犬のおしっこ、尿が出ない、量が減った時に疑われる病気一覧

犬のおしっこの量が明らかに減った、排尿の姿勢をとっているのに尿が出ない、なかなか出ない場合、何らかの病気が疑われます。

キャバリアキング1

オシッコが出ない、量が少ない時に疑われる病気を、症状や原因と共に詳しくまとめました。

Sponsored Link

腎不全(じんふぜん)

<どんな病気?原因は?>
腎不全とは、医学的な定義では腎臓の機能が75%以上失われた状態のことで、老廃物を十分排泄できなくなったことをいます。例えば腎臓病があっても、その機能が保たれていれば、75%以上失われるまでは腎不全とは診断しません。

逆に腎臓病ではなくても、色々な原因で75%以上腎臓の機能が失われている場合は腎不全と診断されます。

腎不全には急性腎不全慢性腎不全があります。

急性腎不全の中でも、その原因がどこにあるかによって腎前性急性腎不全、腎性急性腎不全、腎後性急性腎不全の3つに分けられます。

・腎前性急性腎不全
腎臓に流れる血液量が低下するすべての状態が原因となり、腎臓のろ過機能にダメージを受けているものです。脱水、大手術による敗血症などがあります。

・腎性急性腎不全
腎臓という臓器そのものに障害が総じて、その機能が失われるものです。原因は腎前性の原因が重篤で、さらに長時間持続したり、虚血(脱水、出血、ショックなど)や中毒性物質によるものなど様々です。

・腎後性急性腎不全
尿管、膀胱、尿道など尿路に閉塞などの障害がある為に腎臓の機能が失われるものです。

<症状>
急性腎不全は、元気がない、食欲がない、だるそうにしている、尿が減る、無尿になるなどで、慢性腎不全は、進行しないと明らかな症状が出ませんが、尿の色が薄くなる、水をがぶがぶ飲むなどです。

<治療法>
急性の場合は、脱水症状、尿毒症回避の為、輸液治療が行われ、血液透析、腹膜透析が行われることもあります。原因が明らかなら、その原因を除去する為の処置が行われます。

慢性は、症状を和らげる為、輸液治療と食事療法を行い、腎臓への負担を軽くします。

ミニチュアダックス2

尿路結石

<どんな病気?原因は?>
無機質の石のかたまりが腎盂(じんう)、膀胱、尿道などの尿路にでき、できた場所によって病名が変わります。石の成分、大きさも様々です。

尿路結石ができる原因は、すべて正確にはわかっていませんが、細菌による炎症性の病気があることが原因となることもあります。また、犬種によって、できやすい結石があります。

<症状>
症状は結石の種類によって変わります。

・腎結石
腎盂に結石ができ無症状である場合と、尿に血が混じる場合があります、結石は腎臓の片側だけにできることも両側にできることもあります。進行すると腎不全になる可能性もある為、注意が必要です。

・膀胱結石
尿路結石の中で一番多いものです。症状は膀胱炎と同じようですが、結石になると膀胱炎になる頻度が増すため、尿の中の血液が増します。小型犬では膀胱を触ると膀胱結石が触れる場合があります。

・尿道結石
尿道に結石が存在する為、尿が出ない、または出にくくなります。症状は排尿の姿勢をとっても尿が出ない、あるいはポタポタとしか出ない、ということがあります。尿道閉塞によって尿毒症になることもあるので、注意が必要です。

<治療法>
治療は抗生物質、抗菌剤、止血剤、消炎剤などの薬物投与、および食事療法などの内科的療法と、結石の摘出を行う外科治療が行われます。

膀胱炎

<どんな病気?原因は?>
膀胱炎は、尿路感染症の中では最も多く見られる病気で、尿道から侵入した細菌が繁殖することで炎症が起こります。また、膀胱および尿道の結石(結晶)などが原因となり、膀胱内で炎症を起こす病気です。

膀胱の構造をオスとメスで比べてみると、メスの尿道は太くて短い為、細菌に侵入されやすく、膀胱炎になりやすいです。メスは特に尿道口を清潔に保つように気をつける必要があります。

<症状>
血尿が出る、頻尿になる、あるいは尿が出にくくなる、水をたくさん飲む、尿が濁る、尿が濃くなるなどの症状が現れ、重症例では、発熱、元気が失せる、食欲不振などの症状が現れます。

<治療法>
尿検査を行い、原因となる細菌に一番効く治療法が選ばれますが、一般的には抗生物質や抗菌剤が処方されます。

動物病院

言葉を発することができないワンちゃんの健康状態を知る為に、常に尿がきちんと出ているか、量や色に変わりはないか、を観察することが重要です。

尿の色、状態の他に、水を飲む量もチェックするようにし、病気が疑われる場合は、至急、病院で診察を受けるようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。