椎間板ヘルニアの症状や治療法、腰に負担のかからない座り方

腰椎椎間板ヘルニアは、20~30代の人に多く発症する腰や足にしびれ、痛みが見られる病気です。

腰痛3

椎間板ヘルニアの主な症状や治療法、腰に負担をかけない座り方などを詳しくまとめました。

Sponsored Link

椎間板ヘルニアとは

脊椎を構成している椎体と椎体の間で、クッションの役割をしている椎間板の中の髄核(ずいかく)が後方にはみ出し、それが神経を圧迫して痛みを引き起こす病気です。

椎間板の中の髄核に含まれている水分は、20歳頃をピークにして、徐々に失われていきます。それとともに、椎間板も次第に弾力性を失います。

椎間板には常に大きな負担がかかっていて、前かがみになる姿勢では、体重の何倍もの圧力が加わります。その為、長時間、同じ姿勢でいたり、悪い姿勢でいると、椎間板に無理な力が加わり、次第にはみ出したり、亀裂ができたりして、中の髄核が腰部の脊柱管に飛び出すことがあり、これが腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアの症状

・中腰になると腰が痛い
・前かがみになると腰が痛い
・せき、くしゃみをすると腰が痛む
・重い物を持った時に痛む
・長時間座りっぱなしだと、腰が痛くて座っていられなくなる
・立ちっぱなしなど同じ姿勢だと腰が痛くなる

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛と下半身のしびれ、痛みです。常に痛い、という訳ではなく、上記のような時に痛みが起こります。痛みがあっても、横になって楽な姿勢をとると、次第に症状が治まります。

足のしびれは片足だけの場合、両足に出る場合があります。お尻から太ももの後ろ側、ふくらはぎ、かかと、足先へと伸びている坐骨神経に沿って起こる坐骨神経痛が多いですが、足の付け根、大腿部の神経痛も見られます。

腰痛2

ヘルニアの治療法

ヘルニアは、飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込むことが多く、特に治療をせずに治る、ということもあります。

痛みがひかない場合の治療は、まずは下記の保存療法から行われます。

・薬物療法
薬物療法には、血流をよくして痛みを和らげる目的の薬が使われます。飲み薬の他に、患部に湿布を貼って、痛みを和らげる方法もあります。

・物理療法
患部にホットパックと呼ばれるものをあてて温めたり、赤外線を当てて温めたり、牽引療法といって、腰の骨盤の位置にベルトをして、足の方向に引っ張り、腰椎の緊張を和らげる方法などがあります。

・装具療法
腰椎や衰えた腹筋、背筋の筋力をサポートする為のコルセットを装着します。コルセットにより、痛みも軽減されます。長期間装着すると、筋力が低下してしまうので、医師の指導のもと、正しく使用します。通常は痛みが強い時や、力仕事をする時などに限って装着します。

・運動療法
痛みが強い時は安静にしておく必要がありますが、軽い痛みの時は、医師の指導のもと、適切なストレッチ、体操などを行い、脊椎を支えている靭帯や筋肉の緊張を緩和し、痛みを軽減させます。

保存療法で効果が出ない時

・神経ブロック療法

保存療法を3ヵ月以上続けても軽くならない場合や、痛みが再発した場合などは、痛みのある神経やその周辺に麻酔薬、ステロイド薬を注射して痛みを抑える神経ブロック療法が行われます。

神経ブロック療法は、外科手術の時に行われる麻酔を応用したもので、痛みを大脳に伝達する神経の働きを麻酔薬によって一時的に遮断し、痛みを感じさせなくする方法です。

つまり、痛みを一時的に抑えるものなので、痛みの原因を根本から取り除くことはできません。即効性がありますが、薬が切れるとまた元の状態に戻ります。

注射3

腰に負担をかけない日常生活の送り方

椎間板ヘルニアは、長時間座ったままのデスクワークの人、長時間車に乗る仕事の人、中腰などで作業をすることが多い人がなりやすい病気です。

腰に負担をかけない為にも、日常生活で気をつけるべきことがあります。前かがみになったり、重いものを持つ時は、膝から曲げてしゃがむ、荷物を体に近づけて、膝を使って持ち上げるなどの注意が必要です。また同じ姿勢を30分以上続けないようにし、こまめに休憩を挟むようにします。

仰向けで寝て腰が痛む場合は、軟らかすぎない敷布団、マットレスを選ぶようにし、腰枕などを試してみるのもオススメです。腰枕がなくても、バスタオルなどをたたんで腰の下に敷いて寝ると、寝ている時でも腰椎の前弯状態を保つことができます。

腰に負担をかけない座り方

長時間いすに座っていることが多い仕事の方は、良い姿勢を保っていても、腰に負担がかかります。腰に負担をかけないように椅子に座るには、クッションや腰あてなどを、おへその少し下ぐらいの背中にあてて座ると、腰に負担をかけずに座れます。

専用の腰あて、クッションがなくても、タオルなどを丸めて当てるだけでもOKです。外出先などでは、バッグを背中に置くのがオススメです。

デスクワーク1

椎間板ヘルニアの痛みは、時間がたつにつれ自然に治まっていく場合が多いですが、痛みが治らない場合は、早めに整形外科を受診するようにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。