おりものが多い、臭いがする、これって何かの病気のサイン?おりものが増える病気一覧

おりものが多い、臭いがきつい、ドロっとしているなど、おりものの状態がいつもと違うのは、何かの病気になっている可能性もあります。

トイレに座る1

おりものが増える、臭いがするなど、おりものの状態が変化する病気を詳しくまとめました。

Sponsored Link

おりものとは?おりものの役割とは?

おりものは、女性の性器のいろんな部分から出る分泌液の集まりで、子宮内膜や子宮頸管から分泌された粘液、膣の壁からはがれた古い細胞、外陰部の皮脂線などです。

おりものは、外から雑菌が膣の中に入り込むのを防ぎ、膣内を酸性にして、生殖器の清潔を保つ役割をしています。さらに受精を促す働きもしています。生理前になるとおりものの量が増えて、卵の白身のようにドロと粘り気が強くなりますが、これは、精子が子宮内に入りやすいように、粘液が増えている為です。

<月経周期によるおりものの変化>

おりものの状態は、月経のサイクルに合わせて変化します。

月経終了後・・・少なくなる
排卵前・・・どろっとしたおりものが出始め、その後、白いのりのような状態になる
月経直前・・・量が増えて、やや臭いが強くなる

さらに年齢によっても変化します。10代は、おりものはまだ少量ですが、ホルモン分泌のピークを迎える20代になると量は増え、臭いはあまり気になりません。30代半ばを過ぎると量は多く、さらに臭いもきつくなります。

月経周期でおりものの状態は変わりますが、月経周期以外で、おりものが増える、臭いがきつくなる、血が混じるなどの変化があった場合、何かの病気のサインかも知れません。おりものの量が増えることで疑われる病気などを、詳しくまとめました。

子宮膣部びらん(しきゅうちつぶびらん)

<症状>
おりものが増える、不正出血

<どのような病気か?>
びらんとは、子宮内膜のやわらかい細胞部分が、赤く見えてあたかもただれのように見えることを言います。子宮から膣につながる比較的強い細胞の両方を生産する場所です。

原因は、性交時やタンポンの挿入の刺激を受けたことなので、心配ありません。治療も必要なく、自然と治ります。

子宮頸肝炎、子宮内膜炎

<症状>
不正出血、粘り気のあるおりものの増加、下腹部痛

<どのような病気か?>
膣から細菌や病原体が親友し、子宮頸管に炎症を起こしたものを子宮頸管炎、子宮内膜に炎症を起こした場合を子宮内膜炎と言います。原因は、性交によってクラミジア、パピローマウィルス、淋病、大腸菌などに感染するのが主です。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)

<症状>
不正出血、おりものの増加、月経痛

<どのような病気か?>
子宮頸がんにできるがんで、性交によって病原体パピローマウィルスに感染してかかるがんなので、性交経験のある人は、誰でも発症する可能性があります。

初期はほとんど無症状で、進行すると不正出血、悪臭のするおりものが増える、周囲の神経が圧迫されることで腹痛、腰痛などが起こります。その為、早期発見するには、がん検診が欠かせません。

悩み7

子宮体がん(しきゅうたいがん)

<症状>
不正出血、おりものの増加、茶色いおりものが出る

<どのような病気か?>
子宮がんのひとつで、別名「子宮内膜がん」とも言われ、子宮内膜(子宮体部)に発生するがんです。

子宮体がんの原因は、女性ホルモンの過剰分泌などで、その結果、排卵障害が起こり、子宮内膜がうまくはがれず、がんにつながることがあります。

初期にはほとんど症状がなく、進行してくると、不正出血、血が混じった茶色っぽいおりものが出るなどがあります。さらに進行してくると、貧血や下腹部痛などの、月経トラブルに似た症状が現れます。

子宮頸管ポリープ(しきゅうけいかんぽりーぷ)

<症状>
おりものの増加、不正出血

<どのような病気か?>
子宮頸管ポリープは、子宮頸管の粘膜が増殖したもので、子宮口からはみ出して垂れ下がった状態になります。1~2mm程度の小さなものから、1cm大ぐらいのものまで、大きさは様々です。

症状としてはおりものが増えるぐらいで痛みはありません。やわらかく組織がもろいので、性交の摩擦、スポーツの刺激で傷ついて出血することもあります。ほとんどが良性ですが、すべて良性とは限らないので、検査を受ける必要があります。

クラミジア感染症

<症状>
おりものの増加、不正出血、下腹部痛

<どのような病気か?>
性交によってクラミジア原虫という病原体に感染して起こります。感染してから1~3週間で発症しますが、自覚症状がない為、感染が広がりやすい性感染症です。

膿のような粘り気のあるおりものが出たり、不正出血することもありますが、自覚症状がないことがほとんどです。

進行すると、クラミジア原虫が子宮頸管や子宮内膜まで広がり、下腹部痛を起こしたり、ひどい時は卵管が数倍にも太くなり、腹膜炎を引き起こしたりすることもあります。

病院2

おりものの状態の変化から、病気のサインを見逃さないよう、まずは自分のおりものの正常な状態をしっかり把握しておく必要があります。おりものが増えたり、臭いがきつくなる、不正出血があるなど、気になる症状が出た場合は、早めに婦人科を受診するようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。