マンション退去費用の原状回復、修繕費として、タバコのヤニのクロス張り替えは負担するべき?

マンションなど賃貸住宅を退去する時に、敷金返金をめぐるトラブルが増えています。

原状回復をめぐるガイドラインの知識をしっかりつけておかないと、不当な請求をされても気付かないまま支払い、損をしてしまうことになります。

案内する女性3

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインに基づき、どういうケースが貸し主負担になるのか、どのようなケースが借主負担になるのかをまとめました。

Sponsored Link

賃貸住宅の敷金返還をめぐるトラブルが増えているのは、消費者が原状回復のガイドラインについて、知識を持つようになった為、と言われています。

以前は、何も知識を持たない借主が、家主(貸し主)に請求されるまま払っているケースが多かったですが、最近では、原状回復のガイドラインについてあらかじめ勉強をしてから、退去立会をする借主が多く、貸し主の請求に不服、異議を申し立てるケースが増え、トラブルが増加しています。

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインでは、どちらの負担になるかは、

・通常使用による損耗 → 賃貸人負担
・ひどい使い方をした結果発生した損耗 → 賃借人の負担

とされています。

※賃貸人は大家(家主)、賃借人は借りて住んでいた人です。

ここでカギとなるのが、通常使用による損耗とは、どのような使い方になるのか?ですよね。

具体的な例をあげて、通常使用による損耗なのか、ひどい使い方をした結果発生した損耗なのかを、説明していきます。

案内する女性2

●家具を置いた場所の床の凹み、設置跡は?
●通常使用による損耗

アパート、マンションなどの賃貸住宅に居住する場合に、家具を置くのは当然のこと。そして家具を置いて、床やカーペットがへこんだり、跡がつくのも当然のことです。その為、家具の設置跡は、通常使用による損耗扱いになります。

●畳の変色、フローリングの色落ちなど
●通常使用による損耗

畳の変色、フローリングの色落ちなどは、原因によって変わります。日焼けによる畳の変色、フローリングの変色は、通常使用による損耗です。

賃借人の不注意で雨が部屋の降り込んできたり、水漏れを起こしたことによって、畳やフローリングが変色、色落ちした場合は、ひどい使い方をした結果発生した損耗扱いになります。

●次の入居者の為の、畳の裏返し、表替えなど
●通常使用による損耗

次の入居者確保の為に、畳を新しくすることは、通常使用による損耗扱いです。

●フローリングのワックスがけ
●通常使用による損耗

次の入居者確保の為に、ワックスをかけるのは、通常使用による損耗扱いです。

●カーペットなどについた飲み物のシミやカビ
●通常使用による損耗

カーペットなどに飲み物をこぼしてしまって、すぐに雑巾などで拭いても、取れなかったシミは、通常使用による損耗です。普通に生活をしていて、飲み物をこぼすことはあることで、すぐに何とかしようと対処したけど、それでも取れなかったシミは、通常の使用方法により使用した結果という考えです。

ただ、こぼした後に何の対処もしなかった、手入れが悪かった、と明らかにわかるような場合は、ひどい使い方をした結果発生した損耗になります。

●冷蔵庫下のサビ跡
●通常使用による損耗

退去時に、拭き掃除で除去できる程度のものなら、通常使用による損耗ですが、サビを放置し、床に汚損などの損害を与えてしまった、という程度のサビの場合は、放置した、手入れが悪かった、と評価され、ひどい使い方をした結果発生した損耗になります。

●キャスター付きのイスなどによるフローリングのキズ、へこみ
●ひどい使い方をした結果発生した損耗

フローリングの床の上で、キャスター付きの椅子を使えば、フローリングにキズがついたりへこんだりすることは容易に予想ができるので、賃借人はフローリングの床の上で、キャスター付きのイスを使うべきではない、という考え方です。

●タバコのヤニ
●通常使用による損耗

退去時の敷金返還を巡るトラブルで、問題になることが多いのが、タバコのヤニで汚れたクロスの張り替え費用です。

禁煙の規制がない賃貸住宅なら、タバコを部屋の中で吸うことは許されているので、タバコを吸って、普通に発生する程度のヤニなら、通常使用による損耗になります。

ただ、ヘビースモーカーでタバコの数が異常に多く、さらにまったく喚起をせずに吸っていて、ヤニがひどくて、クリーニング程度で済むはずのものが、クリーニングでは対応できずに、全面クロス張り替えをしなければいけない場合は、ひどい使い方をした結果発生した損耗になります。

●壁に貼ったポスター、絵画の跡、画鋲、ピンなどの穴
●通常使用による損耗

ポスターや絵画を壁に貼るのは普通のこと、長い間貼っていると、剥がした時に壁に跡がつくのも当然のことなので、通常使用による損耗です。

画鋲やピンの穴も、下地ボードの張り替えが不要なものなら、通常使用による損耗です。

●鍵の交換
●通常使用による損耗

賃借人が鍵を失くしておらず、ただ防犯上、次の入居者の為に取り変える場合は、通常使用による損耗で、負担する必要はありませんが、鍵をなくした場合は、賃借人の負担になります。

鍵1

他にも細かい例は色々とありますが、つまり社会通念上、通常の使用方法により使用した結果、賃貸借物件に発生した損耗であれば、通常使用による損耗扱いで、修繕費を負担する必要はありません。

修繕費を負担しなければいけないのは、故意、過失による損耗のみです。退去の際に、不当に家主から修繕費を請求されないように、しっかりと知識をつけて退去立会に臨みましょう。

もし不要な請求をされたら、地方自治体の相談窓口や消費センターに相談したり、費用はかかりますが、弁護士や司法書士など、法律の専門家に解決を依頼する、小額訴訟を起こす、などの解決法があります。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。