保育園の認可と認可外の違い、料金などについて詳しく説明

保育園には認可保育園認可外保育園があります。よく聞く言葉ですが、実際に意味を理解している、という方は案外少ないのではないでしょうか?

子ども1

認可と認可外の違いについて、詳しく説明します。

Sponsored Link

認可とは?

国が定める基準をクリアしていて、国や自治体から出るお金を受けて行われる保育のことを言います。

給付制度は、保育の必要性の認定を受けた2号、3号の子どもに認可の保育を提供する仕組みです。保育の必要性の認定とは、保護者が働いていたり、病気だったり、通学していたりなどの理由で認められます。市区町村への入園申込みの時に、同時に保育の必要性の認定の申請もすることになります。

幼稚園は幼稚園認可を受けている認可施設で、給付制度に含まれて、1号の子どもを保育する幼稚園と、私学助成を受けて給付制度の外で運営される幼稚園の2種類があります。

認可施設で主なものは、認定保育園(正式名称は保育所)、認定こども園、小規模保育、家庭的保育、事業所内保育事業、預かり保育がある幼稚園などがあります。

認可外とは?

基準をクリアできなかったり、基準をクリアしていても、需給の関係で認可がおりなかった施設が認可外保育園(施設)と呼ばれます。無許可と呼ばれることもあります。

認可外の保育施設は、認証保育所、補助金を受けない事業所内の保育所、保育者が個人で運営している保育室、企業が経営しているベビーホテルチェーン、託児施設などがあります。

幼稚園1

認可と認可外保育の主な違い

・利用できる子ども
認可・・・2号、3号の子ども
認可外・・・認定は不要

・申込み先
認可・・・市区町村
認可外・・・各施設

・保育料
認可・・・所得に応じた保育料が市区町村ごとに決められている
認可外・・・各施設ごとで決められている

・設置者
認可・・・公立、私立
認可外・・・民間(私立)

国の基準とは?

種類ごとに基準が設けられていて、認可保育園では、次のような規定があります。

・設備(保育室の広さ、調理室などの設備、園庭、防火、避難路)
・職員(人数配置、保育士資格など)
・保育時間
・保育内容
・給食、衛生管理、健康診断
・保護者との連絡

など。

保育の必要性が認められる事由とは?

・就労
・妊娠、出産
・保護者の病気、障害
・同居又は、長期入院、入所している親族の常時の介護、看護
・災害復旧
・求職活動(企業準備を含む)
・就学(職業訓練校頭における職業訓練を含む)
・虐待やDVの恐れがある
・育児休業取得時にすでに保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要であること
・その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

これらの必要性が認められると、3歳以上は2号、3歳未満は3号に認定されます。

チェック項目

保育の必要性の認定

認定なし・・・保育の必要性が認定されない3歳未満児
1号・・・保育の必要性が認定されない3歳以上児
2号・・・保育の必要性が認定される3歳以上児
3号・・・保育の必要性が認定される3歳未満児

1号は幼稚園、2号、3号は認可の保育施設に入園できます。認定こども園なら、1~3号の子どもが入園できます。

待機児童問題とは?

保育の必要性が認定されたからといって、希望する施設に入園できるとは限りません。申込者が定員を上回る場合は入園選考が行われ、選考に落選すると、入園できません。これが待機児童問題です。

特に都市部では待機児童が増えており、仕事復帰したくても、子どもの預け先が見つからず、復帰できないという問題が発生しています。

保育施設の選び方

保育施設の中で最も利用者が多いのが認可保育園(保育所)です。認可保育園では、保育所保育指針に準拠した保育を行うことが義務づけられていて、それぞれの子どもの年齢に合わせた環境、保育内容が計画されます。

認定保育園への入園を希望して、選考に落選してしまった場合は、他の施設を探すことになりますが、保育内容はもちろんですが、まずは保育時間、受け入れ年齢、保育料などの条件に合うかが重要になります。まずは条件を満たしている施設をいくか選んで候補をあげ、実際に見学に行ってみましょう。

今の時代、園の見学は当たり前です。事前予約を入れて、実際に園を見学してから判断するようにします。

幸せな家族1

認可だから安心、認可外は不安、ということはありません。施設によって異なるので、条件をしっかりチェックし、さらに実際の保育の様子を見て、施設選びをしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加