バレンタインの本命チョコ、簡単、おいしい手作りチョコレシピ

バレンタイン、大好きな相手に贈る本命チョコを、頑張って手作りしよう、という方にオススメの、簡単にできる美味しいレシピ、作り方をいくつか紹介します。

バレンタイン4

普段、お菓子作りをあまりしない、お菓子作りが苦手、という方でも失敗しないようにコツもあわせて紹介します。

Sponsored Link

ガトーショコラの作り方、レシピ

<材料> ※15cm1台分
・ブラックチョコレート 125g
・無塩バター 30g
・卵黄 2個分
・砂糖 30g
・牛乳 大さじ2
・薄力粉 30g
・卵白 2個分(メレンゲ用)
・卵 30g(メレンゲ用)
・型用バター、強力粉、粉糖 適量

<作り方>
1.型の内側にバターを薄く塗り、強力粉をはたいて、底にオーブンシートを敷き、冷蔵庫で冷やしておく
2.オーブンを160℃に余熱し、薄力粉をふるっておく
3.チョコレートを細かく刻んでボウルに入れ、バターも合わせて湯煎にかけて溶かす
4.別のボウルに卵黄を入れてほぐし、砂糖を加えて泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる
5.4に3を加えてよく混ぜ、牛乳も加えてなめらかになるまで混ぜる
6.別のボウルにメレンゲ用の卵白を入れて、氷水に当てながら泡立て、砂糖を3回に分けて加え、ツノがピンと立つまで泡立てる
7.5に6の1/3量を加え、ゴムべらで馴染ませるようにして混ぜ、薄力粉の半量を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。さらに残りのメレンゲの半量、残りの薄力粉、残りのメレンゲの順に加えて、その都度、さっくりと混ぜ合わせる
8.型に流し入れて平らにし、160℃のオーブンで30~35分焼く
9.焼けたら型ごとさまし、完全に冷めてから型からはずし、仕上げに粉糖をふりかけて完成

チョコレートはデリケートなので、湯煎にかけて溶かす時は、50℃ぐらいのお湯につけて溶かすのがベストです。チョコが少し溶けてきたら、底から裏返すようにそっと混ぜ、溶けていない部分を下にします。激しく混ぜると気泡ができてしまうので、そっと溶かすようにするのがポイントです。

ガトーショコラはチョコレートの魅力がふんだんに詰まった焼き菓子です。冷蔵庫で一晩寝かせると、より味が濃厚になって美味しくなるので、渡す前日に作るのがベスト。自宅で一緒に食べるなら、バニラアイスや生クリームを添えて食べるのがオススメです。

ガトーショコラ

チョコレートプリンの作り方、レシピ

<材料> ※6~7個分
・板チョコレート 70g
・生クリーム 1/2カップ
・卵 3個
・砂糖 50g
・牛乳 1と1/2カップ
・ラム酒 大さじ2
・バター 適宜
・生クリーム お好みで

<作り方>
1.板チョコレートを細かく刻み、オーブンを140℃で予熱しておく
2.生クリームをボウルに入れて湯煎にかけ、温まったら刻んだチョコを加え、静かに混ぜて溶かす
3.別のボウルに卵を割りほぐし、砂糖を加えてよく混ぜる。2を少しずつ加えて、牛乳を加えてのばし、さらにラム酒を加える
4.プリン型にはけで溶かしバターを塗り、3のプリン液をそそぐ
5.天板に4を並べ、湯を1センチの高さまで注ぎ、140℃のオーブンで40分焼く
6.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして、お好みで生クリームなどをトッピングして完成

※オーブンの天板が浅い場合は、バットに入れて、バットごと天板に乗せます。

プリンというとお子様なイメージがあるかも知れませんが、ラム酒を加えることで大人な味に仕上がっています。なめらかな口当たりのプリンにするポイントは、低温でゆっくり湯煎にかけて焼きあげることです。

スポンサーリンク

生チョコの作り方、レシピ

<材料> ※15×15cmのバット1台分
・ココア 大さじ3(★)
・シナモン 大さじ1(★)
・粉砂糖 大さじ1(★)
・製菓用スイートチョコレート 200g
・生クリーム 1/2カップ
・水あめ 20g

<作り方>
1.バットの底(固める用)にオーブンシートを敷き、側面にサラダ油を薄く塗る
2.★の材料を合わせてふるいにかけ、別のバットに広げておく
3.チョコレートを細かく刻む
4.生クリームをボウルに入れて湯煎にかけて温め、刻んだチョコを加えて、ゴムべらで静かに混ぜながら溶かす
5.ゴムべらで泡立てないように静かに混ぜ、水あめを加えて混ぜる
6.1の型に流し入れ、型をゆすて平らにし、冷蔵庫で1~2時間冷やし固める
7.型から取り出し、好みの大きさに切り分け、2のバットに入れて、粉類を全体にまぶして完成

生クリームを湯煎にかける時のお湯の温度は50~60℃くらいで、チョコを入れて、静かに混ぜるのがポイントです。生クリームとチョコレートがうまく混ざらないよう、カカオの油脂の分子が分離して、口当たりが悪く、ざらついてしまいます。

混ぜる時に注意すれば、失敗することはなく、初心者でも簡単に作ることができます。とろけるような口溶けで、高級感たっぷりの生チョコが1時間もかからず作れます。できた生チョコの保存期間は、冷蔵庫で2~3日です。

生チョコ1
バレンタインの手作りの本命チョコ、様々なタイプのものを3種類紹介しました。どれもコツさえおさえて作れば、初心者の方でも失敗なく簡単に作ることができます。ぜひ、今年のバレンタインに挑戦してみて下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加