喪中にお歳暮やお中元は贈っても良い?贈る時期やオススメの品物など

お中元お歳暮は日頃、お世話になっている人に贈るものなので、特にマナーに気をつける必要があります。

お歳暮1
贈る時期など、必要最低限のマナーについてまとめました。

Sponsored Link

お中元、お歳暮を贈る時期

お中元は7月上旬から15日ぐらいまでお歳暮は12月初旬から20日ぐらいまでに相手に届くように贈ります。

以前は、お中元を贈る時期は関西と関東では違いがありましたが、最近では、あまり気にされなくなりました。ちなみに以前のお中元を贈る時期は、

・関東・・・7月初旬から15日まで
・関西・・・7月中旬から8月15日まで

と、約1ヵ月の違いがあります。1ヵ月もの違いが出るのは、旧暦で考えるか、新暦で考えるかで、違いが出るようになったんだそうです。

しかし最近では、全国的にお中元を贈る時期が早まったので、7月上旬から15日ぐらいまでに贈るのが一般的です。

まだ旧歴が気になるようなら、7月15日に届くように贈れば問題ありません。関東、関西でもどちらでも対応できます(笑)

案内する女性3

お中元、お歳暮の相場

●仲人、上司など
5000円前後

●知人、親戚など
3~5000円前後

が相場と言われています。

オススメの品物

相手の嗜好や家族構成が分かっていれば、好みなどに合わせて季節の品物を選ぶのがオススメです。

単身者や家族が少ない人に、賞味期限が短いものを贈るなどは避けるようにしましょう。他にも、病気などを患っていて、アルコールが飲めない方に、ビールを贈らないなど、配慮が必要です。

お中元

・ビール
・そうめん
・ゼリーや缶ジュース詰め合わせ
・クッキーなどお菓子

お歳暮

・ビール
・ハム
・蟹の缶詰など高級食材
・クッキーなどお菓子

がオススメです。

今、人気の品物を探す時は、楽天のサイトで探すのがオススメです。「お中元 人気」「お歳暮 人気 2015」などと検索すると、オススメの品物がズラーっと出てきますよ。

お歳暮3

喪中の時は、お中元、お歳暮は贈っても良い?

お中元、お歳暮は日頃の感謝の気持ちを伝える為に贈るものなので、基本的には喪中でも贈っても問題ありません。ただ、四十九日前は避けるべきです。その為、お中元やお歳暮の時期を過ぎてしまう場合には、お中元、お歳暮ではなく、表書きを残暑お見舞いや、御年賀に変えるなどする必要があります。

お中元、お歳暮をやめる時は?

これまでお中元、お歳暮を贈る相手と、関係が希薄になったきた場合は、贈るのをやめてもかまいません。やめる時は、お中元、お歳暮を同時にやめるのではなく、まずはお中元を贈るのをやめ、お歳暮だけを何回か贈り、それからお歳暮もやめるのがマナーです。

お中元、お歳暮を贈る時期が過ぎてしまった時は?

お中元、お歳暮を贈る時は、時期を過ぎないのが最低限のマナーですが、何らかの事情で贈る時期が遅れてしまった場合は、表書きを変えて贈ります。

・お中元・・・残暑御見舞
・お歳暮・・・御年賀

御歳暮は、時期を過ぎても年末までに贈るなら、表書きは御歳暮のままで贈ります。

お中元、御歳暮を1回だけ贈るのはあり?

お中元も御歳暮も日頃の感謝を伝えると共に、これからも変わらない付き合いをお願いします、という意味も込めて贈るものなので、基本的には1回だけ贈る、ということはありません。

何か御世話になった時のお礼として、1回だけお中元やお歳暮を贈りたい時は、のし紙の表書きを「御礼」として贈るようにします。

お歳暮2

両親や義理の両親には贈る?

地域、家によってそれぞれ考え方があるので、事前に相談して決めるようにします。もし贈って断られた場合は、それ以降は贈らなくて良いでしょう。

お中元、お歳暮は御世話になっている人の贈るものなので、最低限のマナーを守って、相手に喜ばれるものを選んで贈りましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。