おせち料理の由来や意味、子どもにもわかるよう簡単にまとめました

おせち料理にはそれぞれ意味がある、というのは知っていても、それぞれの料理にどんな意味が込められているのか、どんな由来があるのか?まで詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

おせち1

おせち料理に入っている品の、それぞれの意味、由来をわかりやすくまとめました。

Sponsored Link

祝い肴とは?

おせち料理に欠かせないのが祝い肴と呼ばれる三種の品です。祝い肴とは、無病息災、子孫繁栄、五穀豊穣と3つの願いが込められた料理の事です。関東では「黒豆」「数の子」「田作り」、関西では「黒豆」「数の子」「たたきごぼう」が祝い肴三種と呼ばれています。

一の重に入れられる品

●数の子(かずのこ)
ひと腹にたくさんの卵を持っていることから子孫繁栄を願う品です。おせち料理の中でも祝い肴の一つで、おせち料理には欠かせません。

●田作り
田作りはごまめとも呼ばれ、数の子と同じで祝い肴の一つです。昔、たくさんとれたいわしを、田の肥料にしたところから、豊作を願う縁起物として、おせち料理に入れられるようになりました。

●黒豆
黒豆も祝い肴のひとつです。新しい年がまめに(勤勉)働き、まめに(健康)に暮らせるように、という願いが込められています。さらに黒色は魔除けの力があるとされている為、邪気払いの意味も込められています。

●たたきごぼう
関西では、田作りの代わりにたたきごぼうが祝い肴のひとつとして考えられています。ごぼうのように細く長くつつましく生きることを願って入れられています。ごぼうの形と色が、豊作の時に飛んでくると言い伝えられている黒い端取りを連想させる事から、豊作の願いも込められています。

●伊達巻き
巻き物は書物に通じ、文化の発展を願う意味が込められています。大ぶりの着物の文様をだて文様ということから、伊達巻き、という名前がつけられたと言われています。

●栗きんとん
きんとんは漢字では「金団」と書き、金がつくための富を呼ぶとされています。つまり金運を呼ぶ縁起物としていれられています。栗が使われるのは、出陣や勝利の祝いに使われた搗(勝)栗から縁起物とみなされている為です。

●紅白かまぼこ
紅は難を避ける色で、白は清廉を表す色とされ、この二色が揃うとおめでたい、と言われています。また、かまぼこの半円状の形が初日の出の形に似ていることも、入れられている理由です。

二の重に入れられる品

●鯛の焼き物
めでたいという語呂合わせから、新年を迎える祝いの料理には欠かせません。また皮が赤、身が白、という縁起の良い色合いもおせちにぴったりです。

●海老
えびの長いひげ、曲がった姿が老人を思わせるとして、古くから縁起物とされています。腰が曲がるまでの長寿を願って、曲がった形のものが使われます。

●昆布巻き
よろこぶ、の語呂合わせで、昆布を使った料理は祝いの席には欠かせません。巻き物に通じることから、文化の反映、学問成就の願いも込められています。

●紅白なます
お酢は身を清めるとされ、すがすがしく新年を迎えるのにふさわしく、紅白の色は水引を表していて、平安と平和を願う縁起物です。

三の重に詰められる品

●煮しめ
色々な野菜、鶏肉などを一つの鍋で煮ることから、家族が仲良く一緒に結ばれる、という意味があります。

「ん」がつく材料は「運」がつくとして縁起が良いとも言われています。具剤に使われる材料も、おめでたい意味があるものがたっぷり使われています。

おせち2

お正月をおせち料理を食べて過ごすのは何故?

お正月におせち料理を食べて過ごすのは、一つは「女性が休めるように」と言われていますが、本来の意味は、神様を迎えている間は物音をたてたり、台所で煮炊きを慎むことからきています。その為、おせち料理には日持ちする料理を用意し、保存に便利な重箱に詰めるようになった、と言われています。

おせち料理の詰め方

おせち料理は本来は五段重ねが正式な詰め方ですが、ここ最近は品数もそこまで作らなくなったこともあり、三段重ねが主流になってきています。重詰めには、「福を重ねる」「喜びを重ねる」という意味も込められています。

●五段重の詰め方

壱の重・・・祝い肴と口取り
弐の重・・・酢の物
三の重・・・焼き物
四の重・・・煮物
五の重・・・空にしておく控

※五段目は、神さまから授かった福を詰める場所として、空にしておきます。

●三段重の詰め方

壱の重・・・祝い肴と口取り
弐の重・・・焼き物と素の物
参の重・・・煮物

初日の出1
おせち料理を自分で作る、となると大変なイメージがありますが、祝い肴さえあればお正月を立派に迎えることができます。祝い肴を作って、あとは好みのものを作れば立派なおせち料理になります。ぜひ、自分好みのおせち料理を作って、お重に彩りよく詰めてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。