めまいや耳鳴り、難聴を繰り返す病気はメニエール病?詳しい症状をまとめました

回転性のめまいや、めまいに伴って耳鳴り、難聴など耳の症状、吐き気、嘔吐など繰り返す病気は、メニエール病が疑われます。

うるさい
メニエール病の症状や原因、治療法などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

メニエール病の診断基準

めまいが起こるとメニエール病?と疑って医療機関を受診する人が増えているそうですが、メニエール病は、次の3つの診断基準によって診断されます。

1.回転性のめまい発作が繰り返し起こる
2.めまい発作に伴い、耳鳴り、難聴などの耳の症状が起こり、反復したり消長したりする
3.検査や診察により、1と2の症状を引き起こす別の病気である可能性が除外される

チェック項目

メニエール病の症状

メニエール病はある日突然起こります。最初の発作は、回転性の激しいめまいで、数分から数時間に渡って続き、吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面蒼白、頻脈などの症状を伴うこともあります。これらの症状と合わせて、難聴、耳閉塞感、耳鳴りなどの耳の症状が、片耳に起こります。片耳だけに起こることがほとんどですが、まれに両耳に症状が現れることもあります。

これらの症状が繰り返し起きるのが特徴で、発作が出る頻度は人それぞれで、1ヵ月に数回も起こる人もいれば、年に数回という人もいます。ほとんどがめまいと同時に、その他に症状が現れ、めまいが治まると、他の症状も治まります。

めまいのない蝸牛型メニエール病

メニエール病と診断されなくても、メニエール病に移行する恐れのある蝸牛型メニエール病(かぎゅうがたメニエールびょう)という病気があります。

蝸牛型メニエール病は、めまいは起こりません。症状で現れるのは、耳閉塞感や低音難聴、「ボー」「ボワン」といった、低い音の耳鳴りが起こります。

めまいは起こらなくても、難聴と耳鳴りの症状を繰り返し、悪化する傾向があり、患者の1~2割程度が、症状を繰り返すうちにメニエール病に移行すると言われています。

メニエール病=めまい、というイメージが強い為、めまいが起こらないから、耳に違和感があってもメニエール病ではない、と医療機関を受診しないでいるうちに、メニエール病に移行してしまう可能性もあるので、早めに医療機関を受診する必要があります。

病院3

メニエール病の原因

メニエール病は、内耳に内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれのようになった状態)が見られ、これが原因で症状が起こると考えられています。

内リンパ水腫が内耳の感覚細胞を圧迫することで、機能障害が起こり、めまいや耳鳴り、難聴が現れると見られていますが、内リンパ水腫がどのようなしくみで発生するかまでは解明されていません。

過剰なストレスがかかると、内リンパ水腫が凝りやすくなる、と言われており、ストレスが大きく関係している、と考えられています。

メニエール病の治療法

メニエール病の治療は薬物療法が基本となります。症状に合わせて、抗めまい薬、抗不安薬、抗うつ薬、ビタミン剤、神経代謝賦活薬、末梢血管拡張薬、血流改善薬、自律神経調整薬などを組み合わせて使われます。

他にも、強い耳鳴り、難聴が見られる場合は、一時的にステロイド薬を用いたり、内リンパ水腫を改善する為に、利尿薬を用いた治療が行われる場合もあります。

薬1

メニエール病の改善、発作予防策

メニエール病は、

・ストレス
・過労
・睡眠不足

この3つが引き金になって起こりやすいと言われています。その為、症状、発作を予防改善するには、ストレス、疲労を溜めない、睡眠をしっかり取るなど、生活習慣を見直して、セルフコントロールすることで、発作を予防できます。

ストレスを取り除く為に、診療内科でカウンセリングなどの治療を行うこともあります。

めまい発作の前兆、予防策

何度もめまい発作を経験しているうちに、めまい発作が起こる前に、何らかの前ぶれ、前兆を感じる、という人もいます。中でも多いのが、耳閉塞感が起きる、首や肩が凝る、頭が重く感じる、頭痛がする、などです。

また、気圧や湿度の関係で発作が起こる、と言う人も少なくありません。

めまい発作が起こる前触れを感じた場合は、できるだけ不要な外出を控え、めまい発作を抑える薬を予め服用するなどで、対応、予防するようにします。

医者1

めまいや難聴の程度は人それぞれです。めまいが起こる時間も数秒程度だと、発作に慣れてくるうちに、いつものことか、と我慢してそのまま医療機関を受診せずにいると、耳鳴り、難聴の症状が悪化していき、治療しても回復が難しくなります。

その為、症状の程度に関係なく、めまいや難聴、耳鳴りなどの症状が現れたら、早めに医療機関を受診するようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。