薬をお茶で飲むのはダメ?食前とは何分前?薬の正しい飲み方

薬を飲むのは水が最適なのか?お茶で飲むのはダメなのか?や、飲むタイミング、時間帯など、正しく理解できていますか?

薬1

薬の効果を最も得る為には、正しく飲むことが大切です。基本的な薬の飲み方などについてまとめました。

Sponsored Link

薬を飲むタイミング、時間帯、正しく理解していますか?

薬を飲むタイミングや時間帯など、食後や食前、食間などと指示がありますが、正しく理解できていますか?薬を飲むタイミングや時間帯が指定されているものは、最も効果が得られるように設定されている為、正しいタイミングで服用することが大切です。

●食前とは?
食前とは食事を摂る30分前です。食前と指定されている薬は、胃の中に何もない時に最も吸収されやすい性質を持っているものです。胃の中に食べ物がある食後では、薬の成分が十分に吸収されない為、食事前に吸収が終わるよう、30分前がベストです。

●食直前とは?
食事を摂る5~10分前のことです。糖尿病の薬などに多く、薬が吸収されて効き目を発揮するピークを食事から糖が吸収されるピークに合わせることで、薬の効き目が正しく発揮されます。

●食後とは?
食事が終わってから30分以内が食後です。かぜ薬や痛み止めなどの薬は、空腹の時に服用すると胃が荒れる恐れがある為、胃の中に食べ物が入っている状態で服用します。

胃が荒れる恐れがなかったり、食事の影響を受けない薬でも、毎日規則的にとる食事のあとに服用するよう設定することで、飲み忘れを防ぐことを目的として、食後の服用が支持されることもあります。

●食間とは?
食事をとっている最中と間違って理解している方も多いようですが、正しくは食事と食事の間のことを意味しています。昼食が12時、夕食が6時の場合は、午後3時ぐらいに飲みます。

漢方薬や胃の粘膜を保護するような薬に、このような指示が見られます。

●就寝前とは?
寝る約30分前に飲むものです。睡眠薬や睡眠導入剤などに多く見られます。1日のすべての用事を終えて、あとは寝るだけ、という状態になってから薬を服用するようにします。

就寝前と指示されている薬は、薬を飲んだ後に動き回ったり、頭を使うような仕事や作業をすると、薬が効きにくくなることがあります。

●頓用(とんよう)とは?
食事とは関係なく、症状が起こった時にいつでも飲んでOKの頓服薬のことです。痛み止めや下痢止め、咳止めなどの薬の多く見られます。

頓用は効き目を発揮するまでに時間がかかるものが多く、薬の効き目が出るのを待たずに何回も服用すると、薬の量が増えて、副作用が出る恐れがあります。次の服用までは何時間以上空けるなど、指示通りに飲むことが大切です。

サプリ

薬は水で飲む?お茶で飲むのはダメ?

薬を開発する段階で、薬の吸収率は水で服用した時のものを調べて調整されています。その為、薬は水で服用するのがベストです。

さらに多くの薬は温度が高いとよく溶ける性質がある為、冷たい水よりも常温の水人肌(37℃前後)のぬるま湯が良いです。

分量はコップ1杯(150~200ml)程度で飲むようにします。

薬4

高齢者の場合は、食道の内容物を胃に移動させる蠕動運動が衰えている為、食道に薬がひっかかって粘膜を障害したりすることがある為、多めの水で飲むようにします。

また、薬は横になったままで飲むと、水が胃に流れこみにくい為、体を起こして飲み、胃に送りこむようにします。

薬の服用時間が食後に指示されているものだと、つい食後に飲むお茶でそのまま薬を飲んでしまう、という方も多いかもしれませんが、カフェインを含むもので飲むと、カフェインの覚醒作用が薬の効き目を相殺してしまうこともある為、お茶で飲むのはオススメはできません、やはり水がベストです。

特に注意が必要なのが、お茶やコーヒー、栄養ドリンクなどのカフェインを含むもの、牛乳などです。

スポンサーリンク

薬の副作用

薬には副作用があり、

・胃のむかつき
・便秘
・口が乾く
・重い肝障害
・急性腎不全
・間質性肺炎
・アナフィラキシー

など多岐に渡ります。

薬の有効成分は肝臓で分解されたり、そのまま腎臓を通って尿として排泄されます。肝臓や腎臓の機能が衰えている高齢者や、肝臓や腎臓の病気がある人だと、薬が体外に排出されるのが遅くなり、薬の成分が体内に残って副作用を起こしやすいと言われています。

今まで、薬の服用で副作用を起こしたことがある場合は、あらかじめ医師に伝えることが大切です。

重い肝障害、急性腎不全、間質性肺炎、アナフィラキシーなどの命に関わるような重篤な副作用は、最初は軽い症状で始まることが多いと言われています。飲んだ後に発疹が出たり、体調が悪いなど、異変を感じた場合は、すぐに担当医、薬剤師に相談するようにしましょう。

薬5

薬を服用する為の指示は、薬の効果を最も得る為のものです。指示を正しく守り、薬を有効に使うようにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。