京都、七福神めぐりオススメコースを紹介

京都で、1日で廻れる七福神めぐりのコースを厳選して紹介します。

七福神1

Sponsored Link

七福神とは?

日本で、福をもたらすと信じられている神様の事で、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人の7つの神様の総称です。

七福神めぐりとは?

七福神が祀られている寺社をめぐり、七体の神様の神社に参拝して万福請来を祈願することです。参拝すると、霊場の神社でご朱印を頂けることが多く、ご朱印を押していただく台紙は、色紙やご朱印帖など、様々なものがあります。

京都の七福神めぐり、厳選紹介

京都の七福神めぐりコースを、いくつか厳選して紹介します。

<都七福神>

1.赤山禅院(福禄寿)
2.松ケ崎大黒天(大黒天)
3.行願寺(革堂)(寿老人)
4.ゑびす神社(ゑびす神)
5.六波羅蜜寺(財弁天)
6.東寺(毘沙門天)
7.萬福寺(布袋尊)

七福神めぐり発祥の地とされる京都最古の順排コースで、京都市、宇治市にある寺社をめぐります。世界遺産である東寺をめぐるコースなので、観光をかねて半日~1日かけてゆっくり回るのがオススメです。移動時間は3.5時間程度、所要時間は半日ぐらいかかります。

<京の七福神>

1.毘沙門堂(毘沙門天)
2.長楽寺(布袋尊)
3.ゑびす神社(ゑびす神)
4.行願寺(革堂)(寿老人)
5.護浄院(福禄寿)
6.松ケ崎大黒天(大黒天)
7.三千院(弁財天)

毘沙門堂に至る勅使坂は、紅葉の葉が絨毯のように降り積もる敷きもみじが有名、長楽寺は丸山公園にあり、三千院は京の隠れ里大原にあるなど、周囲も見どころ満載のコースです。皇室から庶民まで篤い信仰を寄せた七福神をめぐるコースです。移動時間4.5時間程度、所要時間は半日です。

<京都七福神>

1.松ケ崎大黒天(大黒天)
2.遣迎院(福禄寿)
3.妙音堂(弁財天)
4.盧山寺(毘沙門天)
5.護浄院(恵比寿)
6.行願寺(寿老人)
7.大福寺(布袋尊)

京都の街中を散策しながら気軽にめぐるコースで、紫式部の邸宅跡もある京都御所の周辺を中心にめぐります。街中の寺社には、駐車場がないところも多いので、徒歩でめぐるのがオススメです。移動時間は約4時間、所要時間は半日です。

<七福巡拝>

1.萬福寺(布袋尊)
2.ゑびす神社(ゑびす神)
3.行願寺(革堂)(寿老人)
4.護浄院(福禄寿)
5.松ケ崎大黒天(大黒天)
6.鞍馬寺(毘沙門天)
7.無動寺谷弁天堂(弁財天)

京都だけでなく、滋賀もめぐるコースです。京都と滋賀の寺社に祀られている七福神のうち、ここは欠かせない、という著名な七福神をめぐります。移動手段は車になります。移動時間は約3時間、所要時間は半日です。

<泉涌寺七福神>

1.即成院(福禄寿)
2.法音院(寿老人)
3.戒光寺(弁財天)
4.悲田院(毘沙門天)
5.親善光寺(愛染明王)
6.楊貴妃観音堂(楊貴妃観音)
7.今熊野観音寺(恵比寿)
8.来迎院(布袋尊)
9.雲龍院(大黒天)

七福神に加えて、愛染明王と楊貴妃観音をめぐるコースで、さらにご利益が増すと言われているコースです。JR、京阪の東福寺駅がスタート、ゴールで、すべて徒歩で回れるので、移動時間は1.5時間、所要時間も3時間ほどです。

<天龍寺七福神めぐり>

1.三秀院(大黒天)
2.弘源寺(毘沙門天)
3.慈済院(弁財天)
4.松巌寺(福禄寿)
5.永明院(恵比寿)
6.寿寧院(不動明王)
7.妙智院(宝徳稲荷)

七福神の布袋尊と寿老人の代わりに、不動明王と宝徳稲荷をめぐるのがこのコースの特徴です。世界遺産となっている天龍寺もコースに入っていて、みどころのあるコースです。嵐山駅周辺のみを回るので移動時間は約30分、2時間ほどですべてを廻ることができます。

<鞍馬寺七福神>

1.弥勒堂(布袋尊)
2.巽の弁財天社(弁財天)
3.鞍馬寺本殿金堂(毘沙門天)
4.福寿星神祠(寿老人・福禄寿)
5.双福苑(恵比寿・大黒天)

鞍馬寺は、牛若丸と天狗の伝説や、金星から地球に降り立ったとされる本尊の護法魔王尊の話など、様々な伝説と不思議なパワーと豊かな自然があります。霊気に満ちた山の雰囲気を味わいながら、長い参道を歩くコースです。移動時間は1時間程度、所要時間は約3時間です。

七福神2

所要時間や移動手段などに合わせて、最適なコースを選んで、七福神めぐりを楽しんで下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。