過敏性腸症候群は市販薬や漢方薬で治る?飲み方の注意点などのまとめ

過敏性腸症候群は、腸に炎症やがんなどの病気がなく、これという原因もないのに、下痢や便秘などの便通異常が起こる病気の事をいいます。

トイレに座る1

緊張するとお腹が緩くなる、ストレスがたまるとお腹が緩くなるなど、このような症状に悩まされている方は、過敏性腸症候群の疑いがあります。

過敏性腸症候群について詳しく、症状や治療法、市販薬や漢方薬の使い方などをまとめました。

Sponsored Link

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群は、医学的には下痢や便秘などの症状を説明するに足る腸の病変(器質的障害)が見いだせない機能的な病気、と定義づけられています。

わかりやすく言うと、特に原因になるものがないのに、下痢や便秘などの便通異常が起こることです。

過敏性腸症候群かどうかの診断基準は以下の通りです。

過去3ヵ月で、腹痛、腹部不快感が1ヵ月に3日以上あり、さらに下記項目で2つ以上当てはまる場合

・痛みや不快感が、排便によって和らいだり治まる
・痛みや不快感を感じるようになった後、排便回数が増える
・痛みや不快感を感じるようになった後、硬便、もしくは軟便になる

過敏性腸症候群のタイプ

過敏性腸症候群には、症状の現れ方で、3つのタイプに分けられます。

<下痢型>
腹痛を伴う下痢を繰り返す

<便秘型>
便秘が慢性化し、便意があってもコロコロした硬い便やゆるい便が少しだけ出ることが多い

<交代型>
下痢と便秘を繰り返す

下痢型は男性に多く、便秘型は女性に多いですがが、最も多いのが交代型と言われています。

過敏性大腸炎の原因
過敏性大腸炎は、検査をしても病変が見つからない為、はっきりした原因はわかっていませんが、ストレスが大きく関係していると言われています。

その他には、食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、喫煙、体の冷えなども関係していると言われています。

過敏性大腸炎の治療法
過敏性大腸炎は、原因がはっきりしていない為、特効薬がなく、根治が難しいと言われている病気です。

治療法としては、まずは生活習慣と食生活の改善が行われ、それでも症状に改善が見られない場合は、薬でのコントロールが行われます。

病院3

過敏性大腸炎の最大の敵はストレス!!

過敏性大腸炎の大きな原因になっているのがストレスです。過敏性腸症候群に対して、早く治したい、何とかしたい、と思うのではなく、命に関わる大きな病気じゃないんだから大丈夫、と受け入れて、自分自身の気持ちを楽にすることが大切、と言われています。

過去に何度が急な腹痛などで大変な思いをしたことがあると、またお腹が痛くなったらどうしよう、と不安になり、それがまたストレスとなって悪循環を繰り返してしまいます。余計なストレスを溜めない為にも、日々の生活の中で、以下の事に気をつけてみて下さい。

・朝の排便時間に余裕を持たせる
・通勤経路や自分の行動範囲で、すぐに行けるトイレの場所を把握しておく。トイレの場所を把握しておけば、もし急に腹痛に襲われても、すぐにトイレに行ける、と安心できるので、ストレスが軽減できる
・過敏性腸症候群はよくある病気、と開き直る

腹痛1

生活習慣で気をつける点

・暴飲暴食をしない
食べすぎ、飲みすぎは当然、腸に負担がかかるので、よくありません。さらに注意が必要な食材は、動物性脂肪(肉の脂身、バターなど)、香辛料、食物繊維の多い食品(下痢型の場合)、ナッツなどの消化の悪い食材などです。

あまり神経質になりすぎても、かえってストレスになってしまう為、大事な日の前日などは控えるようにする、ぐらいの気持ちでOKです。

・体を冷やさない
体を冷やすと、下痢になります。夏はクーラーによる冷えに注意し、冷たいものの食べすぎ、飲みすぎにも注意が必要です。

・生活習慣の乱れ
過労や睡眠不足もよくありません。体が疲れていると、体調が崩れやすく、さらに腸も敏感になります。特に弱いところから悪影響が現れるので、過敏性腸症候群の症状も出やすくなってしまいます。

・喫煙
タバコは百害あって一利なし、過敏性腸症候群に限ったことではなく、他の病気などの原因にもなります。タバコの有害物質が体内に侵入し、腸に刺激を与えることになります。禁煙が推奨されます。

・適度な運動
運動することで健康的になるのはもちろんですが、運動はストレス解消にも効果的です。ストレスが過敏性腸症候群の大敵なので、ストレスが解消されることはどんどん取り入れるべきです。

市販薬、漢方薬との付き合い方

過敏性腸症候群は、生活習慣、食生活の見直しから治療が行われますが、それでも改善が見られない時に、薬でコントロールも可能です。

医者に処方してもらうのが一番ですが、市販の下痢止め、便秘薬、漢方薬などでも一時的な使用ならOKです。しかし長期使用は、肝臓に負担をかけるなど、副作用も気になるので、自己判断での長期服用は避けるようにし、なるべく医師の診察を受けて、処方してもらうのが安心です。

薬1
原因不明の下痢や便秘が続く場合、まずは過敏性腸症候群かどうか、病院で診察を受けてみて下さい。大腸がんやクローン病などの、大きな病気が隠れているかも知れません。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。