育児休業給付金がもらえる条件、いつまでもらえる?などのまとめ

育児期間中は仕事を休む、もしくは妊娠出産を機に仕事をやめる、という方も多いですよね。当然、その間は無給となりますが、その時に50~67%の給料がもらえるのが育児休業給付金という制度です。

妊婦1

育児休業給付金がもらえる条件や申請方法などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

育児休業給付金とは?

育児期間中に仕事を休んでいれば、当然給料をもらうことはできませんが、仕事を継続する場合は、育児休業中に、給料の50~67%がもらえ、育休期間中の家計を支える為の制度が育児休業給付金です。

●もらえる条件
雇用保険に加入していて、育児休業をとって、仕事に復帰する人で、母親だけでなく、父親も対象となります。

正社員の他に、契約社員、パーと、アルバイトでも、雇用保険に加入していれば対象となります。派遣社員でも、一定の条件を満たしているともらえる場合もあるので、派遣元に確認してみて下さい。

さらに細かい条件は以下の通りです。

・雇用保険、もしくは共済組合に入っていて育児休業を取り、その後も働き続ける人(仕事に復帰する人)
・育児休業開始日の前2年間に、原則1ヵ月に11日以上働いた月が通算12ヵ月以上ある
・育児休業を取り、育児休業開始から1ヵ月ごとの区切りに休業日は20日以上ある
・育児休業中に、休業開始日前の給料に比べ、8割以上の給料が出ない

●申請時期
産後、育休に入る前

●受け取り時期
必要書類提出から2~5ヵ月後に初回が振り込まれ、その後は2ヵ月ごと。

※初回の受け取り開始までは、育休に入ってから遅いと5ヵ月後になることもあり、すぐにもらえる訳ではないので、注意が必要です。よく、毎月振り込まれると感違いしている方も多いようですが、2ヵ月ごとに振り込まれる点も注意して下さい。

●もらえる金額
育児休業給付金の給付率は2段階あり、以下の通りです。

・育休の最初の180日間
月給 × 0.67 × 育休として休んだ期間

・育休の181日目以降
月給 × 0.5 × 育休として休んだ期間

育休開始後の180日間の上限は28万5621円、下限は6万9000円で、181日目以降の上限は21万3150円、下限は6万9000円です。

スポンサーリンク

●もらえる期間
育児休業給付金がもらえるのは、通常は1年間です。特別な理由がある場合は、最長で1年6ヵ月までもらえます。

●必要書類
手続きに必要な書類は、届け先によって異なる場合もありますが、一般的に必要な書類は以下の通りです。

・雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
・育児休業給付受給資格確認票、初回育児休業基本給付給付金申請書
・出勤簿(コピー可)
・マイナンバー
・賃金台帳(コピー可)
・母子健康手帳(産後、出生の記録が記されているページ)

手続き

育児休業給付金の手続き方法

育児休業給付金の、一般的な手続きの流れは以下の通りです。

1.妊娠中、勤め先に給付金がもらえるかを確認し、育休期間を伝える
2.育児休業給付金の申請に必要な書類をもらう
3.出産後、必要書類に記入する
4.記入した書類を勤め先に提出する
5.書類提出から2~5ヵ月後に、初回の育児休業給付金が振り込みされ、その後は2ヵ月ごとに手続きし、振り込みされる

妊婦2

妊娠を機に退職してしまうと、育児休業給付金をもらうことができません。育児休暇をとれば、1年間は50~67%の給料をもらうことができるので、大きな家計の助けとなります。よく考えて、退職するのか、育児休暇を取るのかを考えることが推奨されます。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加