お肉の冷凍保存方法、解凍方法や保存期間などのまとめ

安い時にお肉を大量に買っておいて、すぐに使わない分は冷凍保存しておく、という方も多いと思いますが、間違った冷凍保存をすると、旨みがなくなってしまいます。

肉1

お肉の種類別に、正しい冷凍保存方法を詳しく紹介します。

Sponsored Link

お肉の冷凍保存方法の基本

お肉を買ってきた時に入っている、白いプラスティックトレーのまま冷凍していませんか?お肉を冷凍にする時は、プラスチックトレーから取り出し、1枚、もしくは1食分ずつ小分けにしてラップに包み、さらに冷凍保存袋に入れるのが基本です。ラップでしっかり包むことで、保存中の乾燥、臭いうつりも防ぐことができ、さらに酸化、雑菌の繁殖を抑えます。

さらにおいしく冷凍するには、素早く冷凍するのが基本です。そのまま冷凍庫に入れるのではなく、冷気の伝わりやすい金属性のトレーの上に広げて凍らせ、完全に凍ってから、冷凍保存用袋に入れて保存するのがベストです。

冷凍したお肉の保存期間は、2週間が目安です。

トンカツ

お肉の解凍方法

お肉を解凍する時に水分が出ますが、この水分をドリップと言います。ドリップには、うまみ、栄養分が含まれているので、いかに解凍する時にドリップを出さないかが味の決め手になります。

肉は急速に解凍するとドリップ出やすくなる為、低温で時間をかけて解凍するのが理想的です。夕食に使用する場合は、その日の朝に冷蔵室に移しておきます。

時間がない時は、電子レンジの解凍機能を使用しますが、完全に解凍するとドリップが出てしまうので、半解凍まででストップさせるのがポイントです。

薄切り肉の冷凍保存方法

1.肉についている水けをキッチンペーパーで拭き取る
2.金属製のトレーの上に1枚ずつ広げて、上からラップをかぶせて急速冷凍する
3.凍ったら1枚ずつ、もしくは1食分ずつラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍保存する

厚切り肉の冷凍保存方法

1.肉についている水けをキッチンペーパーで拭き取る
2.1枚ずつラップで包み、さらにアルミホイルで包む
3.金属製のトレーにのせて急速冷凍する
4.凍ったら、そのまま冷凍保存用袋に入れて、冷凍保存する

挽き肉の冷凍保存方法

1.トレーからキッチンペーパーの上に取り出し、肉表面についている水けを押さえとる
2.ラップでぴったり包む、もしくはそのまま冷凍保存袋に入れ、薄く平らに押さえて中の空気を抜く
3.袋の上から、菜箸で1食分ずつの量に筋をつけておくと、取り出す時に、筋にそってパキっと折って使うことができる
4.金属製のトレーに乗せて急速冷凍し、凍ったらそのまま冷凍保存する

鶏肉の冷凍保存方法

1.キッチンペーパーで肉表面についている水けをふきとり、血などの汚れがあれば冷水でサっと洗う
2.酒を少しふりかけ5分ほど置き、キッチンペーパーで水けを拭き取る
3.1食分ずつラップで包み、金属製のトレーに乗せて急速冷凍し、凍ったら冷凍保存用袋に移して冷凍保存する

※鶏肉は冷凍すると、特に臭みが気になることがあるので、冷凍する前に酒をふりかけることで、臭みを防ぐことができます。

‚¨“÷—â“€

加工肉の冷凍保存方法

・ベーコン

1.パックから取り出し、ベーコンとベーコンの間にラップをはさむようにすると、使う時に1枚ずつ取り出しやすくなる
2.金属製トレーに乗せて急速冷凍し、凍ったら冷凍保存用袋に入れて冷凍保存する

・ハム

1.パックから取り出し、ベーコンと同様に、ハムとハムの間にラップを挟むようにして、使う時に1枚ずつとれるようにしておく
2.金属製トレーに乗せて急速冷凍し、凍ったら冷凍保存用袋に入れて冷凍保存する

・ソーセージ

1.包丁で浅く切り込みをいれておくと、解凍しやすく、さらに炒めた時も皮が破裂しにくくなる。そのままでも、予め使う時の大きさに切っておいてもOK
2.そのまま冷凍保存袋に入れ、金属製トレーにのせて急速冷凍し、凍ったらトレーをはずして、冷凍保存する

※加工肉の冷凍保存期間は1ヵ月が目安です。

ソーセージ

お肉は予め、しょうゆなどで下味をつけてから冷凍することも可能です。解凍したらすぐに調理ができるので、時間がない時、忙しい時などに便利です。さらに下味をつけて冷凍すると、調味料が保存性を高めてくれる為、冷凍期間も3週間になり、冷凍中の臭い移り、乾燥も防げます。

使わないお肉は、すぐに冷凍するのが基本です。正しい冷凍保存方法をマスターして、買ってきた時の美味しさをキープして下さいね。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。