エストロゲンを増やす方法、更年期障害の改善方法

女性は、女性ホルモンのエストロゲンの減少により、更年期障害と呼ばれる様々な不調が起こります。

頭痛おあばさん1

更年期障害を改善するには、エストロゲンを増やす必要があります。更年期障害の治療法や改善方法について、詳しくまとめました。

Sponsored Link

エストロゲンとは?

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2つがあり、エストロゲンは、乳腺や子宮に作用して、女性らしさをつかさどり、妊娠、出産などに関わる他に、血液にのって体中をめぐり、心臓や血管、骨、皮膚など、生殖と無関係な臓器や組織にも作用して、女性の体の様々な機能を正常に保つ為に、重要な働きをしています。

女性は40代後半から更年期に入る頃に、エストロゲンの分泌量が急激に減少し始め、視床下部が混乱し、心や体に様々な変化が起こり、更年期障害と呼ばれる不調が起こり始めます。

子宮1

更年期障害の主な症状

更年期障害は、心身に様々な影響を与えます。

・のぼせ
・発汗
・動悸
・頭痛、肩凝り
・緊張
・抑うつ気分
・意欲低下
・情緒不安定
・手のこわばり
・筋力低下
・関節痛、しびれ
・皮膚のかゆみ、乾燥、湿疹

また、これらの症状の他に、エストロゲンの減少によってかかりやすくなる病気もあります。

・狭心症
・心筋梗塞
・骨そしょう症

エストロゲンが減少すると、コレステロール値が上昇したり、血管の弾力性が低下したりする為、脂質異常や高血圧になり、コレステロールが血管壁に沈着して動脈硬化が進行し、このような虚血性心疾患の原因になることがあります。

また、エストロゲンは骨の代謝に深く関わっていて、骨の量や質を一定の状態に保つ為に重要な働きをしている為、エストロゲンが減少すると、骨の形成とカルシウムの吸収のバランスが崩れ、骨がスカスカの状態になってしまいます。

スポンサーリンク

更年期障害の治療法

更年期障害の症状がひどく、治療が必要な場合は婦人科を受診します。

更年期障害の治療は、薬物療法精神療法があり、薬物療法では、減少したホルモンを補うホルモン補充療法が行われます。

ホルモン補充療法には副作用がある為、副作用があって使えない、または使いたくない場合は、自律神経調整薬、漢方薬などを用いることもあります。

精神症状が中心の場合は、抗うつ薬、抗不安薬などが用いられます。

薬1

エストロゲンを増やす方法

更年期障害を引き起こすのは、先でも述べたように女性ホルモンであるエストロゲンの急激な減少です。

その為、エストロゲンを減らさない、増やすことが更年期障害の改善法になりますが、エストロゲンを増やす方法は、病院でのホルモン補充療法以外ではありません。

ですが、大豆に含まれる大豆イソフラボンに、エストロゲンに似た構造を持つ物質が含まれているので、大豆を積極的に摂取することで、更年期障害の不調の改善、予防などに役立つと言われています。

また、大豆イソフラボンは、脂肪の燃焼を促し、傷ついた血管を修復する作用があると言われるアディポネクチンや、代謝や筋肉づくりと関わり、加齢とともに減少するHDEAという物質を増やす、という研究報告もあります。

大豆

更年期障害の症状を改善する方法

更年期障害の不調は、生活習慣の見直しなど、日々のセルフケアで改善することができます。

●適度な運動
運動をすることで、更年期からの不調をやわらげることができます。エストロゲンの減少によるのぼせ、発汗、肩凝り、不眠などの症状を軽減したり、代謝の良い体を作り、生活習慣病の予防や骨粗しょう症の予防、心理的なストレスの解消、積極性を取り戻す効果もあります。柔軟性や持久力、筋力を高める運動をうまく組み合わせて、週に2~3回で良いので、継続することが重要です。

●しっかり睡眠を取る
睡眠には大脳を休ませる役割があります。体の疲労は、体を動かさずに休息することで取り除くことができますが、大脳に蓄積された疲労は、睡眠をとることでしか回復しません。睡眠不足が続くと、体内のホルモン分泌や自律神経機能に大きな影響を及ぼし、健康を保つ為にも、しっかり睡眠を取ることが欠かせません。

更年期になると、寝付きが悪くなったり、夜中になって何度も目が覚めたり、朝早くに目が覚めてしまうなど、質の良い睡眠が取りにくくなります。規則正しい生活を送って体内リズムを整え、毎日同じ時間に睡眠を取ることが重要です。

●アロマテラピーを取り入れる
天然の花や葉、樹木や果実などには、様々な効果効能があり、心と体を本来の正しいバランスに戻そうとする働きがあり、ホルモンバランスの変化によって起こる不調の緩和に役立ちます。

精油の働きを不調の緩和に役立てるなら、100%天然のものを選ぶと安心です。症状別にオススメの精油がありますが、自分が好きな香りを選ぶのもポイントです。

アロマ4

更年期障害の症状、重さは人それぞれです。まずは生活習慣の見直しをしてセルフケアを行い、それでも症状が改善されないなど、日常生活に支障をきたすようなら、我慢をせずに、婦人科などで治療するのも検討してみて下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。