シミのタイプ別の消す方法、予防方法、ケア方法のまとめ

シミが気になると、多くの方が美白化粧品の使用を選択すると思いますが、シミには、原因、でき方などそれぞれタイプがあります。その為、シミのタイプ、種類に合わせた最適なケアをする必要があります。

スキンケア4

シミのタイプ別の、シミのケア方法、予防方法を詳しく紹介します。

Sponsored Link

老人性色素斑

老人性色素斑はシミの中で最も多いタイプのシミで、日焼けの積み重ねが原因でできるシミです。紫外線による肌ダメージが少しずつ肌の奥に蓄積していて、シミとなって現れます。ある日突然できた、と感じることが多いですが、肌の奥ではずっと前から蓄積されていたものです。

出来る場所は、頬骨の高い位置が多く、数mから数cmの丸い色素斑です。肌に出始めた頃は、薄い茶色をしていたのが、日がたつにつれて濃くハッキリしてきます。何年か経過すると、シミが盛り上がってくることもあります。

老人性色素斑の予防は、UVケアを徹底することです。春や夏だけでなく、冬でも外へ出て紫外線を浴びる時は、日焼け止めでUVケアをするようにします。

できてしまったシミには、初期の薄いものなら美白化粧品が効果的です。すでに定着してしまったものは、美白化粧品で消すことはできない為、美容クリニックなどでレーザー治療が効果的です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、紫外線でできるものではなく、女性ホルモンの乱れが影響してできます。その為、できるのはホルモンのバランスが乱れ始める30~40代です。頬骨を中心に左右対称にできるもので、薄い茶色、もしくは灰色の絵の具を太いハケでサっと塗ったような感じのシミができます。頬の他に、鼻の下や額にも出ることがあります。

ホルモンバランスの乱れが原因なので、妊娠中やピルを服用している人、更年期の人にもよく見られます。

肝斑を予防するには、規則正しい睡眠、バランスのよい食事など生活習慣を見直し、女性ホルモンのバランスに気を配るようにします。ストレスを受けるとホルモンのバランスが乱れることもある為、ストレスも溜めないよう、うまく発散するようにします。肝斑は女性ホルモンに影響されますが、紫外線で悪化することもある為、UVケアもしっかり行うようにします。

肝斑は美白化粧品でのケアが効果的です。さらにピーリングを合わせるとより効果的です。

美容皮膚科などで行われるレーザー治療は適していません。内服薬が有効で、トラネキサム酸という内服薬が高い効果が期待できます。市販されている薬を1~2ヵ月試してみても効果が見られない場合は、それ以上飲んでも効果は期待できません。

漢方薬では桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が有効です。

炎症性色素沈着

ニキビや傷、虫さされなどで、肌に炎症を起こすものができ、その痕がシミになったものです。頬から顎にできるニキビは特に炎症性色素沈着を起こしやすく、ニキビの上から日焼けするとさらに沈着しやすい為、注意が必要です。顔だけでなく、腕や足などの傷痕、虫さされの痕が茶色くシミのように残るのも、炎症性色素沈着です。

他にも、メイクを落とす際にコットンでゴシゴシ拭き取ったり、洗顔する際にごしごし力を入れてマッサージをする人は、慢性的な炎症を起こし、メラニンの生成を増やして、全体的にくすんだり、地黒のように見えてしまうことがあります。

合わない化粧品を使って、炎症を起こして色素沈着になる場合もあります。

炎症性色素沈着の予防は、まずは肌が炎症を起こすような刺激を与えないことです。ニキビや傷などができた場合は、しっかりUVケアして、日焼けして沈着しないように気をつけます。

できてしまった炎症性色素沈着のケアは、美白化粧品でのお手入れが効果的です。さらに即効性を求めるならピーリングがオススメです。イオン導入器でビタミンCをイオン導入するのも効果的です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミがイボのように盛り上がっているものです。これは、加齢、紫外線の影響でできたもので、表皮が厚くなるなど皮膚の構造に変化が及んでいます。でき始めた時に、かゆみがあることもあります。

予防する為には普段のUVケアを徹底することです。

できてしまった脂漏性角化症には、美白化粧品は効果がありません。美容皮膚科などでレーザー治療や液体窒素による凍結療法などが有効ですが、治療のリスクなどもしっかり説明を受けて、自己判断で受けるようにして下さい。

雀卵斑(ソバカス)

小さいシミのことをソバカスと呼びます。10代の頃からあるもので、これは遺伝的なものなので、完全に予防はできませんが、ソバカスは日に当たるとさらに濃くなる為、普段からしっかりUVケアをすることが重要です。

遺伝的要素が強い為、美白化粧品はほとんど効果が得られません。レーザー治療で消すことは可能でも、ソバカスは再発する可能性も高いです。

スキンケア2

美白化粧品の効果的な使い方

美白化粧品は日差しが気になる季節にだけ使っても意味がありません。シミは、紫外線が肌に蓄積されてできるので、1年中使い続けてこそ、しっかりした効果を発揮できます。また、できてしまったシミを消す、というより、予防の為に使う、というのが正しい使い方です。

その為、紫外線が気になる季節や、できてしまったシミを消したくて使う、というのはNGです。できたシミに対してピンポイントで使うのではなく、顔全体に使うようにします。つい力を入れてこするのはNGです。手に適量を取り、顔全体にやさしく馴染ませるようにしましょう。

シミの最大の原因となるのが紫外線なので、紫外線対策も、季節を問わず、行うようにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。