冷え性を改善する為の入浴、半身浴、足湯のやり方

冷えは万病のもと、と言われるぐらい、女性にとって大敵です。冷え性を改善する方法には色々ありますが、毎日続けるなら入浴がオススメです。

入浴1

冷え性を改善する為の入浴法や、半身浴のやり方、また入浴と同等の効果を得られる足湯のやり方を詳しくまとめました。

Sponsored Link

冷えを改善する為の入浴法

毎日シャワーで済ませるよりも、湯船につかって体を芯から温める方が冷え症改善、冷え予防に効果的、というのはよく知られていますよね。

ですが、間違った入浴法では、冷えを改善するより、かえって体を冷やすことになりかねません。冷えを改善する為の効果的な入浴は、以下の点に注意して行います。

・お湯の温度を38~40℃に設定する
熱いお湯は、体の交感神経を刺激して、血管を収縮させ、体の表面だけを急激に温めてバリアを作ってしまいます。その為、体を芯から温めることができず、お風呂上がり、すぐに体が冷えてしまいます。

湯船につかるお湯の温度は38~40℃くらい、少しぬるいと感じるぐらいのお湯にじっくり入る方が、体の芯から温まり、さらに汗も出て代謝がよくなり、お風呂上がりに冷えにくく、湯ざめもしません。

・下半身を中心に温める
入浴でも、肩までつかる全身浴より、下半身を中心に温める方が、体全体が温まります。

体のエネルギーである気は、下から上がっていって、いったん上がると下がることがないので、全身浴では、上半身だけ先に温まってしまい、足元が温まることがありません。

上半身だけ熱いのぼせの状態では、全身を温めることはできません。下半身を中心に温めることが重要です。

●お風呂上がりは、下から着る
お風呂上がりに体を冷やさない為に、風呂上がりには下半身から着るようにして、下半身から体温が逃げないようにすることがポイントです。

まずは靴下、ズボンを履くようにし、極端な話、暑ければ下さえ履いていれば、上半身は裸でもいいぐらいです。パジャマを着て、さらにその上にモコモコのガウンなどを着て、素足でいる、というのが一番NGです。風呂上がり、まずは靴下から履く習慣をつけて下さい。

入浴2

正しい半身浴のやり方、その効果

半身浴は冷えを改善するだけでなく、代謝がよくなるので、ダイエットにも効果的です。よく勘違いする方が多いですが、汗をかくから痩せるのではなく、代謝があがることで太りにくく痩せやすい体質になる、ということです。その為、即効性は期待できませんが、続けることで、体質から変えることが可能です。

さらに女性にとって辛い生理痛などの緩和にも効果的です。更年期による不定愁訴なども、下腹部の血のめぐりをよくする半身浴で改善されます。

さらにぬるめのお湯につかることで、副交感神経の働きを高め、血管が広がり、筋肉がリラックスして、血液が全身にスムーズにめぐるようになり、ストレスで疲れた神経をやわらげ、安眠できるようになります。

睡眠

<効果的な半身浴のやり方>
1.38~40℃のお湯を、湯船に正座する、もしくはふろ椅子に腰かけて、みぞおちの下ぐらいにくるまでの量を入れる
2.湯船に20~30分浸かる(正座or風呂椅子に腰かける)
3.浸かっている間にお湯の温度が下がってきたら、さし湯をしてお湯の温度を一定に保つ
4.風呂からあがったら、よく汗をふき、靴下、ズボンなど下から着る

38~40℃はあくまでも目安で、ややぬるくて、自分が心地よいと感じる温度でOKです。みぞおちの下までお湯につかり、上半身は出ている為、最初は寒く感じるので、予め風呂の中をお湯の蒸気で温めておいたり、肩からバスタオルをかけるなどして、寒さ対策をして下さい。

最初は寒い、と感じるかもしれませんが、20~30分つかっていると、だんだん暑くなってきます。半身浴が終わった頃にはポカポカで、まだ汗が出ている状態なので、半身浴後は、下半身はすぐ洋服を着て、上半身は汗が乾くまではタオルをかけておくだけでもOKです。

さらに半身浴の効果を上げるのが、途中で水を口に含むことです。体が十分に温まったら、水を口に含んでグチュグチュと噛み、吐きだします。この行為をするだけで、水の代謝をつかさどる脳へ「これから水が入る」という信号が送られ、脳は水が入るから汗を打出そう、という指令を送り、発汗が促されます。

水の代謝機能がよくなり、体にたまった余分な水分が体から出ていきます。のどが渇いているなら、少し水を飲んでもOKです。

スポンサーリンク

入浴と同等の効果が得られる足湯のやり方

毎日、湯船にお湯を溜めて入浴するのは面倒、という方は、入浴と同等の効果が得られる足湯がオススメです。

面倒なのはもちろん、風邪をひいている、体調が悪い、ケガをしているなど、何らかの理由で入浴できない時にもオススメです。

<足湯のやり方>
1.両足が入るバケツに38~40℃のお湯を、足首の上くらいにくる量を入れ、さらにコップ半分の粗塩を入れる
2.椅子に座って、バケツの中に両足の指先から静かに入れる
3.5分たったら、膝頭(ひざがしら)の下にある足の三里のつぼの高さにくるように、38~40℃のぬるま湯を足して、もう5分足をつける
4.合計で10分足をつけたら、いったん足を出してタオルでふき、塩を入れていないぬるま湯につけて、足の塩分を落とし、再度タオルでよく拭く

たった10分、足湯をするだけでも全身がポカポカと温まり、汗が出てくるほどです。その為、足湯をする際は、上半身は薄着、さらに汗が拭けるようにタオルを用意しておきます。

塩をコップ半分入れることで、体の老廃物を出してくれる効果があります。手軽にできる足湯なので、湯船につかるのが面倒、という方はぜひ実践してみて下さい。足先、腰など下半身の冷えがとれ、足も疲れにくくなるのが実感できるはずです。

フットバス

自分では冷え症じゃない、と自覚のない方でも、湯船につからずシャワーだけで済ませていると、いつの間にか体に冷えを溜めこんで、冷え性になっていることがあります。また、夏でもクーラーによる冷え、冷たいものの食べすぎ、飲みすぎで、体が冷えています。

女性にとって冷えは大敵です。あらゆる病気、体調不良の引き金になるだけでなく、代謝が悪くなり、太りやすくなります。自覚のない方でも、湯船につかるようにして、冷えを溜めこまないようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加