)
6.医療機関にかかった時、医療費の助成を受ける

※1 出生届を提出する時に、乳幼児の医療費助成の手続きができるかは、自治体によって異なります。手続きが同時にできると、役所に行く手間が省けるので、可能なら同時に済ませておくのがオススメです。その際に、健康保険証ができたら郵送でOKかを確認しましょう。

※2 健康保険は、勤め先の健康保険に加入している人なら勤め先の健康保険ですが、国民健康保険に加入している人なら、役所で手続きを行うので、出生届を出すときに同時に済ませます。

※3 出生届を出した時に乳幼児医療費助成の手続きを済ませ、さらに健康保険証が郵送でもOKだった場合は、役所に行かず郵送で済ませられます。

※4 自治体によって、乳幼児医療症を使用しない場合もあります。

赤ちゃん2

一般的に、医療費助成の手続きは健康保険証が必要になりますが、発行が遅い場合もあります。発行が遅れている時は、先に手続きだけしておいて、後日、健康保険証のみを持参、もしくは郵送するでもOKか、役所に聞いてみましょう。

赤ちゃんは何かと病院にかかることが多く、医療費もバカになりません。それを補助してくれるのが、乳幼児の医療費助成なので、生後すぐ、なるべく早めに手続きを済ませておき、助成が受けられるようにしておくのがオススメです。

自治体によっては、手続き前に病院にかかった場合でも、さかのぼって事後申請をして助成を受けられるケースもあります。自治体によってかなり内容が変わってくるので、妊娠中に内容、条件をしっかり確認しておきましょう。

お金1
乳幼児の医療費助成は年々、拡大されており、地域差も少なくなっています。助成が充実している地域へわざわざ引っ越しを考えている、という方は、住んでいる自治体の助成内容、条件を毎年チェックするのがオススメです。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加