男性の不妊検査、何科を受診?健康保険は適用?検査内容などのまとめ

不妊や不妊治療と聞くと、女性のもの、というイメージがあるかも知れませんが、不妊症の原因には、約半分に男性が関与しています。その為、不妊の検査を受ける場合は、女性だけでなく、男性女性二人一緒にに検査を受けることが必要です。

妊婦1

男性の不妊症の検査は何科を受診するのかや、検査内容や男性不妊の主な原因などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

男性の不妊検査、何科を受診する?

通常、男性が不妊症の検査を受ける場合は泌尿器科を受診します。検査費用は健康保険が適用されます。

まずは精液の状態を調べる精液検査を複数回受けることになります。

基本的には、検査日の数日前から禁欲をして、検査日当日に医療機関で自分で精液を採取しますが、都合がつかない場合は、自宅で採取した精液を奥さんが婦人科へ持参して検査を受けることも可能です。

ただ、精液は採取してから時間がたつにつれて、活動性が低下してしまうので、正確な診断が難しくなる為、可能な限りは、本人が医療機関で採取するのが望ましいです。

病院2

精液検査で調べることとは?

精液検査では、WHOの基準をもとに、次の項目について調べられます。

・精液の量
1回の射精で、精液の量が1.5ml以上かどうかを調べる

・精子の数
精子の数が精液1ml中に1500万以上あるかを調べる

・精子の活動性
精氏が卵子にたどりつくには、まっすぐに進む力が必要で、精子の活動性を見て、活発に動いている精子が、全体の40%以上あるかを調べる

・精子の形
精子の中には、極端に頭が大きいものや頭が2つあるものなどがあり、形の良い精子が全体の4%以上あるかどうかを調べる

これらの基準はあくまでも目安です。その為、基準値を下回っていても妊娠することもあります。また、精子の状態は、採取した時の心身の状態によって異なる為、通常は複数回検査を行ってから不妊症かどうかを診断します。たった1回の検査結果に、一喜一憂する必要はありません。

スポンサーリンク

精液検査の次の検査は?

精液検査を行い、不妊症が疑われる場合は、次に以下のような様々な検査が行われます。

・精巣の大きさ
一般的に精巣の大きさは精子の数に比例すると言われていて、精巣が小さすぎる場合は、精子の数も少ない、と考えられています。

・精巣の炎症の有無
尿中の細菌やおたふくかぜのウイルスなどが原因で精巣に炎症が起こると、精子を作る機能が低下することがあります。

・精索静脈瘤の有無
精索静脈瘤は、精子を作る機能を障害する代表的な病気で、精巣から心臓へ流れる静脈の血流が悪くなり、うっ滞した血液によって静脈の一部がこぶ状に膨れるものです。静脈瘤にたまった血液によって精巣が温められる為、精子を作る機能が低下します。

・ホルモンの値
生殖能力に関わるホルモンの分泌量を調べます。ホルモンバランスが崩れていると、精子を作る機能が低下します。

試験管

男性不妊の原因とは?

男性の不妊症の原因の8~9割を占めるのが、精子を作る機能の問題です。精子は精巣で作られていますが、精巣が小さいことや、病気などが原因で精子がまったくなかったり、少なかったり、動きが悪かったりすることがあります。

その他にも、精子の通り道である精管が狭くなっているなどの精子の輸送経路に問題がある場合や、勃起障害、射精障害といった性機能に問題があることもあります。

男性の不妊症の治療法

不妊症と診断され、原因がわかっていれば、原因に対する治療が行われます。

精索静脈瘤がある場合、静脈瘤を塞ぐ手術、何らかの原因で精巣が炎症を起こしている場合、炎症を抑える為の薬物療法、精子の輸送経路に問題がある場合、それを改善する手術などです。

勃起障害は、勃起障害改善薬の使用で、高い効果を得られることができます。

薬の副作用による不妊とは?

医療機関で処方される男性型脱毛症の治療薬の一部に、不妊症の原因となる副作用を起こすものがあります。

その為、その薬を服用している場合は、不妊治療の間は使用を控えるようにします。

薬1

原因不明の不妊症と治療法

不妊症の検査を受けても、原因が不明の場合があります。実際に、原因不明のことが多く、原因不明の場合には、精子の数や活動性を高める効果が期待できるビタミン薬や漢方薬を服用しながら、女性の排卵期に合わせて性交を行うタイミング療法が行われます。

1年ほど続けて妊娠しない場合は、人工受精→体外受精、顕微授精とステップアップ治療が検討されます。

nayami-1

男性は、女性に比べて不妊症の検査を受けることに抵抗がある、躊躇してしまう、という方が多いようです。

不妊症は検査だけでも、数ヵ月という時間がかかります。その為、不妊症を疑って検査を受けて、不妊症と診断されてから治療を開始するまでに、かなりの時間がかかるので、子どもを望む場合は、早めに検査を受けることが大切です。

特に女性には、妊娠・出産は年齢に限りがあり、さらに不妊治療は女性に負担が大きくかかります。男性側が躊躇している間に、妊娠のチャンスを逃してしまうかもしれない為、妊娠を望んで1~2年たっても妊娠しない場合は、早めに検査を受けることが推奨されます。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。