アトピー性皮膚炎、ステロイドを使うとひどくなる?副作用は?

アトピー性皮膚炎の治療で使われるステロイド外用薬は、謝った情報が多すぎ、先入観、謝った情報に振り回されている方が少なくありません。

塗り薬1

ステロイド外用薬の気になる副作用や正しい使い方、症状のコントロール方法、やめ方、減らし方などについて、詳しくまとめました。

Sponsored Link

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の治療法は、

・皮膚バリアを強くする為の正しいスキンケア
・ダニ、ほこりなどの悪化因子の除去
・炎症、かゆみを抑える薬物療法

が、3本柱となります。

皮膚の炎症、かゆみを抑える薬物療法で使われるステロイド外用薬に関して、謝った情報、先入観が多く、硬くなに使用を拒否している、という方も少なくありません。

また、自己判断で勝手に使用をやめてしまったり、正しく使えてないことで、治らない、症状をかえって悪化させてしまっている、という人も多いようです。

ステロイドと聞くと、あまりいいイメージがないように思っている方が多いようですが、ステロイドは科学的に効果が証明されていて、医師の指示通り、正しく使えば、症状をコントロールすることが可能です。謝った情報、先入観などに振りまわされずに、医師に指示通りに正しく使うことが、症状改善への近道です!

医者5

ステロイド外用薬の気になる副作用とは?

ステロイドを使いたくない、ステロイドを使うのは怖い、と思っている方は、副作用の事を心配していますよね?実際、ステロイドには以下のような副作用があります。

・皮膚が薄くなる
・にきびができる
・毛が濃くなる
・血管に作用して、毛細血管が拡張する
・血管壁に作用して、あざ(皮下出血)ができる

これらの副作用は、特に顔に現れやすいです。その為、顔に塗るステロイド外用薬に関しては慎重に薬が選択され、ステロイドと同程度の効果でも副作用の少ないタクロリムス外用薬が選択されることもあります。

スポンサーリンク

ステロイドの副作用で肌が黒ずむ?

ステロイド外用薬の副作用は上で紹介したものです。ステロイドの謝った情報で、

・肌が黒ずむ
・皮膚が硬くなる
・皮膚が厚くなる
・体にステロイドの成分が蓄積する

などの副作用が出る、と言われることがありますが、このような副作用が出ることは考えられません。

ステロイド外用薬を長期間に渡って使用すると、逆に皮膚が白く薄くなることがありますが、黒くなったり、硬くなったり、厚くなることはありません。

このような間違った情報が流れるのは、ステロイドの間違った使い方、例えば自己判断で勝手に薬を塗るのをやめてしまったり、塗る量が少なかったりするなどして、薬の効果が十分得られず、炎症が長く続いて、長い時間をかけて、皮膚が厚くなったり、硬くなったり、黒くなっている為です。

ステロイド外用薬が正しく使えておらず、アトピー性皮膚炎が悪化、重症化していて、症状が強く出ているものが、ステロイド外用薬の使用による副作用と間違えられているのです。

また、ステロイド成分が体に蓄積するのでは?という心配も必要ありません。現在使われているステロイド外用薬は、皮膚から体の中に吸収されても、速やかに分解され、体外に排出されます。

ステロイドの使用を中止すると、体の中に蓄積されたステロイドの毒素が出て、一時的に症状が悪化する、肌がボロボロになる、というのもの謝った情報で、ただステロイドの使用を中止して、症状が悪化しているだけです。毒素が出きった後に、きれいな肌になる、ということはありません。

ステロイド

ステロイド外用薬によるコントロール方法

ステロイドはいつまで使い続けるの?という疑問ですが、医師の指示に従うことが大切です。決して、自己判断で勝手に使用をやめたり、量を減らしてはいけません。

基本的には、症状が落ち着いてきたら、塗る回数を毎日から2日に1回、3日に1回、1週間に1回など、徐々に減らしていきます。塗る回数を減らしながら使い続けると、良い状態を長く保つことができるようになります。

軽症、中症の方なら、最終的にはスキンケアだけでも良い状態を保つことが可能になります。重症の方でも、少量の薬で症状をコントロールできるようになります。

薬の回数を減らすほかに、ステロイドのランクを下げたり、タクロリムス外用薬に変更れることもあります。

薬を減らしている段階で悪化の兆しがあった場合は、薬を使う頻度を増やし、落ち着いたらまた減らす、という方法を続けて、症状をコントロールしていきます。自己判断で勝手に使用を中止するのは絶対にNGです。一見、肌がキレイに見えても、まだ皮膚の下では炎症が続いているので、薬の使用をやめると、すぐに再発して症状が悪化してしまいます。

中途半端にステロイドを使う、やめる、使う、やめる、を繰り返していると、再発を繰り返しながら、さらに症状が悪化していきます。

医者2

ステロイド外用薬、正しい塗り方

ステロイド外用薬を塗る時のポイントは、皮膚にのせるようたっぷり塗ることです。触るとベタベタして、ティッシュペーパーが張りつくぐらいにしっかり塗ります。

逆に肌にすりこむように塗るのはNGです。すりこむように塗ると、炎症して盛りあがっている部分に薬が行き渡りません。

いつも処方された薬が余る、多すぎると感じる、という場合は、塗る量が足りていないことが考えられます。

炎症がひどい場合は、朝、晩と1日2回塗るようにして下さい。

塗り薬2
アトピー性皮膚炎の治療は根気が必要です。間違った情報に振り回されて、自己判断で勝手にやめたり、減らしたりすると、治らないどころか、かえって症状を悪化させてしまいます。医師の指示に従い、正しく根気よく治療を続けて、症状をコントロールするようにして下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。