猫の避妊、去勢手術の時期はいつがいい?費用や手術方法などのまとめ

猫は、室内飼いの場合でも、避妊、去勢手術をした方が、飼い主も猫自身もストレスなく過ごせるようになる為、繁殖させるつもりがないのなら、手術をするのがオススメです。

猫8

手術の時期や費用、手術方法などについてまとめました。

Sponsored Link

繁殖させないなら避妊、去勢手術を!

完全室内飼いでも、猫に避妊、去勢手術をさせる人が多いのは、手術をした方が、猫にとっても、飼い主にとってもストレスなく暮らしていけるようになるからです。さらに病気のリスクも減らせます。健康な体にメスをいれるのはかわいそう、室内飼いなら手術の必要はないのでは?と考える方も少なくないと思いますが、手術には様々なメリットがあります。

手術のメリット(オス)

・そこらじゅうにおしっこをかけるスプレー行為をしなくなる
・攻撃性、縄張り意識が減り、喧嘩をしなくなる
・メスを求めなくなるので、脱走しなくなる
・睾丸腫瘍、前立腺肥大などの病気予防になる

手術のメリット(メス)

・発情期にうるさく鳴くことがなくなる
・性格も安定して穏やかになる
・子宮蓄膿症、子宮内膜炎、子宮がん、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍、乳腺炎などの病気予防になる

などがあります。

去勢、避妊手術をしないと、発情期が来ても、その欲求を発散することができない為、イライラして性格も穏やかではなくなります。鳴き声がうるさいだけでなく、乱暴になり、扱いも大変になります。その為、繁殖させるつもりがないのなら、ストレスなく猫も飼い主も暮らしていく為に、手術は必要、と考えられています。

猫3

手術を受ける時期は?

猫の去勢、避妊手術を受ける時期は6ヵ月以降が目安で、発情前に行うのが最適のタイミングと言われています。

時期が早すぎると成長に影響することもあり、遅すぎても、オスはスプレー行為が残るなど、手術のメリットが十分に得られないことがあります。その為、手術の時期はとても重要になる為、信頼できる獣医さんにしっかり相談しましょう。

発情のサイン(オス)
・縄張りを主張する為に、臭いのきついおしっこをあちこちにするスプレー行為をするようになる。真後ろに向かって、ぴゅっと飛ばすようにするのが特徴です。
・発情してメスを求めている為、落ち着きがなくなり、外に出たがり、大声で鳴くようになる

発情のサイン(メス)
・外に聞こえるほどの大きな声で鳴く。発情期の間は2週間ぐらいで、その間中ずっと鳴き続ける
・体をくねくねさせたり、腰をあげたりする
・食欲が減り、排尿が増える

猫ジャンプ1

避妊、去勢手術の費用、手術方法

オス
睾丸を摘出する手術で、全身麻酔で手術を行いますが、手術時間は数十分です。ほとんどが入院の必要はなく、日帰りが可能です。費用は15000~20000円が相場です。

メス
卵巣のみを摘出する場合と、卵巣と子宮を摘出する場合があります。開腹手術を行う為、3~7日程度の入院が必要になります。費用は20000~35000円が相場です。

病院によって価格は異なりますが、相場より高すぎる金額を請求する動物病院もあるようなので、事前に見積もりを出してもらうなどして、いくらかかるか確認するのがオススメです。

地方自治体によっては、不妊手術費の助成を行っているところもあるので、お住まいの役所に問い合わせをしてみて下さい。

<知り合いの体験談>
猫を初めて飼った知り合いが、近所の動物病院へ行って避妊手術をお願いしようとし、いくらぐらいかかるか聞いたところ「15万円ぐらい」と言われたそうです。その人は手術費用の相場を知らなかった為、そのぐらいなのか、としか思わなかったそうですが、たまたま手術前に、
猫を飼っている人に話したところ「高すぎる」「ぼったくりだ」と言われ、慌てて病院を変えたそうです。結局、病院を変えて、手術費用は35000円程度で済んだとか。このように、信じられないぐらいぼったくりしてくる病院もある為、事前にしっかり確認することが必要です。

案内する女性2

手術にデメリットはないのか?

不妊手術を行う方が、メリットが多いですが、まったくデメリットがない訳ではありません。不妊手術を行うと、発情しなくなることで、異性を求める為に費やすエネルギーが不要になり、運動不足になって、太りやすくなります。その為、飼い主がしっかり食事管理を行い、肥満に気をつけるようにしてあげ、おもちゃなどを使って一緒に遊んで、運動不足にならないようにしましょう。

大切な猫ちゃんの体にメスを入れるので、信頼できる獣医さんにお願いするのが安心です。日頃から、家の近くで、かかりつけの獣医さんを見つけておきましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。