ピロリ菌が胃がんの原因?ピロリ菌除去治療に健康保険は適用?

胃がんの原因として最も重要視されているのが、胃に住みつくピロリ菌です。(ピロリ菌=ヘリコバクター・ピロリ)何と胃がんになった人の約99%が感染しています。

胃もたれ

ピロリ菌の検査方法や除去する為の治療方法、成功率、胃がんとの関係性などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

ピロリ菌が胃がんの原因?感染経路は?

先でも述べたように、胃がんになった人の約99%がピロリ菌に感染しています。

ピロリ菌は正しくはヘリコバクター・ピロリと言います。ピロリ菌は自然界にはほとんど存在しない細菌で、主に人の体内に生息しています。それが口から侵入して、胃の粘膜に住みつき、感染するのは、免疫の弱い5歳頃までです。

ピロリ菌の感染経路は、上下水道が十分に整備されていない時代に、井戸などの不衛生な水を飲むことで感染が起きたと考えられています。その為、感染者の割合は高齢の人ほど多く、60歳以上の7割ほどが感染していると言われており、感染率は若くなるほど低くなります。

ピロリ菌が胃がんの原因となるのは、ピロリ菌の毒素により、胃炎が起きる為です。ピロリ菌は胃の粘膜に生息し、胃酸から自らを守る為、アルカリ性のアンモニアを産生しています。ピロリ菌が長い間住みついていると、菌が出す毒素で粘膜が障害され、炎症が起こります。この状態をピロリ感染胃炎といいます。

胃炎が続いていると、障害された部分が修復しきれなくなり、さらに深くえぐれ、胃潰瘍になります。そして胃炎で弱った粘膜に、胃がんが発生しやすくなるのです。

ピロリ菌に加え、塩分の摂り過ぎや喫煙、加齢など、その他の危険因子が加わると、さらに胃がんが発生するリスクが高くなります。

ピロリ菌

ピロリ菌の検査方法

先でも述べたように、60歳以上の7割がピロリ菌に感染しており、ピロリ菌に感染していると胃がん発生のリスクが高まるので、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査を受けることが推奨されています。

ピロリ菌に感染していると、胃の痛み(特にみぞおちあたり)の症状が現れますが、感染していても症状が現れない場合もあります。

検査を受ける目安は、

・40歳以上になったら
・みぞおちの痛みなど症状が現れたら
・身近な人に胃がんの人がいる

などです。

病院2

ピロリ菌の検査は、以下の検査方法があります。

・内視鏡検査
内視鏡で胃の表面を観察し、内視鏡検査で判断できない場合は、内視鏡で粘膜の組織を採取して、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。

・尿素呼気試験
通常の呼気と、尿素を含む検査薬を飲んだ後の呼気を比較するものです。ピロリ菌は尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する為、感染していると、検査薬を飲んだ後の呼気に特殊な二酸化炭素が多くなります。

・抗体検査
血液、または尿の中にピロリ菌の抗体があるかどうかを調べる検査です。

・便中抗原検査
ピロリ菌の一部は便として排泄される為、便の中にピロリ菌がいるかどうかを調べる検査です。

胃の痛みがある場合は、ピロリ菌の他に、胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの可能性もある為、内視鏡検査を受けることになります。

特に症状がなく、ピロリ菌感染の有無を調べる場合は、胃がんをより正確に見つける為に内視鏡検査、それ以外のピロリ菌検査の順に受けることが勧められます。内視鏡以外のピロリ菌検査、内視鏡検査の順に受けると、健康保険適用外となります。

スポンサーリンク

ピロリ菌の除去治療法、成功率は?

ピロリ菌に感染していた場合は、除去治療が行われます。ピロリ菌の除去治療は、2種類の抗菌薬と、胃酸の分泌を抑える薬を1日2回、計7日間服用します。(アモキシシリン、クラリスロマイシン、メトロニダゾール、プロトンポンプ阻害薬)

服用終了後に4週間以上あけて、ピロリ菌の検査を受け、ピロリ菌の除去が成功したかどうかを調べます。まだピロリ菌がいた場合は、抗菌薬の1種類を別の抗菌薬に変えて、再び3種類の薬を7日間服用します。

ピロリ菌除去治療の成功率は、

1回目  70%
2回目  90%

となっていて、2回目までに約97%の人が除去に成功します。2回目までの治療は健康保険が適用されますが、3回目以降は健康保険は適用されません。ただ、3回目の治療まで行うと、成功率は約99%になります。

抗菌薬によって、アレルギー性のショック症状が起こることがありますが、このような症状が起こるのは、極めてまれなケースです。ピロリ菌除去治療中に、体の異変が起きた場合は、すぐに受診するようにして下さい。

薬1

ピロリ菌の除去が成功すると、胃がんのリスクはなくなる?

ピロリ菌の除去治療が成功すれば、胃の粘膜はきれいになる為、胃がんのリスクはある程度は低下しますが、長年、ピロリ菌の感染で粘膜はダメージを受けています。その為、ピロリ菌の除去治療が成功したからと言って、胃がんのリスクが完全になくなった、という訳ではありません。

その為、ピロリ菌除去治療後でも、定期的な内視鏡検査が推奨されています。

医者2

ピロリ菌の感染年数を短くすることで、胃がん発症のリスクを低くすることができます。その為、なるべく早めにピロリ菌感染有無の検査を受ける事を検討して下さい。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。