膀胱、子宮、直腸が出てくる骨盤臓器脱を治す方法、治療法は?

女性は、出産や腹圧などが原因となり、骨盤内の膀胱や子宮、直腸などが体の外に出てくる骨盤臓器脱が起こることがあります。

トイレに座る1

骨盤臓器脱について、詳しく治療法などをまとめました。

Sponsored Link

骨盤臓器脱とは?

骨盤臓器脱とは、骨盤内にある膀胱、子宮、直腸などの臓器が膣から体外に出てくる病気です。

骨盤臓器脱が起こるのは中高年の女性に多く、出産経験があると、誰にでも起こる可能性があります。

痛みはなく、命に関わるような大きな病気ではありませんが、違和感、不快感があり、排尿や排便に影響が出ることもあります。

骨盤

骨盤臓器脱の原因

骨盤内にある膀胱や子宮、直腸などの臓器あ、骨盤底と呼ばれる筋膜や靭帯などによって支えられていて、これが緩むことで膣から体外に臓器が出てしまいます。

一番の大きな原因は出産です。胎児が膣を通る際、骨盤底の筋膜や靭帯を損傷することがあります。損傷した筋膜や靭帯は、加齢にともなって緩みが大きくなり、臓器を支えきれなくなります。

その為、出産経験がない方や、帝王切開で出産した方は、骨盤臓器脱を起こすことはほとんどありません。

出産以外に原因となるのが腹圧です。肥満や便秘による排便時のいきみ、ぜんそくなどによる慢性的な咳、重いものを持つ動作などは腹圧がかかりやすく、筋膜や靭帯への負担が大きくなる為、臓器が下がりやすくなります。

スポンサーリンク

骨盤臓器脱の症状

最初に骨盤臓器脱に気付くのは、入浴中が多いと言われています。入浴中などに、股の間にピンポン球のようなものが触れるようになります。

進行すると、夕方から夜にかけて、歩いている時に股のあたりに何かが下がっている違和感を感じるようになります。

日中の様々な動作によって腹圧がかかり、臓器を押し下げる為、夕方以降に症状が出やすくなります。寝ている間は腹圧がかからない為、朝になると症状が軽減します。

膀胱瘤になると、トイレが近くなったり、反対に尿が出にくくなるなどの症状出ることもあります。これらの症状が出た時、そのまま放置していると排尿障害を起こして腎臓に負担がかかります。

直腸瘤になると便が出にくくなることもあります。子宮脱が進行すると、膀胱瘤や直腸瘤が合併しやすく、これらの症状が併発して生活の質を下げます。

トイレ

骨盤臓器脱の治療法

骨盤臓器脱は、生活の見直し、骨盤底筋体操、装具療法、手術などが行われます。

●生活の見直し
腹圧によって症状を進行させない為に、減量したり、便秘や咳を改善させます。その他に、重いものを持たないようにすることも大切です。

●骨盤底筋体操
肛門と膣をゆっくり締める、ゆっくり緩める、この動作を繰り返し行う骨盤底筋体操が有効です。

骨盤底筋体操は座っている時でも行える為、家にいる時以外でも、職場や電車の中など、気がついた時に意識して行うことが大切です。

骨盤臓器脱の症状が初期なら、2~3ヵ月で効果を実感できるようになります。

●装具療法
ペッサリーという装具を挿入し、子宮の出口にはめ込み、固定して子宮の脱出を防ぐ方法です。ただペッサリーを長期間体内に入れておくと、膣壁に炎症が起こり、おりものが増えて出血することがある為、2~3ヵ月に1回受診して交換が必要です。

ペッサリーは医療機関で挿入してもらうものですが、ここ最近は自分で着脱する方法も広まっており、自己管理なら、装着するのを起きている時だけにして、装着時間を短くすることができ、おりものなどのトラブルが減少します。

また、定期的な受診も少なく済みます。

●手術
生活の見直し、骨盤底筋体操、装具療法、これらを行っても症状が改善しない場合に手術が検討されます。

手術法は

・子宮摘出+膣壁形成術
・経膣メッシュ手術
・腹腔鏡下仙骨膣固定術

の3つの方法があり、それぞれメリット、デメリットがあるので、医師と相談し、自分に合う手術法を選択する必要があります。

病院2

骨盤臓器脱が疑われる症状が現れた場合は、産婦人科や泌尿器科などを受診して下さい。最近は骨盤臓器脱を専門とする医療機関も増えています。

受診するのが恥ずかしい、と放置してしまう方も少なくないようですが、病気が進行すると外出がおっくうになり、家にひきこもりがちになってしまい、生活の質を下げることになります。

早めに受診すれば、症状の改善も早いので、早めの受診が推奨されます。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。