ノロウイルス、下痢止めは飲んでOK?自宅での正しい対処法は?

ノロウイルスは冬になると大流行し、乳幼児や高齢者などの抵抗力が弱い人に感染すると、症状が長引き、命に関わることもあります。

ウイルス1
ノロウイルスの感染経路や症状、受診の目安、家での過ごし方などについて詳しくまとめました。

Sponsored Link

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの感染経路は、主に食べ物を介した感染と、人から人への感染への2つです。

・食べ物を介した感染とは?
ノロウイルスに汚染された食品を、生で食べたり、中までしっかり加熱していないものを食べたりすることで感染します。

ノロウイルスを溜めやすいと言われるのが牡蠣などの二枚貝で、特に冬は生で食べる機会が多い為に、ノロウイルスの流行期が11~3月なのでは、と考えられています。

その他に、ノロウイルスを含んだ吐瀉物、便で汚染された手による収穫、加工、調理などした際に、食品がノロウイルスに汚染されることもあります。

・人から人への感染
すでにノロウイルスに感染した人からの感染には、感染者が吐いたものや、便に触れた手を介して、ノロウイルスが口から体内に入ったり、嘔吐したしぶきを吸い込んだり、感染者が使ったトイレ、洗面所、ドアノブ、食器などから感染することがあります。

ノロウイルスは感染力が強く、わずかな量でも感染します。その為、感染者の吐いたものや便、感染者が使ったものを触った後は石鹸でしっかり手を洗うことが大切です。

ウイルス2

ノロウイルスの潜伏期間と症状

ノロウイルスに感染すると、象徴で増殖を始め、1~2日の潜伏期間を経て、

・強い吐き気
・嘔吐
・下痢

などの症状が表れます。

吐き気

1~2日程度で嘔吐、下痢は治まり、自然と回復することが多いですが、乳幼児、高齢者など抵抗力が弱い人に感染すると、症状が長引くこともあります。

ノロウイルスに下痢止め、吐き気止めは使ってOK?

ノロウイルスに感染しても、多くは1~2日で下痢、嘔吐の症状が治まり、自然と回復していく為、特に医療機関での治療を受けず、自宅で安静に過ごしていれば症状が回復します。

自宅で過ごす時、市販の下痢止め、吐き気止めの薬を服用するのはNGです。

下痢や嘔吐の症状が現れるのは、増殖したノロウイルスを体外に排出しようとしている為です。ですから、下痢止め、吐き気止めなどの薬を飲んではいけません。

ウイルスの排出されにくくなり、治りが遅くなります。

スポンサーリンク


自宅で安静に過ごす際には、吐き気が治まり、水分が摂れるようになったら、スポーツドリンク、経口補水液などで、水分、電解質を補うようにします。一度にたくさん飲むのではなく、少ない量をこまめに摂るようにします。

水1

ノロウイルス、受診の目安は?

嘔吐や下痢が続くと、体内の水分が失われ、脱水を起こしやすくなります。

・尿の色が濃い
・尿が半日以上出ない
・唇がカラカラに乾いている

このような場合は、すでに脱水を起こしている疑いもある為、医療機関を受診するようにして下さい。

医療機関では、点滴で水分などの補給を受けたり、吐き気止めの坐薬が使われます。

病院2

ノロウイルスの予防法

ノロウイルスの感染予防は、手洗いを徹底することです。ノロウイルスは、せっけんやアルコール消毒剤で殺菌することはできません。その為、せっけんと流水でこまめに手洗いして、ノロウイルスを洗い流すようにします。

また、食品を調理する時にも注意が必要で、かきなどの二枚貝を調理する時は、他の食材を先に調理し、最後に調理する、他の食材と料理器具を分ける、調理器具を熱湯で消毒し、しっかり手洗いする、など徹底して下さい。

%e6%89%8b%e6%b4%97%e3%81%84

感染者からの感染を防ぐ方法

家庭や周りにすでに感染者がいる場合、吐瀉物などから感染する危険があります。以下の点に注意して、感染予防を行って下さい。

・使い切りのマスク、手袋を着用する
吐瀉物に直接手を触れないように、使い切りのマスク、手袋などを着用して、処理するようにします。

・高濃度希釈液で床、カーペットを拭く
ノロウイルスの感染力を失わせる次亜塩素酸ナトリウムが含まれている市販の塩素系漂白剤を、塩素濃度が5%程度のものは水で50倍、1%程度のものは10倍にして、高濃度希釈液を作ります。

カーペットや床などが吐瀉物で汚れた際には、高濃度希釈液で拭くようにします。

・低濃度希釈液で衣類、タオルなどを洗う
市販の塩素系漂白剤を、濃度5%程度のものは水で250倍、1%程度のものは50倍に薄めて低濃度希釈液を作ります。

衣類やタオルは、まずは洗剤で洗った後、低濃度希釈液に数十分つけて消毒し、その後、通常通りに洗濯します。この時、他のものを一緒に洗濯するのはNGです。

トイレや蛇口、食器など、感染者が触ったものも、低濃度希釈液を染み込ませたペーパーで拭き取り、その後、水ぶきするようにします。

使用したマスクや手袋、掃除に使ったペーパータオルなどは、ポリ袋に入れ、さらに中身がひたるぐらいの高濃度希釈液を注いで、口としっかり閉じて、燃えるゴミに出します。

 %e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af2

ノロウイルスの感染力は非常に強く、周りに感染者がいると、あっという間に感染します。大人なら安静にしていれば自然と治ることが多いですが、抵抗力の弱い乳幼児、高齢者は命に関わることもあります。

普段から、手洗い、うがいを徹底し、人ごみに行く時はマスクを着用するなど、常日頃から予防に努めることが大切です。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。