猫の仕草や鳴き声、しっぽの動きからわかる意味や気持ち、メッセージなどのまとめ

言葉をしゃべる事ができない猫の気持ちは、しぐさや鳴き方、しっぽの動きなどから意味や気持ち、メッセージを知ることができます。

猫4

ネコのしぐさや行動、鳴き方、しっぽの動きなどの意味をまとめました。

Sponsored Link

<しぐさや行動からわかる猫の気持ち・意味>

体をすりするしている
体をすりすりするのは、臭いをつけている行動です。その為、自分のテリトリーであると主張している場合が多いです。メスネコが家具などに、盛んに体をすりつけていたら、それは発情のサインの場合もあります。

のどをゴロゴロさせる
気持ちいい時や甘えたい時に、のどをゴロゴロと鳴らすこともありますが、具合が悪い時に不安を和らげるために鳴らすこともあります。

両手をモミモミする
母猫のおっぱいを飲む時に、子猫がよくする仕草ですが、大人になってもこの行動をすることがよくあります。飼い主や毛布の上などでもみもみするのは、飼い主に甘えている場合や、自分に注目して、というサインの場合があります。

お腹を見せて寝る
猫は警戒心が強い為、寝る時にお腹を見せることは、野良猫の場合はありませんが、室内飼いされていて、安心しきっていると、お腹を見せて寝ることがよくあります。特に仰向けで寝転がってお腹を見せ、さらに足も伸ばしていたら、完全にリラックスしている状態で、何の心配事もなく安心しきっている状態です。飼っている猫ちゃんがこのように寝てくれたら、飼い主さんが猫ちゃんにとって、安心できる環境を作れている証拠です。

猫7

耳を伏せる、耳を横を横に向ける
怖い時、飼い主に怒られた時など、耳を伏せます。他の猫と対面させた時に、耳を見れば、その猫の事を怖がっているか、などがわかります。耳だけを音のする方向に向けている時は警戒している時、耳を横に向けたら強気のサインです。

舌をペロっと出す
どうしていいかわからない気持ちを、別の行動で解消しようとする転位行動です。例えば、知らない人がおやつをくれた時に、その人の事は警戒しているけど、おやつは食べたい、などの場面で見られます。

鼻をくっつける
猫同士が鼻をくっつける、鼻チューと言われる行動で、猫同士のあいさつです。敵意がないとわかると、さらに体をすり寄せ合ったりしますが、猫が人間にも体をすりよせてくるのは、敵意がない証拠です。

背中を丸めて毛を逆立てる
背中を丸めて毛を逆立てるのは、防衛的威嚇と言われる行動で、こちらから積極的に攻撃するのではなくて、相手から攻撃してきたら反撃をする、というサインです。

猫5

<猫の鳴き声でわかる伝えたいメッセージ・意味>

「ニャーオ」
いつも通りの鳴き声ではっきりとニャーオと鳴いた時は、何かを要求しています。例えばご飯が欲しい、かまって、ドアを開けて欲しいなどです。

「ミャー」
飼い主がずっとなでている時に、もういいです、という合図です。鳴き声で知らせてくれる猫もいますが、猫によっては軽くかみつくこともあります。

「ミャヤアオゥー」
オスネコが発情したメスにこれから近づきますよ、というサインです。これに対してメスが受け入れる時は、ミィウゥーという鳴き声を発します。

「ギャッ」
猫がびっくりした時に発する鳴き声です。しっぽを踏まれた、突然現れた、水の中に入れられたなどに、突然このような声を出して驚きます。

「フーッ」
攻撃してきたらこっちも反撃するぞ、という意味の防衛的威嚇の場合と、かかってこいや、怒ってるんだぞ、という攻撃的威嚇の場合があります。

猫ジャンプ1

<しっぽの動きでわかる、猫のメッセージ・意味>

ピンと立てている
嬉しい時、注目を集めたい時、飼い主に甘えたい時などは、お尻の穴が見えるぐらいにしっぽをピンと立てます。

毛を逆立てて、しっぽを立てる
相手を威嚇する時、毛を逆立て、しっぽを目いっぱい高くあげて、体を大きく見せようとします。他に驚いた時に、毛を逆立ててしっぽを立てることもあります。

弓なり、逆U字型で立てている
遊びに夢中で興奮している状態です。おもちゃなどを使って猫と遊んでいる時に、しっぽがこの状態になっていれば、猫は満足して遊んでいる、ということです。

猫6

激しく、またはゆるやかに振る
激しく振っている時は、イライラしていたり、不安な時など、心理的葛藤を表しています。ゆるやかに振る時は、返事変わりにしっぽを振っている場合が多いです。猫の名前を呼んでみて、体は動かずしっぽだけ振られた経験ありませんか?とりあえずしっぽで答えておけばいいや、という感じですね(笑)

股のあいだに挟んで丸める
大きな声や大きな音と一緒に叱られたり、ケンカに負けた後などに、体を小さく見せることで、相手に対しての降参や恐怖心を表しています。

逆U字で毛を逆立てる
攻撃と防衛の中間の威嚇を表現していて、弓なりに立てて毛を逆立てている時は、極限の恐怖を感じて、精一杯威嚇している状態です。

猫3

言葉がしゃべれない変わりに、このように行動や仕草、鳴き方などでメッセージを発しています。猫の気持ちを正しく解釈してあげましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加