冷え性を改善する方法、効果的な漢方薬などのまとめ

冷えは万病の元、と言われるほど、冷え性は様々な体の不調を引き起こします。現代生活は、昔に比べると冷えをもたらしやすい生活様式になっている為、冷えで悩む女性が多くなっていると言われています。

冷え

冷え性を改善する方法や、冷え性に効果的な漢方薬などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

冷えは万病のもと??

先でも述べたように、冷えは万病のもと、と言われ、以下のような不調を引き起こします。

・肩凝り
・腰痛
・偏頭痛
・倦怠感
・便通異常
・やる気がない
・抑うつ
・イライラ
・不眠
・肌のくすみ
・さめ肌

このように、心身だけでなく、美容面にまで影響を及ぼします。

また、体の免疫機能は深部体温が37度前後で働くようにできていて、体温が低いと免疫機能がうまく働かない可能性があります。その為、体温が低いとがんを発症したり、かぜなどの感染症にかかりやすくなる、などのリスクもあります。冷えを軽く見てはいけません!

冷え性と自覚のない方でも、冷たいものの摂り過ぎ、クーラーの当たり過ぎなどで隠れ冷え性になっている可能性もあります。

冷え1

隠れ冷え性のチェック方法

冷え性は、冬になると手足が冷えて眠れない、などの自覚がある方もいますが、自覚がない隠れ冷え性の場合もあります。

以下の項目から、当てはまるものにチェックを入れてみて下さい。

□お風呂に入ると、気になる症状が改善する
□カイロを使うと調子が良い
□下着、靴下を重ね着している
□入浴後に尿意を催しやすい
□寒い季節になると、寝付きが悪くなる
□寒い季節になると、体が重くやる気がなくなる
□風邪をひきやすくなった

これらの項目の中で、半数以上にチェックがついた人は、隠れ冷え性の可能性があります。

チェック項目

冷え性には3つのタイプがある

冷え性とひと口に言っても、冷え性の中にも3つのタイプに分かれます。以下のチェック項目で、5項目以上当てはまるものがあれば冷え性の可能性が高く、その冷えタイプになります。また、複数のタイプが混合している場合もあります。

スポンサーリンク

血行不良タイプ

□手足や足に冷えを感じる
□冷えとのぼせが両方ある
□肌が荒れやすい
□霜やけができやすい
□肩が凝りやすい
□目の下にクマができやすい
□便秘がち
□寝る時、靴下を履いている
□唇が紫色をしている
□腰痛になりやすい

血行不良の為に、体の中心部で作られた熱が末端まで行き渡らず、手足が冷えるタイプです。ストレスにより血管の働きを調整する自律神経が乱れていることが原因も場合もあります。

胃腸虚弱タイプ

□おなかの周りに冷えを感じる
□腹巻きをすると調子が良い
□肌が黄色い
□肌に張りがない
□胃がもたれやすい
□おなかが張ったり、痛くなりやすい
□すぐに下痢をする
□食後に眠くなりやすい
□甘いものをとることが多い
□冷たいものをとると調子が悪くなる
□トイレが近い

胃腸が弱かったり、暴飲暴食やストレスで胃腸が弱っていたりするために、食べ物が消化できず、体のエネルギーとなる栄養を取り込めない状態です。むくみが生じることも多いタイプです。

新陳代謝低下タイプ

□背中や全身に冷えを感じる
□寒気がする
□肌が青白い
□肌にツヤがない
□いつも体がだるい
□風邪をひきやすい
□便秘も下痢もある
□よく寝汗をかく
□電気毛布を愛用している
□平熱が低い(36度以下)

体全体の機能が低下し、エネルギーを生み出しにくいことが原因で冷えています。背中、全身に冷えを感じやすいのが特徴です。疲労困ぱいの時にも見られます。

冷えタイプ別の改善法とオススメ漢方薬

冷えのタイプによって、対策法が異なります。さらに冷え性改善には漢方薬もオススメですが、処方される漢方薬も、冷えタイプによって異なります。タイプ別の対策法とオススメ漢方薬は以下の通りです。

薬剤師

血行不良タイプ

・こまめに体を動かすようにし、ストレッチ、体操、運動などで体の血行を良くする
・重ね着する
・きつい下着はつけない
・素足は避け、靴下を履いて足元を温める

漢方薬は、当帰(とうき)、紅花(こうか)、川芎(せんきゅう)、艾葉(がいよう)などの生薬が使われ、処方では、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、四物湯(しもつとう)、芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)などがオススメです。

胃腸虚弱タイプ

・のど八分目を心がける(飲み物のガブ飲みはせず、少しずつ口に含ませる)
・消化のよいものを食べる
・腹巻きをする

漢方薬では、生姜(しょうきょう)、山椒(さんしょう)などの生薬が使われ、処方では、大建中湯(だいけんちゅうとう)、人参湯(にんじんとう)、六君子湯(りっくんしとう)などがオススメです。

新陳代謝低下タイプ

・湯船につかり、全身を温める
・筋肉を鍛える、運動を心がける

漢方では、附子(ぶし)などの生薬が使われ、処方では、真武湯(しんぶとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、八味丸などがオススメです。

冷えのタイプ別の改善法、オススメ漢方薬は、上記で紹介した通りですが、タイプに関係なくオススメなのが、入浴、半身浴、足湯などです。冷え性改善の為の効果的な入浴のやり方、半身浴の方法などはコチラの記事に詳しく説明してあるので、ぜひ参考になさって下さい。

入浴2

冷えは万病のもと、と言われるように、様々な心身の不調を引き起こします。また、冷えは女性だけのもの、という訳ではなく、男性にも冷えは起こります。特に年齢を重ねるにつれて、筋肉量の低下によって冷えを感じやすくなる為、体を冷やさないよう、男性でも注意が必要です。

自分がまずどの冷えのタイプかを知り、タイプに合わせた改善法を実践して、冷えの改善、予防に努めて下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加