赤ちゃんに発疹が出た、熱はなしの時に考えられる病気とは?

赤ちゃんの発疹には、他人にうつる伝染症の病気の発疹と、あせもやおむつかぶれなどうつらない発疹があります。

赤ちゃん2

急に発疹が出ると、何の病気?原因は何?と慌ててしまいがちですが、発疹の他にも、熱はあるか、ないか、症状の現れ方や発疹が出た場所などから、ある程度の見当がつけられます。

赤ちゃんの発疹が出た時に考えられる病気を一覧でまとめました。

Sponsored Link

発疹が出る時に考えられる病気(うつる病気)

●りんご病
りんご病は別名伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)と言います。ヒトパルボウイルスB19の感染が原因で、くしゃみや鼻水などからうつります。両頬が赤くなり、腕や太ももに赤斑が出ます。症状は1週間程度で治まります。

●水ぼうそう(水痘)
水痘、帯状疱疹ウイルスの感染が原因でかかる病気で、咳やくしゃみでもうつります。発熱と同時に、かゆみを伴う発疹が全身に出ます。

●とびひ、SSSS
伝染性膿痂疹ともいい、夏に多く発症します。あせもやひっかき傷が細菌に感染するのが原因です。SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)になったら至急病院を受診する必要があります。

●風疹(三日ばしか)
風疹ウイルスの感染が原因で、発熱と同時に全身に小さな赤いボツボツが出て、耳の後ろや首のリンパ節が腫れます。安静にしていれば、熱も下がり3~4日程度で治ります。

●はしか(麻疹)
麻疹ウイルスの感染が原因で、かぜと似た症状から始まり、頬の内側に白い斑点が出て、いったん熱が下がった後に、再度発熱して、全身に発疹が出ます。

●手足口病
ウイルス感染が原因の病気で、夏に流行しやすいです。手のひらと足の裏、口の中の粘膜に発疹が出ます。口内炎は水疱になって破れ、浅い潰瘍になって痛みを伴います。

●水いぼ
伝染性柔属腫ウイルスの感染が原因です。いぼが破れ、中から出る白いかたまりに触れると移ります。すぐに治療を行う場合と、組織を見る場合があります。

ウイルス2

発疹が出る時に考えられる病気(うつらない病気)

●あせも
額や首の周り、背中、脇の下、ひじ、ひざなど汗がたまりやすい部分にできる発疹です。汗をかいたらこまめに入浴、汗を洗い流すようにして、着替えさせます。

●アトピー性皮膚炎
アレルギー体質に、食べ物やカビ、ダニなどの要因が加わって起こります。乳児期はジクジクした湿疹の場合が多く、乳幼児期になると、カサカサの湿疹が多くなります。

●脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)
皮脂の過剰な分泌が原因で、生後2~3ヵ月後に出やすいです。頬や額、耳のまわりや頭にフケのようなものが出て、赤いブツブツ、黄色いかさぶたや膿がつきます。

●じんましん
特定の食べ物や薬物、ストレス、寒冷、温熱の刺激、日光などが原因です。赤くふくらんだ、かゆみのある発疹で、発疹がつながって大きく広がるのが特徴です。

●カンジタ性皮膚炎
おむつがあたる部分、太ももやお尻の割れ目に赤い発疹ができます。カンジタという真菌(カビ)が原因です。ステロイド薬を使うと悪化するので注意が必要です。

●おむつかぶれ
オシッコ、うんちから発生するアンモニアなどの刺激物が原因です。赤いブツブツが出たり、皮がむけるなどします。常に清潔を保つことが重要です。

●接触性皮膚炎
皮膚に接触したものが原因で起こるかぶれです。砂やうるしの他、化学繊維やゴム、絆創膏などでも起こります。かゆみが強い為、かきむしらないよう注意が必要です。

●突発性発疹
ヒトヘルペスウイルスの感染によります。急に高熱が出て、3~4日で下がりますがこの頃に、お腹、背中に赤い発疹が出ます。

●食物アレルギー
食物によるアレルギーで、食べた直後~2時間ほどで発症します。かゆみのある発疹や唇の腫れ、下痢や嘔吐などを起こします。呼吸困難になったら大至急病院で診察を受ける必要があります。

赤ちゃんのケア

発疹ができると赤ちゃんはかゆがって、患部をかきむしってしまう為、常に爪を短く切っておきます。手袋をするとかえってストレスに感じてしまうこともあり、よほど重症以外の場合は使用を控えるようにします。

さらに肌は常に清潔し、乾燥が気になる場合は、マメに保湿ケアをするようにします。乾燥するとかゆみが強くなるので、特に起床時、お風呂上がりの保湿はしっかり行います。

泣く赤ちゃん1

感染を防ぐ為に

人にうつるような発疹が出た時は、家族内で感染が起きないように注意が必要です。

・発疹が水疱になっているものは、つぶれないようにガーゼなどで覆う
・タオルは共有せず、使用したタオル、下着などは熱湯消毒して、家族のものとは別にして洗う
・コップや箸、食器などは共有しない
・赤ちゃんのお手入れをした後は、石鹸で手を洗い、うがいもする

病院2
症状が治まった場合でも、原因を特定する為に、病院を受診しておくと安心です。以前、病院で処方された薬を自己判断で使うのは禁物です。合わない薬を塗って、悪化してしまうこともあります。

医者が症状から病気を判断できるように、発疹以外の症状なども細かく伝えるようにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。