巻き爪の治し方、痛い時の対処法、正しい爪の切り方などのまとめ

巻き爪陥入爪かんにゅうそうは、合わない靴を履いていたり、外反母趾、誤った爪の切り方などが原因で起こることがほとんどです。

足の爪1

治療法は、手術などの大げさなものではなく、痛みのない爪矯正治療で治すことができます。軽症なら、正しい爪の切り方に治すだけで改善することもあります。巻き爪、陥入爪の予防法、治療法、痛みを取る方法などをまとめました。

Sponsored Link

巻き爪とは?

巻き爪は、その名前の通り、爪の端が内側に巻いてくるもので、軽症の場合は普段は痛みがなくても、長時間靴を履いていたり、運動すると痛みが起こることがあります。

巻きの症状が強くなると、常に爪が周囲の皮膚に食い込んでいる状態で、痛みがあり、炎症を起こすことがあります。

巻き爪の原因

・誤った爪の切り方
不適切な爪の切り方による爪甲の成長障害で、多くの場合、深爪が原因です。深爪すると爪甲の縁は内向きになりやすくなってしまいます。深爪の他にも、爪の両側の角を斜めに切るバイアスカットをすると、爪が内向きに巻いてしまいます。

・靴などによる外からの圧迫
先端の細い窮屈な靴や、サイズが合わなくて圧迫されるような靴を履くと、爪甲が強く両側から押されて、皮膚を挟むこむように内側に巻きこんできます。靴だけでなく、圧迫しすぎる靴下でも巻き爪になることがあります。

・外販母子などの足の変形
外反母趾が進行して、親指が外側に傾くと、爪は指の横からの圧力を受けやすくなり、爪甲に覆いかぶさるように軟部組織が肥厚してきます。そうなると、爪もその軟部組織に押されて内側に巻いてきて、巻きが強いと、直角に折れ曲がったようなホチキス型と呼ばれる巻き爪になる場合もあります。

親指だけでなく、親指が曲がって人差し指の下敷きとなり、小指側の爪も巻いてしまうこともあります。

陥入爪とは?

爪の端が爪溝の皮膚に食い込んで組織を損傷し、炎症を起こしている状態です。慢性的に組織を傷つけ、また細菌感染を併発することで、発赤や腫れ、肉芽の形成などが起こってきます。

陥入爪が慢性化すると、爪の周囲の軟部組織が肥厚してきて、さらに爪の変化につながってしまう悪循環に陥ります。長い期間炎症が続くと、爪が弱くなって、大きく翼状に広がって治療をよりいっそう困難にしてしまいます。

陥入爪の原因

・靴による爪の圧迫
先の細い窮屈な靴、足に合わない靴などの圧迫で、外的な刺激が強く加わり、爪が変形してきます。

・誤った爪の切り方
深爪して短く切り過ぎると、伸びてきた時に爪の押さえがきかなくなり、上に隆起する軟部組織にぶつかって傷をつくり、陥入爪となります。

また、周囲の軟部組織に隠れている爪の角を切ろうとして、角がトゲのように残ってしまい、それが軟部組織に突き刺さるケースもあります。

ヒール

巻き爪、陥入爪の痛みの取り方、応急処置方法

今すぐ痛みを取りたい、という時の痛みを取る方法として、コットンパッキング法テーピング法があります。

・コットンパッキング法
コットンなどの脱脂綿を、爪と皮膚の間に挟んで、爪が皮膚にささるのを防ぐ方法です。コットンを米粒ぐらいの大きさに切り取り、爪と皮膚の間に挟みます。コットンの大きさ(分厚さ)は小さすぎても効果はありませんが、大きすぎても、かえって痛みが激しくなることがあるので、何度も調整して、痛くない分厚さを自分で見つけて下さい。

コットンを挟むことで、爪が皮膚に食い込むのを防ぐことができるので、すぐに痛みがとれます。

ーピング法
テーピングで爪と皮膚の間を広げる方法です。テープを爪の横ギリギリに貼り、爪と皮膚の間を広げるように意識して強く引っ張りながら、指の下を通して反対側へ回して、指の斜め上に貼り付けます。

テープの力で皮膚が引っ張られ、爪が皮膚に食い込むのを防いで痛みが緩和されます。爪の両側が巻いている場合は、左右どちらにもテーピングを行います。

巻き爪、陥入爪の治療法

・超弾性ワイヤー法
爪の先端に2カ所穴を開け、太さ0.4~0.5mm程度の特殊な超弾性ワイヤーを通します。ワイヤーがまっすぐに戻ろうとする力で、巻き爪の形が少しずつ改善されていきます。ワイヤーの入れ替えは、1~2ヵ月に1度程度です。

・超弾性クリップ法
爪の先に形状記憶合金製のクリップを挿し込み、巻き爪の形を少しずつ改善します。

・アクリル樹脂人工爪療法
爪の上にアクリル樹脂の人工爪をつけて、爪が短い為に生じる皮膚の盛り上がりや爪の食い込みを緩和させます。

・ガター法
爪が皮膚に強く食い込んで、溝のようになった陥入爪の側面に、細くやわらかい医療用プラスティックチューブを挿しこんで固定します。爪と炎症のある皮膚の間に空間ができて、爪の食い込みを防ぐことができます。

自分で巻き爪を治す方法

病院に行かなくても、自宅で巻き爪を矯正する「巻き爪ブロック」という商品が販売されています。爪の先にワイヤーを取り付けるだけで、巻き爪を改善してくれる矯正器具です。着けたまま生活でき、靴を履いたり運動したりするなど、生活に支障をきたしません。
詳しくはコチラ > 本格的な「巻き爪矯正」がご家庭で簡単に!

正しい爪の切り方

巻き爪、陥入爪の原因に、誤った爪の切り方があります。短く切る、深爪はNGで、正しくは指の先端と同じ、もしくはやや長めに切るのが正解です。

形はスクエアカットといって、真っすぐに切り、両端は少し丸めるように切って整えます。爪の端と皮膚が付着しているので、爪が指先の皮膚に当たったり、食い込んだりしません。軽症の巻き爪なら、爪の切り方を正しくするだけで症状が改善されます。

巻き爪や陥入爪になって、爪が皮膚に食い込んでくると、痛みを取るためにさらに短く切ってしまう人がほとんどですが、痛みが一時的に取れても、爪が伸びてくると、ますます症状は悪化して悪循環です。爪が伸びてくるのを待って、正しい切り方をするようにしましょう。

爪切り
以前は、ひどい巻き爪や陥入爪などは手術が行われていましたが、今では保存的治療が一般的です。自宅で自分でできる矯正キットも販売され、病院に行かなくても改善することも可能です。

まずは正しい爪の切り方をして、今以上の症状の悪化を防ぎましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加