長寿の祝い一覧と読み方、喜ばれるプレゼントなどのまとめ

長寿のお祝いは、長寿に達したことを喜び、記念にするもので、一般的には還暦のお祝いから始まります。

幸せな家族2

ここでは、長寿の祝い一覧と年齢、読み方、さらに喜ばれるプレゼントなどについて詳しく紹介します。

Sponsored Link

長寿の祝い一覧とその由来

還暦(かんれき) 数え61歳
寿命が短かった昔は、60歳で長寿と言われていた為、長寿の祝いは60歳から始まります。昔の暦は毎年十干(じっかん)と、十二支を組み合わせた名前がつき、60年で一巡していました。61年目に生まれた年の干支に戻ることから、60歳を還暦として祝います。

古希(こき) 数え70歳
中国の唐時代の詩人、杜甫の詩「曲江」にある「人生七十古来稀」に由来したお祝で、昔は70歳まで生きることは珍しかったと言われています。

喜寿(きじゅ) 数え77歳
「喜」という字を草書体で書くと漢数字の七を3つ合わせたものになり、七十七に通じる為、喜寿と言います。

傘寿(さんじゅ)数え80歳
傘の略字が八十と読めるところから、傘寿と呼ばれています。

米寿(べいじゅ)数え88歳
米の字は離して書くと、八十八となることから、米寿と呼ばれています。

卒寿(そつじゅ)数え90歳
卒の略字が九十と読めることから、卒寿と呼ばれています。

白寿(はくじゅ) 数え99歳
百という字から一をとると白になることから、白寿と呼ばれています。

百寿(ももじゅ) 数え100歳
100歳のお祝は、そのまま百寿と書きますが、読み方はももじゅです。百寿の他に、百賀(ももが)、紀寿(きじゅ)とも呼ばれます。

茶寿(ちゃじゅ )数え108歳
茶の字を崩すと、八、十、八になることから、茶寿と呼ばれています。

皇寿(こうじゅ) 数え111歳
皇の字は、白と王に分かれ、白は百から横線の一を取ると白になるので99歳を表していて、王は十と二に分けることができるので、99+10+2=111歳となります。

大還暦(だいかんれき) 数え121歳
昔寿(せきじゅ)とも呼ばれ、還暦の倍数、さらに生まれた年の干支に2回戻ることからこのような呼び方がされています。

バラ1

還暦に赤いちゃんちゃんこが贈られるのは何故?

還暦は61年目に自分の干支に戻ることから、「赤ちゃんに戻る」と考えられていた為、赤いちゃんちゃんこが贈られていました。その他にも、赤は魔除けの色だから、赤いものを贈る、という説もあるそうです。

最近では、赤い洋服など、何か赤い物を贈られるのが一般的です。贈る相手が女性でしたら、赤い花を贈るのもオススメです。

お祝いの贈り物、プレゼントで喜ばれるものは?

お祝いの贈りものとして、何か記念になるものを贈りますが、贈る相手の趣味などがわかっていれば、趣味に合うものなどを贈るのが喜ばれます。

記念に食事会をしたり、親戚で集まるのが一番の贈りもの、とも言われています。家族や親せきで集まって食事会を行い、そこで花束を贈るのが良いかも知れません。

最近の60歳はまだまだ元気なので、60歳は長寿のお祝いをするより普通の誕生日として祝い、長寿のお祝いは70歳の古希や77歳の喜寿ぐらいからお祝いするのが自然です。

お祝いされた本人も、60歳で「長生きしてね」と言われるのは複雑かも知れませんよね・・・。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。