保育園以外の子ども、乳幼児の預け先一覧

待機児童が社会問題化していて、出産後、仕事に復帰したくても子どもの預け先がない為に仕事に復帰できない、という方も多いそうです。

幼稚園1

待機児童問題を受けて、保育園以外にも様々な施設や制度が整ってきています。保育園以外の、子どもの預かり先をまとめました。

Sponsored Link

認可保育園(保育所)

0歳~就学前までの子どもの1日保育を行う児童福祉施設で、最も数が多く、地域によっては待機児童が多くなっています。

子どもを預かるだけでなく、0歳からの教育の視点をもった保育を行うことが保育所保管指針に明記されており、保育所保管指針に準拠した保育を行うことが義務づけられています。

保育料は、時間の長さによって「保育標準時間」と「保育短時間」の2区分があり、市区町村の統一価格で、世帯所得によって異なります。就学前のきょうだいがいると、大幅に安くなる減免の制度もあります。

認定こども園

認定こども園は「幼保一体化」の流れの中で2006年に作られた、比較的新しい制度です。0歳~就学前の子どもが対象です。保育料は、同じ市区町村の認定保育園と同じで、所得、きょうだいの数により減免されます。

認定こども園の中にも、4つの種類があり、それぞれ基準が異なります。

●幼保連携型
制度的に教育機関、児童福祉支援の両方に位置付けられていて、施設や人員基準も幼稚園、認可保育園を下回らないように設定されています。

幼保連携型認定こども園は、公立、学校法人立、社会福祉法人立に設置者が限定されていて、営利企業等は設置できません。

●幼稚園型
幼稚園型は、幼稚園認可のみを受けている認定こども園です。地域、施設によっては調理室を義務づけてなかったり、開所時間が週6日、11時間よりも少ない場合もあります。この型は、公立、学校法人立のみです。

●保育所型
保育所(認可保育園)認可のみを受けている認定こども園です。認可保育園や幼保連携型認定こども園と同様、開所時間は最低でも週6日、11時間が義務づけられています。

●地方裁量型
面積や調理室の基準などに自治体の裁量による部分が多い型で、認定外からの移行が多いです。

小規模保育

0~2歳を対象として、その名の通り、定員6~19人の小さな規模で保育する施設のことです。都市部だと保育施設を新設するのに園庭の確保が難しいですが、小規模保育は園庭の基準がない0.1歳児を中心にしているので設置しやすく、待機児童対策のひとつとして期待されています。

保育料は同じ市区町村の認可保育園や認定こども園と同じです。

小規模保育を選ぶ時は、3歳になった時に通える保育施設などがあるかをチェックしておく必要があります。

家庭的保育

保育ママと呼ばれるもので、0~2歳の子どもを普通の家庭の中で預かる制度です。2015年から国の認可事業として基準も統一され、定員も1~5人と決められています。

保育ママの基準は、市町村長が行う研修を修了した保育士、保育士と同等以上の知識及び経験を有すると市町村長が認める者、と定められていて、資格は必須ではありません。

保育料は原則として、同じ市区町村内の認可保育園などと同じ保育料です。3歳から通える保育施設を見つけておく必要があります。

事業所内保育

企業内保育所、院内保育所などとも呼ばれる、もともと会社や病院などが従業員の為に設けた保育施設のことです。対象年齢は0~2歳です。

2015年からは、従業員以外の子どもを受け入れ、基準を満たす事業所内保育施設を認可する仕組みになりました。

保育料はその地域の認可保育園と同じ保育料ですが、従業員の保育料は、福利厚生費でさらに軽減してもいいことになっています。

自分の会社で預けることができるのは便利な反面、都心部にあり、通勤ラッシュの電車やバスに子どもと乗ることも考慮しなければなりません。

幸せな家族1

認証など自治体が助成する認可外

都市部では多くの自治体が認可保育園とは別に、認可外保育施設に助成を行っています。

保育料は、施設がそれぞれに時間や年齢に応じた額を決めていて、認可の保育料が最高額の人だと、自治体助成認可外の保が安い場合もあります。ただ、きょうだいがいても減免が受けられないので、2人以上の場合は認可の方が断然安くなります。

子ども1

その他

毎日預けるのではなく、どうしても都合がつかない場合に預かってもらう一時預かりにも様々な種類があります。子育て支援施設や保育園などの一時預かりなどがあります。
保育料は1日2000~3000円程度、半日利用、1時間単位で利用できるところもあります。

どこかに預けるのではなく、ベビーシッターを頼む、という手段もあります。ベビーシッターのメリットは、自宅まで来てもらえるところです。ただ料金は割高になり、シッターさんと子どもとマンツーマンになる為、相性が合う合わないなどもあります。

子どもを預ける施設を選ぶ時の基準は、自分たちの条件に合うかどうか、です。保育時間は何時間か、お迎えは何時までか、延長保育は可能かどうか、などが大きなポイントになります。さらに子どもにとっての保育内容も重要です。

いくつか候補の施設を選び、実際に園まで行って見学するのは必須です。今では園見学をするのは常識なので、遠慮せずに園見学を申し出て、比較してみましょう。園見学をする際には、事前予約を忘れずにして下さい。施設によっては見学予約をしても、1ヵ月、2ヵ月先になることもあるそうです。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。