視野が欠けるのは緑内障?白内障との違い、症状などのまとめ

緑内障とは、徐々に視野がかけて行く病気で、失明につながることもある為、早期発見、早期治療が大切です。

目が疲れている女性1

緑内障の症状や治療法、さらに白内障との違いなどについてまとめました。

Sponsored Link

緑内障とは?

緑内障は、眼圧上昇によって視神経が障害されて、徐々に視野が狭くなる目の病気です。

40歳以上に1人、さらに60歳以上になると10人に1人に発症すると言われ、成人の失明原因の第1位になっています。

眼球1

緑内障の原因

緑内障は、眼圧の上昇で起こります。

眼圧は、通常は房水が作られる量と角膜の隅にある出口の隅角(ぐうかく)から流れる量のバランスで適度に保たれています。

しかし、隅角に目詰まりなどが起きると、目の中の房水の量が増え、眼圧が上がり、これによって視神経が障害され、緑内障が起こります。

眼圧が上がると、視神経が集まって脳に出ていく出口である視神経乳頭が圧迫される為、情報が脳に伝達されにくくなり、見えにくくなります。

日本人は、眼圧の範囲が正常であるにも関わらず、緑内障を発症している場合が7割以上です。眼圧が正常でも緑内障を発症する原因は明らかになっていませんが、日本人の人種的に視神経乳頭が弱いのではないか、と考えられています。

スポンサーリンク

緑内障の症状

緑内障は徐々に進行していく病気で、自覚症状がないまま進みます。

はじめは、視野の一部が欠け、徐々に欠けた部分が増えて視野が狭くなり、初期→中期→後期と症状が進んでいきます。

初期・・・一部分が少しかすむ
中期・・・もやが徐々に広がる
後期・・・霧の中にいるようにぼんやりする

典型的な緑内障は、左右の目の鼻側から視野が欠けていきます。ですが、両目で見ると互いに補い合ったり、脳が欠けている部分を補うなどの理由で、初期に視野が欠けていても気づかない場合が多いです。

特に、利き目でない方の視野の障害については、かなり進行するまで気づかない場合も多く見られます。

欠けた視野を元に戻すことはできません。その為、早期発見、早期治療が重要になります!!

医者5

緑内障を早期発見する為には??

緑内障は、初期には自覚症状がなく進行していくことが多い為、早期発見する為には、定期的に視力、眼圧、眼底、隅角、視野の検査を行うことが大切です。

視力と眼圧の検査は、健康診断、人間ドッグなどで受けることができます。しかし、視力と眼圧の検査だけでは緑内障を発見することができない為、眼底、隅角、視野などの検査を、定期的に眼科で受ける必要があります。

緑内障を発症しやすくなるのは40歳以降なので、40歳以降は、5年ごとに緑内障の検査を受けることが推奨されます。

病院2

緑内障の治療法

緑内障で行われる治療は目薬が中心で、目薬で改善されない場合や、隅角が詰まったり閉じたりしている場合は、レーザー治療、手術などが検討されます。

目薬は、視野を回復させるのではなく、進行を遅らせることが目的で使用されます。目薬には視野を回復させる効果はありません。

目薬の副作用

目薬には、副作用が出る恐れがあります。目薬の種類によっても異なりますが、

・色素沈着して目の周りが黒ずむ
・脂肪減少により目がへこむ
・息苦しいと感汁
・喘息を誘発する
・目のかゆみ、充血

などがあります。

目薬1

目薬をさす時の注意点

目薬による副作用を防ぐ為にも、目薬をさす時は、以下の点に気をつけます。

・垂らすのは1滴のみ
実際に目の中には1/5滴ぐらいの量が入れば良いと言われているので、垂らすのは1滴で十分です。大量に使うと体に吸収されて副作用が強く現れることもあります。

・まばたきしない
目薬をさした後にまばたきすると、目薬が鼻、のどへ流れていき、全身的な副作用を起こすこともあります。

・目頭を軽く押さえる
目薬が鼻へ流れるのを防ぐ為、目を閉じ、目頭を軽く1分程度押さえます。

・容器の口がまつげに触れない
容器の先、口がまつげに触れると、雑菌が目薬にうつってしまいます。

・1日1回の目薬なら、入浴前に
1日1回さす目薬なら、入浴前、もしくは洗顔前にさすのがオススメです。顔についた目薬が落とせるので、色素沈着を防ぐ効果があります。寝る前にさすのは、目の周りについた分が朝まで残ってしまうので、寝る前にさすのはオススメできません。

チェック項目

緑内障と白内障の違い

緑内障と白内障を混同している方も多いと思います。緑内障は、上でも述べたように視野が徐々に欠けていく病気です。

白内障は、目の中にある水晶体が濁る病気で、視界がぼやける、まぶしい、左右で明るさが異なる、などの症状が現れます。

詳しい症状や治療法はコチラ > 白内障とは?

眼球2

緑内障になると、欠けた視野を戻すことはできず、また、失明につながることもある為、40歳を超えたら、定期的に緑内障の検査を受けることが大切です。

また、緑内障で行う目薬の治療は効果を実感しにくく、自己判断で目薬をさすのをやめてしまう方が多いそうです。自己判断で勝手にやめるようなことはせず、必ず医師の指示通りに正しく治療を続けていくことが大切です。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加