指がカクンとなるのはばね指かも?腱鞘炎の症状や種類などのまとめ

パソコンやスマートフォン、ゲーム機の使いすぎで、腱鞘炎になる人が増えています。腱鞘炎は、手のどの部分に起こるかによって、いくつかの種類があり、症状の現れ方も異なります。

手

腱鞘炎の種類や症状、治療法などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、手と指の曲げ伸ばしの働きを担う腱と腱鞘に炎症が生じるもので、手の痛みの原因となる最も多い病気です

腱鞘炎とひとくちに言っても、手のどの部分に起こるかによっていくつか種類があり、代表的なものにばね指」「ドケルバン病があります。また、乳児に起こる腱鞘炎の一種に強制母指というものもあります。

ばね指は指に症状が起こり、ドルゲバン病は手首に症状が起こりますが、指と手首は同時に使われることが多い為、どちらにも炎症が生じて、ばね指、ドケルバン病を併発することも珍しくありません。

スマホを使う手

ばね指とは?どんな症状

ばね指は、その名の通り、曲げている指を伸ばそうとする時に、ばねのようにカクンと急に戻ってしまう症状が現れるものです。

炎症によって腱鞘の内部が狭くなり、その中を腱が移動する時に引っかかり、指がスムーズに曲げ伸ばしできなくなります。指を無理に伸ばそうとすると、腱と腱鞘がこすれ合う為、痛みが生じます。

・指がカクンとはねる(伸びる)
・手のひら側の付け根部分を押した時に痛みがある

この症状があれば、ほぼ「はね指」と診断されます。

ばね指が最も起こりやすいのが親指で、ばね指を患っている患者の半数を占めます。親指の次に多いのが中指です。

ばね指は利き手ではない側にも発症します。

ドケルバン病とは?どんな症状?

ドケルバン病は、親指を動かすと、手首の親指側に痛みが起こり、ばね指と異なるのは、引っかかりを感じることが、ほぼないことです。

ドケルバン病と間違われやすいのが、同じく親指の付け根が痛む母指CM関節症で、原因が異なる為、区別が必要です。

スポンサーリンク

強制母指とは?どんな症状

強制母指は乳児に起こる腱鞘炎の一種で、親指の第一関節が曲がったままで伸びなくなるという症状が起こり、原因は不明です。

新生児の頃はわかりにくいですが、生後3カ月以降になって、親が指を伸ばそうとしても伸びなかったり、親指の付け根に触るとしこりを感じたりして発見されるケースが多いです。

多くの場合、自然治癒する為、患部を安静にして経過を観察するのが治療の基本となります。小学校入学前までに治らないようであれば、生活に影響が出ないよう、手術が行われることもあります。

赤ちゃん1
腱鞘炎を発症しやすい人、原因は?

ばね指、ドケルバン病などの腱鞘炎を起こしやすいのは、主に手を酷使する人です。例えば、パソコン、スマホ、ゲーム機をよく使う人、楽器を演奏する人、手芸をする人などです

他にも、手指を酷使しなくても、更年期や妊娠、出産期の女性にも多く見られます。女性ホルモンのバランスの乱れによって、手足がむくみやすいことが関係しているのではないか、と言われています。

また、糖尿病関節リウマチなどの持病がある人、透析療法を受けている人にも起こりやすいと言われています。

マウスを持つ手

腱鞘炎の治療法、対処法

腱鞘炎が疑われる場合は、整形外科を受診して、適切な対処をしてもらうことが大切です。対処法には、以下のようなものがあります。

●安静にする
手と指の使いすぎが主な原因の場合、初期であれば多くは安静にするだけで症状は改善します。

日常生活で、まったく使わない、というのは無理だとしても、なるべく使わない、適度に休憩を取る、家族に助けてもらうなどの工夫をして、なるべく手と指の負担を減らすようにします。

●装具をつける
ドケルバン病で患部を安静にするのが困難な場合は、対立装具や手指を固定する装具を用いて患部を保護して、負担を減らす方法もあります。

装具は腱鞘炎が治った後でも、手指が完全に伸びなかったり、十分に曲げられなかったりした場合に、関節の硬さを改善する為に用いられることもあります。

●薬物療法
痛みや炎症、腫れが強い場合には、薬が使われます。軽度の腱鞘炎の場合は、消炎鎮痛薬の湿布を使ったり、塗り薬を使ってマッサージを行ったりします。

重度の場合には、局所麻酔薬とステロイド薬を腱鞘に直接注射します。通常は、3カ月~半年ほどは効果が持続します。1回の注射で痛みが治まることも多いですが、再び痛みが現れた場合は、数回注射を繰り返して行います。

●手術
安静にしたり装具を装着したり、薬物療法を行っても症状が改善しない場合には、腱鞘を切り開いて腱の通りをよくする手術が検討されます。

切開した腱鞘は開いたままになりますが、切るのはごく一部で、その部分が開いたままでも、ほかの腱鞘が機能を補完する為、手全体の動きには問題は生じません。

手術にかかる時間は20分程度で、術後1~2週間程度で手を使うことができるようになります。

病院2

職業柄、手指を酷使するのは仕方ないと言えますが、最近ではスマホの使いすぎで腱鞘炎になる人が増えています。手、指を酷使しすぎないよう、スマホやゲームはほどほどにしましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。