朝、夜中に手、指がしびれる、痛くなる病気は手根管症候群?

指、手にしびれや痛みが現れる病気で疑われるのが、手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんという病気です。

手

手婚管症候群の詳しい症状や治療法などについてまとめました。

Sponsored Link

指がしびれる、痛みが出る、手根管症候群とは?

指にしびれや痛みが出る病気で最も疑われるのが、手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんです。

手根管は、手のひら側の付け根にあり、手首の骨と靭帯に囲まれたトンネルのようになっていて、その中を9本の腱と正中神経が通っています。

正中神経は、手のひら側の親指から薬指の親指側の指先と、親指の筋肉まで伸びていて、これらの指と親指の動きなどをつかさどっています。

手根管の中を通る腱を覆う膜や、それぞれの腱を連結している滑膜が炎症を起こし、腫れて厚くなり、正中神経が圧迫されて、指やしびれに痛みが起こるのが、手根管症候群です。

手根管症候群

手根管症候群の原因

手根管症候群は、更年期以降の女性は、妊娠、出産期の女性に多く見られる病気です。

詳しい原因はわかっていませんが、女性ホルモンのバランスの乱れが関係している、と考えられています。

その他に、手首を骨折したことがある人、家事や仕事、スポーツなどで手首をよく使う人も起こりやすくなります。

その他に、長い間、透析療法を受けている人も、アミロイドというたんぱく質が手根管内にたまりやすく、正中神経を圧迫して発症することがあります。

スポンサーリンク

手根管症候群の症状

手、指にしびれが起こる病気は、腱鞘炎など、手根管症候群以外にもある為、まずは見極めることが重要です。

手根管症候群の症状の大きな特徴は、

・小指以外の指にしびれ、痛みが現れる
・夜間や早朝に、しびれ、痛みが強くなる
・手をふると、しびれ、痛みが和らぐ
・親指の付け根が痩せてくる

の4点です。

小指は正中神経がつかさどる領域ではない為、小指にはしびれ、痛みが起こりません。小指以外の指に、しびれ、痛みが起こりますが、すべての指に現れる訳ではなく、はじめは中指だけ、人差し指だけなど、一部の指に症状が現れ、その後、小指以外のすべての指に症状が広がります。

はっきりした原因はわかっていませんが、夜中や早朝は、手根管内のむくみがひどくなり、正中神経を圧迫する為、特に夜中や早朝に症状が強くなる、と考えられています。

進行すると、筋肉まで達している神経が障害されて、親指の付け根の筋肉が萎縮します。そうなると、親指とほかの指を向かい合わせる動作が難しくなり、細かいものがつかみにくくなります。

これらの症状に当てはまれば、手根管症候群が疑われます。手根管症候群以外で、手、指にしびれ、痛みが現れる病気は、脳卒中、糖尿病、首の病気などがあります。

マウスを持つ手

手根管症候群は何科を受診

手根管症候群が疑われる場合は、整形外科、手外科を受診して下さい。

問診、ファーレンテスト(※)などを行い、さらに手指のエックス線検査、神経伝導検査などが行われます。

※ファーレンテストとは?
体の正面で手首を下に曲げて指先を下に向け、両手の甲を合わせて、1分間その状態を保つテストで、1分以内にしびれが現れたり、もともとあったしびれが強くなった場合に、手根管症候群が疑われます。

病院2

手根管症候群の治療法

手根管症候群の治療は、まずは安静が第一です。

場合によっては装具を装着して、手首の安静を保つようにすることもあります。装具は長時間着けた方が効果があり、仕事など、何らかの理由で昼に装着することができない場合は、夜間、寝ている間だけでも装着するようにします。症状が軽ければ、装具を着けて安静にしていれば、2~3ヵ月で症状が軽くなることもあります。

安静にする他に、薬物療法、手術療法があります。

・薬物療法
しびれや痛みを抑える消炎鎮痛薬、末梢神経を保護し、再生させる働きがあるとされるビタミンB12が使用されます。

通常の消炎鎮痛薬では効果がない場合は、神経障害からくる痛みを抑える神経障害性疼痛治療薬が使われることもあります。

さらにしびれ、痛みが強い場合は、ステロイド薬と局所麻酔薬を手根管の中に注射し、正中神経周囲の炎症を抑えます。

・手術療法
装具を装着して安静にしたり、薬物療法を行っても効果が得られない、症状が改善しない場合や、症状がひどい場合には、手術が検討されます。手術は、局所麻酔をして、手根管の屋根にあたる手のひら側の皮膚を切開し、靭帯を切り離して、正中神経の圧迫を取り除きます。

手術時間は30分程度で、入院の必要はなく、日帰り手術が可能です。

手術1

手術後は、しばらくの間は握力が落ちますが、半年程度で正常に戻ります。手術後1ヵ月程度は、手を使いすぎないよう注意が必要です。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加