猫の爪とぎ、トイレのしつけの方法

猫を飼い始めた時、一番最初にしつけをするのがトイレ爪とぎの場所です。

猫トイレ1

猫は一度トイレを覚えると忘れないので、早めに覚えさせる方が楽になります。爪とぎも、決まった場所でするようになれば、家の中や家具を傷つける心配もありません。

しつけの仕方について、詳しくまとめました。

Sponsored Link

<トイレのしつけ方法>

猫のトイレのしつけは、何よりも一番最初にしつけるべきです。しつけの手順は、

1.部屋の隅など、静かで落ち着ける場所にトイレを置き、場所を決めたら動かさない
2.部屋の中でそわそわしたり、床を引っかいたり、床の臭いをかいだりしたらトイレのサインなので、初めての時は、トイレまで猫を連れていく
3.猫が排泄している時は、ムダに声をかけずに見守り、トイレで用がたせたら、大げさすぎるぐらいに褒めてあげる
4.排泄物をすぐに片づける

猫は清潔好きなので、トイレは常に清潔にするように心がけます。その他に、トイレの入口が高すぎる、入りづらいなど、猫にとって不便な場合は、トイレでしたがりません。他の場所で粗相するようになってしまうので、猫にとって使いやすいか、チェックしてあげましょう。

トイレの場所は、落ち着ける場所、さらに食事の場所から遠くにあるのが理想なので、エサ台とトイレを並べるようなことはしないしょうにしましょう。

猫5

猫のトイレ種類

・箱型
四角い箱型のトイレで、フタなどはついておらず、最もシンプルなタイプです。価格がリーズナブルで、洗いやすいという点ではオススメですが、砂が外にこぼれやすい、というデメリットがあります。

・ハーフドーム
トイレの周りに壁があるタイプで、天井はありません。壁があるので、猫がトイレの砂をひっかいても外に飛び散ることがありません。

・ドーム
トレイにフルカバー(壁、屋根)が取り付けられているタイプです。砂が飛び散らない他に、周りと天井が囲まれているので、猫も安心して用が足せます。

・システム(砂落とし型トイレ)
システムトイレ、砂落とし型トイレという呼ばれ方をするもので、特殊な猫砂が、尿を吸収して、すのこ状のトレイを通過して下にたまります。

猫砂の種類

トイレの砂にも様々なものがあります。猫の好みもありますが、飼い主が猫砂をどのように処分したいか、で選ぶ必要もあります。

種類によって、不燃ごみ、可燃ごみ、トイレに流す、再利用などに分けられます。猫の好みと、砂の処分方法の両方から、最適なものを選んで下さい。

猫の健康状態をチェックするには、毎日の尿の回数や量、便の状態をチェックする必要があります。特に猫は泌尿器の病気に非常にかかりやすく、1日尿が出ていなければ非常に危険な状態と考えられるので、特に尿の量などに関しては、じっくり観察するようにして下さい。

猫10

<爪とぎのしつけ方法>

1.生後2~3ヵ月からトレーニングを始める
2.家の中の決まった場所(数か所)に爪とぎを置く
3.爪とぎにマタタビの臭いをつけておく
4.爪とぎ以外の場所でしようとしたら、その場でしかる

家の中、何カ所かに爪とぎを置いて、そこでなら爪をといでも良い、と覚えさせます。爪とぎ以外で爪をといだ場合は、その場でしかります。現行犯でなければ意味がありません。後からしかっても、猫にとっては何で怒られたかが理解できません。

爪とぎにも様々な材質のものがあり、猫によって好みもバラバラです。好きなもの、お気に入りのものが見つかるまで、色々と試す必要があります。

生後2~3ヵ月からトレーニングを開始して、早めにしつけをします。家の中のどこでも爪とぎをしていいことを許してしまうと、その後のしつけが大変になるので、できるまで根気よくしつけることが重要です。

猫11
猫のトイレのしつけは、犬に比べるとかなり楽と言われます。小さい頃にしっかりしつけを済ませておけば、その後、特に苦労することなく飼えるので、最初にしっかりしつけをするようにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。