離乳食であげるおやつはいつから?量やオススメ、手作りおやつレシピなど

離乳食で与えるおやつは、大人や大きくなった子どもが食べる嗜好品としてのおやつではなく、足りない栄養を補う為の捕食として与えるものです。

離乳食3

おやつはいつから必要か?与える量や手作りおやつのレシピなどをまとめました。

Sponsored Link

離乳食で与えるおやつとは?

離乳食で与えるおやつは、離乳食だけでは不足している栄養素を補給するのが目的です。おやつが必要になるのは、1~1歳半の離乳食完了期からです。市販のおやつには6ヵ月から与えてOKなどの記載があるものも多く販売されていますが、1歳未満ではまだおやつを与える必要はありません。

おやつの回数は、1日1~2回が目安です。欲しがる時に与えるのではなく、時間を決めて与えるようにします。1日2回なら、1回目のおやつは午前、2回目は午後など、次の食事に響かない程度の量を与えるようにします。

おやつの量の目安

おやつのカロリーは、男の子は1日140kcal女の子は1日135kcalが目安です。

●1日2回のおやつ、男の子の場合の例

1回目 麦茶(0kcal)+ビスケット1.4個(28kcal)
2回目 牛乳100ml(69kcal)+バナナ1/2本(43kcal)

●1日2回のおやつ、女の子の場合の例

1回目 麦茶(0kcal)+ビスケット1.2個(23kcal)
2回目 牛乳100ml(69kcal)+バナナ1/2本(43kcal)

●ベビーフードのおやつ1回分の目安

赤ちゃんせんべい(1袋2枚入り、12kcal) 男の子6.3袋、女の子5.9袋
たまごボーロ 男の子19g、女の子17g
蒸しパン 男の子0.8個、女の子0.7個
栗カボチャとさつまいものクッキー 男の子3/5包、女の子1/2包

離乳食2

手作り離乳食おやつ、オススメレシピ

パンプキンプリン

材料
かぼちゃ 20g
溶き卵 1/3個分
水 大さじ1杯

作り方
1.かぼちゃは皮と種を取り除き、ラップで包んで電子レンジで約1分加熱し、なめらかになるまでつりつぶす
2.1をボウルに入れて、溶き卵、水を加えて混ぜ合わせたら、耐熱容器に移し、アルミホイルでふたをする
3.蒸気の上がった蒸し器に入れて、火が通るまで弱火で5分ほど蒸して完成

煮りんご

材料
りんご 120g

作り方
りんごはサイコロ状に切り、鍋にりんごとりんごがかぶるぐらいの水を入れて、
やわらかくなるまで煮るだけ(竹串がすっと刺さるぐらいが目安)

ミルク寒天オレンジソース

材料
粉寒天 1g
水 80ml
砂糖 小さじ1弱
牛乳 50ml
オレンジ果汁 50ml
水溶片栗粉 少々

作り方
1.鍋に水と粉寒天を入れてよく混ぜ合わせ、弱火にかける
2.1が沸騰してきたらかき混ぜながら、さらに1分ほど加熱し、砂糖と牛乳を加える。
器に流し入れて固める(常温でも冷蔵庫でもOK)
3.鍋にオレンジ果汁を入れ中火にかける。沸いてきたら水溶き片栗粉でとろみをつける
4.2の1/3~1/2を食べやすい大きさに切り、3をかけて完成

お菓子作り1

手作りボーロ

材料
卵黄 1個分
砂糖 大さじ1杯
片栗粉 大さじ5杯

作り方
1.ボウルに卵黄と砂糖を入れて混ぜ、とろりとしたら片栗粉を加えて混ぜる
2.1をラップで包んで常温で30分ほど寝かす
3.2を食べやすい大きさに小さく丸め、オーブンシートを敷いた天板に並べて
200度に熱したオーブンで5分ほど焼いて完成

スイートポテト

材料(3回分)
さつまいも 100g
溶き卵 1/3個分
砂糖 小さじ1杯
牛乳 大さじ1杯

作り方
1.さつまいもは皮をむいて、やわらかくなるまで茹でて、潰してなめらかにする
2.1に溶き卵、砂糖、牛乳を加えて混ぜ、3等分にし、それぞれ耐熱容器に入れる
3.2を180度に熱したオーブンで約8分焼く。(トースターでもOK)

ベビークッキー

材料(12回分)
ホットケーキミックス 150g
卵 1個
砂糖 大さじ2~3
オリーブ油 大さじ1

作り方
1.ボウルに材料をすべて入れて混ぜ合わせて、平たく伸ばして型抜きする
2.1をオーブンペーパーを引いた天板に並べ、180度に熱したオーブンで約10分焼く

卵ボーロ1

赤ちゃん用のおやつを作る時は、食材の味を生かした薄味を心がけるようにして、砂糖、生クリーム、バターの使いすぎに注意します。

市販のおやつを選ぶ時は、幼児用のおやつか、糖分や脂質、添加物が少ないものを選ぶようにします。

あくまでも1日の足りない栄養を補うのが目的なので、時間と与える量を決めて、ダラダラと与えないように注意しましょう。次の食事に響くだけでなく、口の中が酸性の状態が続いて虫歯になりやすくなってしまいます。おやつのあとは水分補給するのも重要なので、水や麦茶を飲む習慣をつけましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。