視界がゆがんで見える、視界が黒っぽいのは加齢黄斑変性かも?

加齢黄斑変性は、物がゆがんで見えたり、見たいところが見えにくくなる目の病気です。

眼球2

加齢黄斑変性の主な原因は加齢です。年をとると誰でも発症する可能性のある加齢黄斑変性について、症状や治療法などを詳しくまとめました。

Sponsored Link

加齢黄斑変性とは?原因は?

加齢黄斑変性は、加齢に伴って、網膜の中央にある黄斑が変性し、視力の低下を引き起こす目の病気です。

最も大きな原因が加齢なので、年をとると、誰でも発症する可能性があります。黄斑とは、網膜の中央にある直径6mmほどの部分で、この部分に障害が起きて発症します。

黄斑は視細胞がたくさん集まった部分で、物を見るのにとても大切な働きをしていて、特に黄斑の中心部の中心窩と呼ばれる小さなくぼみは、鮮度のよい視細胞が集中していて、視力と深い関わりを持っています。

視力検査で測る視力は、この中心窩の視機能の状態を表したもので、加齢王斑変性が進行すると、レンズで矯正しても視力が0.1以下の状態の社会的失明を引き起こす恐れがあります。

黄斑以外の網膜の機能は保たれる為、光をすべて失うことはありませんが、進行すると視野の中心が見えにくくなり、生活がとても不便になります。

加齢黄斑変性は、以前は欧米人に多い病気でしたが、ここ最近は日本人でも患者吸うが増加しています。高齢化が大きな理由ですが、それ以外にも食生活の欧米化、高血圧、喫煙なども影響している、と考えられています。

患者は50歳ぐらいから増え、特に多いのが60~70歳代です。さらに女性に比べて男性が約3倍ほど多いのが特徴です。

眼球1

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性は、以下の症状が現れます。

・視野の中心がゆがむ
最初に現れる症状で、視界の中心部分がゆがみます。黄斑に起きた網膜の剥離によって視細胞が浮き上がることで現れます。剥離のある場所によって縦にゆがむ、横にゆがむ、また、縦にも横にもゆがむなど、ゆがみ方は様々です。

・視野の中心が暗くなる
黄斑の障害が進んで視細胞の機能が低下すると、視野の中心部分が暗くなる、黒くなる、ぼやけて見えにくくなる、などの症状が現れます。

・視力が低下する
さらに進行すると視力が低下し、視野の中心が全く見えなくなり、色の判別ができなくなることもあります。特に中心窩の視細胞に障害が及ぶと視力が急激に低下して、日常生活に影響を及ぼすようにもなります。

スポンサーリンク

加齢黄斑変性の種類

加齢黄斑変性は「滲出型」「萎縮型」の2つのタイプがあります。

●滲出型
網膜の外側にある脈絡膜から新生血管と呼ばれる異常な血管が発生することで起こります。

新生血管はもろく弱いので、血液成分が漏れ出したり、破れて出血したりすると、黄斑の網膜が剥離します。剥離すると、視細胞が浮き上がり、物がゆがんだり、見えにくくなったりします。

●萎縮型
加齢によって視細胞の下にある網膜色素上皮が萎縮することで、黄斑の視細胞に十分な栄養が届かなくなり、視細胞が徐々に死滅して視野が欠けていきます。

視野の中央部が見えにくくなりますが、滲出型に比べて、症状の進み方は穏やかです。

加齢黄斑変性、早期発見する方法

加齢黄斑変性を早期発見する為に有効なのが、セルフチェック用アムスラーチャートです。方眼紙を正方形に切り、その中心黒い点を書きます。30cmほど離れ、片目で中心の黒い点を見つめます。

アムスラーチャート

以下のような見え方に異常があった場合は、すぐに眼科を受診して下さい。

・縦、横の線がゆがんで見える
・中心部が薄暗くなっている
・見る目を変えた時、小さく、もしくは大きく見える

できれば毎日、同じ時間にチェックするのが望ましいです。早期発見に有効なチェック方法なので、毎日行うことが推奨されます。

加齢黄斑変性の治療法

加齢黄斑変性の治療は、薬物療法、抗VEGF療法、光線力学療法、レーザー治療などから、新生血管のある場所によって選択されます。

・薬物療法
薬によって、視機能の維持、改善を行います。

・抗VEGF療法
新生血管の発生や成長を促すVEGFの働きを抑えるVEGF阻害剤を眼球内に注射します。視力が維持されるだけでなく、改善する効果も期待できます。

・光線力学療法
新生血管に集まる性質のある薬を静脈に注射した後に、弱いレーザーを黄斑に当て、薬による化学反応で新生血管を閉塞させる治療法です。

・レーザー治療
強いレーザーを照射して、新生血管を焼きつぶします。周囲の正常な網膜も破壊されるので、その部分の視野は永久に欠けてしまいますが、中心窩を守る為に行われる治療法です。

老眼

加齢黄斑変性を早期発見する為にも、紹介したアムスラーチャートをぜひ活用して下さい。急に症状が進むこともあるので、セルフチェックは毎日行うようにして下さい。

また、見え方に異常がない場合でも、50歳を超えたら1年に1回は眼科を受診して検査を受けることが推奨されます。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加