正月太りしない方法、食べても太らない方法、好きなものを気にせず食べる為の秘策とは?

年末年始はクリスマスに忘年会、お正月とごちそうを食べる機会も多くなり、年末年始は体重が増える、という方もきっと多いですよね。

ごちそう
お正月太りしてからダイエットするのはなかなか大変、明日から明日から、とつい先延ばしにしてしまいがちで、そのまま春を迎えてしまう、という方も多いのでは?ダイエットが辛いなら、太らなけらばいいのではありませんか!?お正月太りしない方法、食べても太らない方法や対策などを詳しく紹介します。

Sponsored Link

食べる順番を変えて太るのを防ぐ

数年前に、食べ順爆発ダイエット、というダイエット法が話題になったことがありました。ビビる大木さんやTIMのレッド吉田さんが、2か月で10キロ以上の減量に成功したダイエット法です。

食べ順爆発ダイエットとは、その名の通り食べる順番を変えることでダイエットする、というのです。食べる順番は、

1.食物繊維
2.発酵食品
3.たんぱく質
4.炭水化物

という順番です。

何故、食べる順番を変えるだけでダイエットできるのかですが、この食べる順番だと、血糖値の急上昇を防ぐことができる為です。

血糖値が急上昇すると、インスリンが大量に分泌されますが、このインスリンは、余った糖を脂肪として体内に蓄えてしまいます。その為、インスリンの分泌を抑えることで、太るのを防ぐことができます。

食べる量は同じでも、食べる順番を変えるだけで、ダイエット効果が期待できます。食物繊維、発酵食品、たんぱく質、炭水化物、という順番は、わかりやすく言えば、野菜→味噌汁やキムチ→お肉や魚→ごはん、という順番です。食べ順爆発ダイエットが話題になる前から、モデルの間では、まずは野菜を最初に食べて、炭水化物は最後に食べる、というのは常識だったそうですよ。

野菜1

食事の前に青汁を飲む

青汁を飲むのは、食べ順爆発ダイエットと同じ考えで、まず野菜成分を青汁で摂っておくことで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。青汁には栄養もたっぷり、さらに最近の青汁は、便秘解消、むくみ予防、解消にも効果的なものが多く販売されています。

乳酸菌配合のものや、主成分に明日葉を使用している青汁が特にオススメです。(例:世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁、ふるさと青汁など)

サプリを飲む

食べる順を変えるだけで太るのを防ぐことができたり、ダイエット効果が期待できますが、料理の種類によっては、食べる順番を変えられないものがあります。
チャーハンやどんぶり物などです。このように、食べる順番を守れない料理や、野菜がない、
という場合は、食べたことをなかったことにしてくれるサプリがオススメです。

それが夜遅いご飯でもダイエット、という酵素サプリです。コチラ > 夜遅いごはんでも

夜遅いご飯でもダイエットは、病気にならない生き方の著者の新谷博士が開発したこだわりのつまったサプリで、活きた酵素が配合されていて、摂り過ぎてしまった脂質や炭水化物、糖質を分解してくれます。その分解できる量は、

・ビール 68.7杯分
・ごはん 10.4杯分
・ケーキ 6.46個分

にもなります。

酵素は熱に弱く、加工の段階で加熱処理がされると、酵素は死滅してしまい、せっかく酵素をとっても意味がありません。そこで夜遅いご飯でもダイエットは、加熱加工処理は行わず、独自の酵素無菌水抽出法を開発し、活きた酵素を配合しています。活きた酵素がしっかり身体の中で働いてくれます。

夜遅いご飯でもダイエットに配合されている活きた酵素は、麹菌培養エキスとパパイヤエキス、補酵素として亜鉛酵母、葉酸、有胞子性乳酸菌、さらにダイエットをサポートする栄養素として、ガルシニアカンボジアエキス、Lカルニチン、αリポ酸、ショウガエキス、ケイヒ末も配合しています。

夜遅いご飯ダイエットを飲むのは、食事の前が最も効果的です。今日は食べるぞ!という時は、まずは夜遅いご飯でもダイエットを飲んでおけば、カロリーを気にすることなく食べられますよ。

サプリ

食べすぎた日翌日の食事を控える

食べすぎた日、飲みすぎた日の翌日の食事を低カロリーにして、摂取カロリーをいつもより抑えるようにします。理想は1日500kcal以内です。朝と昼はしっかり食べて、夜は軽めに済ませるのが最も効果的です。食事の置き替えにスムージーを飲むのもオススメです。

増えた体重はすぐに戻す、を鉄則にすれば、ズルズルと体重が増えていくことはありません。毎日体重を計るのを日課にして、昨日よりも500g以上増えていた場合は、その日の食事の量を気をつけるだけで、すぐに戻りますよ。

スムージー3

1回の食事会で増える体重が例え500g程度だったとしても、食事会や忘年会が続けば、どんどん体重は増え続けるばかりで、お正月休みが終わる頃には、3キロ、5キロと増えてしまうこと、ありますよね??

体重計1

3キロ、5キロ落とすのは大変ですが、500gを落とすのは、さほど難しいことではありません。上記で紹介した方法で、太るのを防ぐ、もしくは増えた体重を翌日にすぐリセットするなどして、正月太りをしないよう乗り越えましょう!!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。