股関節の痛み、違和感の原因や対処法、克服法などのまとめ

股関節に痛みがあったり、違和感を感じる場合の原因や、痛みの対処法などについて詳しくまとめました。

老夫婦

股関節の痛み、異変に気付いたら早急に治療を行うことで、悪化、進行を防ぐことができます。

Sponsored Link

股関節の痛み、違和感の主な原因、変形性股関節症とは?

股関節に痛み、異変を感じる場合、主な原因は変形性股関節症です。

変形性股関節症とは、股関節を形成している骨や軟骨がすり減ったり、形が変わったりする病気です。

変形が進むと、寛骨臼と大腿骨頭の間の隙間が狭くなり、関節の動きが悪くなって、歩いたり、立ったり、座ったりするなどの日常での動作がしにくくなります。

股関節

40~50代、さらに女性に多く見られる病気で、変形性股関節症の原因は、先天的に寛骨臼の面積が狭い寛骨臼形成不全という股関節の異変です。

大腿骨頭や寛骨臼の表面は、軟骨に覆われていて、これがクッションの役目を果たしています。大腿骨頭を受け止める寛骨臼が狭いと、関節にかかる負担が大きくなり、摩擦が強くなり、軟骨がすり減りやすくなります。クッションが減るので、関節が動きにくくなり、痛みも生じます。

寛骨臼形成不全は、変形性股関節症のある日本人の約8割に見られ、乳児期に寛骨臼から大腿骨頭が外れてしまう脱臼を起こすことなどをきっかけに発見されることもあります。

その後、加齢と共に悪化することが多く、思春期や妊娠時の体重の増加、スポーツでの激しい動きなどが原因となって悪化することがあります。寛骨臼形成不全がなくても、加齢や肥満、けがなどで関節への負担が積み重なって発症することもあります。

進行すると骨が変形して、日常生活に大きな支障が出てしまう為、早期発見して、進行を防ぐことが重要です。

変形性股関節症は、股関節以外にも痛みがあるので、兆候があれば早めに医療機関を受診して、治療を受けることが大切です。また、痛みがなくてもあぐらをかく、脚を四の字に組むなど、今までできていた動作ができなくなるので、このような兆候を見逃さないことが重要です。

病院3

変形性股関節症以外の原因

股関節の痛み、違和感のほとんどの原因が変形性股関節症ですが、それ以外に、骨粗鬆症の治療薬が原因で起こる非定型大腿骨骨折と、何らかの理由で大腿骨頭の一部の血流が途絶え、骨頭が栄養不足で壊死する骨頭壊死などもあります。

スポンサーリンク

変形性股関節症の治療法

変形性股関節症と診断されると、まずは以下の保存療法を行って症状を軽減するのが基本となります。
・水中歩行
股関節の負担を減らして痛みを和らげる目的として、水中歩行が行われます。水中では浮力が働く為、股関節にかかる体重の影響が小さくなり、その状態で歩行して股関節を支える筋肉を鍛えると、股関節にかかる負担を少なくすることができます。

・ジグリング
腰とひざを直角に曲げて椅子に腰かけ、片足ずつ細かく揺すります。わかりやすく言うと、貧乏ゆすりのようなものを行いますが、継続して行うと、股関節の軟骨が再生された、との研究結果があります。

より多く行うことで効果が高まる為、何かをしながらでも、常に行うように意識して、習慣づけることが重要です。

また、運動の他に、日常生活で股関節に負担がかからないようにすることも重要です。歩く時に杖を使う、肥満気味の場合は減量する、両足の長さに差がある場合は、高さを調整する靴を履いて、長さを揃える、などです。また、ゆっくり入浴することも、股関節を温めて血流をよくするので、オススメです。

水中ウォーキング

保存療法で効果がない場合は、薬の服用(消炎鎮痛薬)、手術が検討されます。手術には骨切り術(こつきりじゅつ)と、人口関節全置換術の2通りがあります。

・骨切り術
寛骨臼をくり抜き、その位置をずらして大腿骨頭を覆う屋根に当たる部分を広くする手術です。

骨切り術の対象となる人は、寛骨臼形成不全があり、股関節の変形がそれほどない初期の人で、40歳以下の若い人です。若い人は、軟骨がよく保たれていることが多いので、手術することで、股関節の状態の悪化を防ぐことができます。

手術は人為的に骨を切って形状を整える為、入院期間は1~2ヵ月と長く、さらに日常生活に復帰するまで半年~1年はかかります。

・人工関節全置換術
傷んだ股関節を取り除き、人工関節に入れ替える手術です。

病状が末期で50歳以上の患者が対象となります。人工関節の耐用年数が約20年と言われている為、できる限り生涯のうちに取り替える必要がないように、年齢を考慮して、手術するタイミングが検討されます。

人工関節にすれば関節の動きはよくなり、痛みもなくなります。入院期間は1ヵ月程度で、日常生活へ復帰できるのは、骨切り術に比べて早くなります。

病院2

股関節の異変は気付きにくい場合があります。初期には、股関節以外の部位に痛みが現れることがあり、股関節の異変に気付かないうちに進行して悪化していることもあります。

股関節だけでなく、股関節以外に痛みを感じたり、違和感を感じたりした場合は、進行する前に、早めに医療機関を受診するようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。