魚や貝、イカなど魚介類の冷凍保存方法、保存期間などのまとめ

魚介類はすぐに使わないのもは冷凍保存がオススメです。凍ったまま調理できたり、下味をつけてから冷凍保存もできるので、時間がない時などに魚介類のストックがあると便利です。

魚介類1

魚介類の正しい冷凍保存方法や、保存期間、解凍方法などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

切り身の冷凍保存方法

鮭や鰤、たら、かじきなどの切り身は、すべて同じ方法で冷凍保存できます。

1.身に塩と酒を適量ふりかける
2.ラップで1尾ずつぴったり包み、冷凍保存用袋に入れて金属トレーに乗せて急速冷凍させる。

保存期間は約2~3週間が目安です。塩をかけるのは塩けのない魚だけで、塩鮭などは塩はふらず酒だけふりかけます。酒は臭みを消す役割をしてくれます。

しょうゆやみりん、味噌漬けなど、予め下味をつけてから保存もオススメです。調味料をつけることで保存性も高まります。凍ったままでも調理できますが、朝のうちに冷蔵室に移して自然解凍するのがオススメです。

ブリ

一尾魚の冷凍保存方法

1.魚をさばいて、内臓を取り出し、中をしっかり洗う
2.ラップでぴったり包み、冷凍保存用袋に入れて、金属トレーに乗せて急速冷凍する

一尾魚の保存期間は約2週間です。なるべく新鮮なうちに冷凍保存するのがオススメです。購入する際は、パックの中に水分が出ていないものを選ぶようにします。さんまなど、自分でトングでつかんで選べるものは、頭を下にして垂直に立ててみて下さい。ピンと立つものほど、新鮮な魚の証拠です。

調理する時は、凍ったままでも自然解凍、レンジで解凍してからでもOKです。

イカの冷凍保存方法

1.腹わたを出し、軟骨、皮も取り除き、胴と足、頭と切り分け、水洗いして水けを拭き取る
2.部位ごとにラップでぴったり包み、冷凍保存用袋に入れて、金属トレーに乗せて急速冷凍させる

胴の部分は短冊切りにして、さらに格子状に切りコミを入れておくと、調理した時に丸まらず、さらに味も染み込みやすくなります。予め切って保存する時は、金属トレーの上にラップを敷き、その上にイカを重ならないように並べて、さらにラップをかぶせて急速冷凍させます。完全に凍ってから冷凍用保存袋に入れて保存します。バラ凍結させているので、イカ同士がくっつかず、使う時に必要な分だけ取り出せます。

いかの冷凍保存期間は約2週間です。解凍は自然解凍か電子レンジで解凍、もしくは凍ったままでも調理可能です。

タラコの冷凍保存方法

1.半腹ずつラップで包み、冷凍保存用袋に入れて金属トレーの上に乗せて急速冷凍させる

保存期間は約2~3週間が目安です。凍ったままアツアツのご飯に乗せれば、ご飯の熱気で即解凍ができ、そのまま食べられます。焼く場合は、凍ったままでOKです。

タラコ

あさり・しじみの冷凍保存方法

1.あさりは塩水(約3%)浸して砂抜きし、さらに殻をこすり合わせてよく洗います。
2.しじみは砂抜きは不要で、殻をこすり合わせてよく洗います。
3.水けをよく拭き取り、冷凍保存用袋に入れて、金属トレーに乗せて急速冷凍させます。

保存期間は1~2週間。凍ったまま調理ができ、味噌汁やお吸いものに入れると、解けながらおいしい出汁が出ます。

ホタテの冷凍保存方法

1.水洗いして、水けをよく拭き取る
2.金属トレーにラップを敷き、その上にホタテを並べ、さらにラップをかぶせて急速冷凍させる
3.完全に凍ったら、冷凍用保存袋に入れて保存する

バラ冷凍させてあるので、使う時は使う分だけ取り出して使えます。保存期間は2~3週間です。ホタテは鮮度が落ちやすい食材なので、購入してからできるだけ早く下ごしらえをして
すぐに冷凍保存するのがオススメです。

調理する時は、自然解凍、もしくは電子レンジで解凍させます。

ホタテ

干物の冷凍保存方法

1.1枚ずつラップでぴったり包み、冷凍保存用袋に入れます。
2.金属トレーの上に乗せて急速冷凍させます。

塩分の少ない干物だと、日持ちしないので、すぐに食べない場合は冷凍保存がオススメです。凍ったまま焼けるので、解凍なしで調理できて手間もかかりません。保存期間は1ヵ月程度です。

‚¨“÷—â“€
魚は保存方法が間違っていると、鮮度も落ち、さらに臭みなども気になります。保存する時、多少面倒でも下ごしらえをしっかりすることで、臭みを抑え、鮮度も保ったまま保存できます。すぐに食べる予定のないものは、早めに冷凍保存して、ムダを出さないようにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加