ためしてガッテンで紹介、おならが出る原因と止める方法

おならは男女関係なく、できれば人前ではあまり出したくないですよね。でも人によっては、オナラがよく出る体質で、ついうっかり出てしまう、という人もいるのではないでしょうか?

トイレ

NHKの人気番組ためしてガッテンの中で、オナラの疑問について放送された回がありました。その中で紹介されていた、オナラの原因や臭いの素、止める方法などについてまとめました。

Sponsored Link

オナラが臭う原因は?

オナラは無臭のオナラと臭いがするオナラがあります。オナラに含まれているメタンガスはもともとは無臭で、日本人の多くは腸内のメタン菌が少ない為、メタンガスも少ないそうです。

では、オナラの臭いの原因は何なのか?というと、便です。腸内で便と一緒に移動していると、おならにくさい臭いがついてしまうんだとか。

便の悪臭を作り出しているのは、腸内の悪玉菌と呼ばれる細菌です。悪玉菌は肉の脂肪やたんぱく質が好物で、これらを分解する時にガスを出します。このガスから強烈な臭いが発せられます。つまりおならが臭い、臭くないの違いは、腸内の悪玉菌の量に関係しています。

特に肉を多く食べる人は、おならもくさくなりがちです。腸内の悪玉菌は年齢とともに増える為、赤ちゃんのオナラはほとんど臭いがありません。

臭い1

オナラの臭いを防ぐ方法

上でも書いたように、オナラの臭いには腸内の悪玉菌の量が関係しています。その為、オナラの臭いを防ぐには、悪玉菌を増やさないこと、が有効です。

悪玉菌を増やさない=腸内環境をよくすること、ですが、腸内環境をよくするには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らす必要があります。その為に効果的な食べ物が、ヨーグルトさつまいもです。

ヨーグルト1

ヨーグルトには、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌の繁殖を抑える効果があります。またさつまいもが腸内細菌に分解されるとガスが出ますが、このガスは臭くない為、臭いを薄めてくれます。さつまいもに含まれる食物繊維は便通をよくする作用もあり、便による臭い付けの機会を減らす効果も期待できます。

ヨーグルトとさつまいもの他に、お茶に含まれるカテキンも、善玉菌を増やす効果があります。

オナラの原因になる癖(クセ)とは?

オナラに臭いがなくても、回数で悩んでいる方も多いですよね?オナラがよく出るのには、ある癖が関係しているそうです。その癖は、歯をかみ続けてしまう癖です。

無意識のうちに、歯をかみ締めていると唾液が出てきます。歯を合わせることで、食べ物が入ってくる、というサインになり、体が消化の準備をする為です。
そして唾液を呑み込む際に、オナラのもととなる空気も一緒に飲み込んでしまい、その結果、オナラの回数が増えたり、お腹にガスが溜まったりします。これを吞気症(どんきしょう)と言います。

この癖を改善することで、実際、長年おならの回数に悩んでいた人が、大幅におならの数が減った、という実験結果も出ているそうです。

普段から歯を噛みしめる癖がある人は、歯を意識して離すようにしてみて下さい。家の中の目のつくあらゆる場所や、職場のデスク、パソコン周りに「歯を離す」などと書いたメモを貼り、メモを見る度に、歯を離すようにし、さらに息をフーっと吐き出すようにすると、自然と歯を噛みしめる癖が改善され、おならの回数も減少します。

悩み7

その他、オナラを出なくする、少なくする方法

・炭酸飲料を控える
おならの原因となるもので、他に炭酸飲料があります。炭酸飲料を飲むと、お腹の中で炭酸ガスが大量に作られます。炭酸飲料を飲んだ後にゲップが出る事が多いと思いますが、ゲップとして出なかった炭酸ガスは腸まで送られると、今度はおならとなって出てきます。

・早食いしないでゆっくり食べる
ご飯は急いで食べると、一緒に空気を飲み込みやすくなります。お腹に空気がたまるとおならの原因となります。ご飯はゆっくり、よく噛んで食べるようにしましょう。

さらに、あまり噛まずに飲みこんでしまうと、消化が悪くなり、未消化の食べ物が腸に長く滞在し、おならが出やすくなります。

・ガムはNG!
ガムはくちゃくちゃと噛んで食べますよね?この時に一緒に空気を飲み込みやすくなります。さらにガムの中でも、キシリトールのガムは消化しにくい糖分で、特に腸内にガスを溜めこみやすいと言われています。

サイダー1

女性だと、特にオナラに関する悩みは深刻ですよね。腸内環境をよくする、癖に気をつける、食事はゆっくり摂るなどに気をつけるだけで改善されるので、悩んでいる方は、ぜひ試してみて下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。