子宮筋腫の症状や原因、不妊との関係などのまとめ

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫れもので、治療が必要なものと治療が必要でないものに分かれます。

子宮1

子宮筋腫の原因や症状、よく言われる不妊との関係、治療法などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

子宮筋腫の原因

子宮筋腫は子宮にできた良性の腫れもので、筋腫ができる部分は95%が子宮体部、5%が子宮頚部です。大きさは人によって異なり、顕微鏡で見ないとわからないぐらい小さなものから、十数キロになるものまであります。

子宮筋腫は35歳以上の女性の40~50%にある、と言われていて、決して珍しい病気ではありませんが、原因についてはよくわかっていないそうです。ただ、女性ホルモンのエストロゲンが影響していることは確かです。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状は、筋腫そのものからくる症状と、大きくなった筋腫が周辺を圧迫して起こる症状があります。

・月経過多
筋腫に栄養を与えている毛細血管からの出血、筋腫によって子宮内膜の面積が増えるなどの原因で出血量が増加

・月経痛
月経痛は筋腫という異物を排除しようと子宮が強く収縮する為

・貧血
過多月経による鉄欠乏症貧血

・下腹部のしこり
筋腫がこぶし大くらいまで大きくなると、下腹部を押した時に硬いしこりに触れる

・圧迫症状
子宮周囲の血管の血行が妨げられておこる下腹部痛、腰痛、大腸が圧迫されて起こる便秘、膀胱や尿管が圧迫されておこる頻尿や排尿障害など

筋腫があっても、まったく自覚症状がない場合もあります。

腹痛1

子宮筋腫は不妊になる?

子宮筋腫があるからといって不妊になる、とは限りません。筋腫があっても、妊娠出産をしている人は大勢います。

ただ子宮筋腫の種類によっては不妊に影響することもあります。一般的に、粘膜下筋腫、筋層内筋腫は不妊になりやすい、と言われています。

筋腫が不妊の原因になるのは、子宮の変形です。受精卵や胎児に栄養を送る血管の減少や、卵管の変形が起こる為、受精や着床、胎児の成長が難しくなる、と言われています。また、筋腫があるところの子宮内膜は薄くなる傾向がある為、その点でも妊娠しにくくなる可能性もあります。

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫は薬物療法、手術療法のいずれかが行われます。

薬物療法
●ホルモン療法
ホルモンによってエストロゲンの分泌が抑制され、低エストロゲン状態が作り出され、これが子宮筋腫の成長を抑制します。

ホルモン療法を行っている場合は、月経過多が抑えられて貧血が改善するなど、色々な症状が治まりますが、人工的に閉経と同様の状態を作ることになる為、のぼせやほてり、イライラ、骨粗鬆症などの更年期のような症状が出ることもあります。

●鎮痛薬
非ステロイド系抗炎症薬を、痛みがある時に頓服として服用します。あくまでも痛みを抑えるだけなので、鎮痛薬によって子宮筋腫が治る訳ではありません。

●漢方薬
女性特有の病気には、漢方薬がよく用いられます。子宮筋腫で主に使われるのは、桂枝茯苓丸です。

●貧血の為の薬
月経過多で貧血が起こる場合は鉄剤を服用したり、注射したりして治療を行います。

手術療法
子宮筋腫を積極的に治療する場合は、手術療法が中心となります。手術と言っても様々な種類があり、選択肢はさまざまです。

この先、妊娠を望むなら子宮を残し、妊娠を望まないなら子宮を全摘するなど、その人のライフスタイルによって治療法、手術法を選ぶ必要があります。

医者1

子宮を取ると更年期になる?

子宮を取ると女性ホルモンが分泌されなくなって、更年期のような症状が出る、と思っている方が少なくないそうです。

女性ホルモンは、子宮からではなく卵巣から分泌されていて、子宮を取っても関係ありません。その為、子宮を全摘したからと言って、更年期症状が現れることはありません。

子宮筋腫は、かならず治療が必要になる病気ではありません。担当医師とよく相談し、今後のライフスタイルに合わせた治療法を選択する必要があります。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。